アレルギーはなぜ起こる? 薬で症状を抑えるだけでは解決しない

この記事は2分で読めます

アレルギーって病気なの?

現代病ともいわれ、近年急速に罹患率が急上昇している
【アレルギー】

アレルギーはありますか?
最近では美容院でも聞かれるようになってきていますし、
飲食店もアレルギー源となるようなものは明記されるようになってきています。

「私○○アレルギーなんです。」
まるで個性を説明するかのようにいう人も多く、
風邪と同じような感じで
花粉症などはもう完全に市民権を得てしまっている印象を受けます。

現代人にとってアレルギーは身近な病気、
というより病気のいう認識がないくらい
日常の中に溶け込んでしまっているように感じます。

アレルギーは立派な病気です。
そしてとてもやっかいな病気です。

アレルギーとはなんなのか?
をもう一度正しく理解し、
今の治療方法や対処療法を続けることが正しいのか、
見直すきかっけにしていただけると嬉しいです。

アレルギーは自分で自分を壊す病気

花粉症、
食物アレルギー、
ペットアレルギー、
アトピー性皮膚炎、
気管支喘息、
小児喘息、
蕁麻疹、
薬物アレルギー、

これらが現代人のアレルギーの代表例でしょうか?

アレルギー疾患というのは、医学的に言うと、
「外部からの抗源に対し、免疫反応が起こる疾患」です。

ですが、花粉の季節に誰もが花粉症になるわけではないように
その抗原は、通常の生活では、無害である場合が多いのが特徴です。

人間には、自分の体を守る為に、免疫機能を持っていますので、
ウィルスが身体に侵入してきたときには、高熱を出したり、
咳や鼻水を出すなどして、ウィルスを排除しようとします。

それと同じ免疫反応が、
本来は排除する必要がないものに対してまで起こっている状態
それが、アレルギー反応です。

つまり、本来は敵でない物質を敵であると身体が誤認し、
過剰な反応を起こし、
その物質を排除しようとしている状態がアレルギー症状として出てくるのです。

無駄な作業を行って、自分の身体を疲弊させているので、とても損ですよね。

アレルギーの原因となる物質はさまざまですが、
仕組みとしては、脳や神経が、
敵ではない物質を敵であると誤認することで起こっている事は共通しています。

また、膠原病や関節リウマチに代表される「自己免疫疾患」は、
アレルギーと機序は同じのですが、
アレルギーは外の物質をアレルゲン(抗体)として認識するのに対し、
自己免疫疾患は、自分の身体を構成する物質を抗原として、
免疫反応が起こっている状態です。

特定の臓器や身体の部位の障害、炎症が症状として現れます。
つまり、自分で自分の身体を食べているようなものなのです。
とても怖い病気です。

アレルギーも自己免疫疾患も通常病院で行われる治療は、
症状を一時的に抑える薬物療法です。

これらが根本的な解決にならないことは明らかですが、
目の前のつらい症状をとにかくなんとかしたい、
という患者さまの希望を叶えるための治療しかできないのが現状です。

対処療法ですので、治療期間は一生続きますし、
薬もより強いものを処方していかなければ、
症状を抑えられなくなっていきますので、
アレルギーに対して薬物療法を継続することは、
さらに自分の身体を蝕んでいくこと以外の何物でもありません。

アレルギーの改善方法

アレルギーがなぜ起こるのかといえば、身体の機能が正常に働いていないからです。

そのため、根本的な改善方法は、
脳と神経を始め身体の諸機能が正常に働くように体質を改善していく方法しかありません。

食事を変え、生活習慣を変えることでしか本当の意味での解決方法は存在しないのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 02.05

    失行って何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク

Amazonなら即日配送