美くびれ腹筋には運動よりもロングブレス?呼吸を変えて目指すシックパック

この記事は3分で読めます

美しい腹筋を作るために腹筋運動を毎日するより効果のある方法

A4腹筋、シックスパック、美しい腹筋は、男性はもちろん女性にとっても
美の象徴として注目されるようになってきていますね。

美しい腹筋を維持することは、
姿勢を維持するためにも非常に重要で、
美しい姿勢を維持することで内臓機能が円滑に働くようになり、
全身の循環もよく、身体にかかるストレス軽減につながるため、
疲れにくい健康な身体になりますので、
医学的な観点からも腹筋にフォーカスをおいて筋力を鍛えることはとても良いことだと言えます。

ですが、正しい腹筋運動というのは、とてもキツイトレーニングですし、
“腹筋”とひとことで言っても、実は複数の筋肉があり、
どの部分をどのように鍛えるかによって、
最終的な効果や結果は当然違うものになりますし、
望む結果を得るためにかかる時間もトレーニングの負荷(キツさ)も全く違います。

健康維持のために腹筋を整えたいと考えている場合は、
特に辛い筋力トレーニングをしなくても、
毎日24時間私たちが意識せずとも行っているある行動に意識を向けて、
その方法を変えるだけでも美しい腹筋は作れますので、
今回はその方法についてお話ししてみたいと思います。

 

腹筋の種類とその役割

まず、そもそも腹筋とは、何か?というところからお話ししていきます。
腹筋は4種類あり、浅層部から深層部にむけて以下のような構造役割を持っています。

1)腹直筋

いわゆる”腹筋”、外からみたときに”シックスパック”と言われる”魅せ筋”です。
代表的ないわゆる腹筋運動はこの筋肉をターゲットに行っているものです。

腹直筋の主な役割は、以下のような運動を行うことはもちろん、
大切な内臓を守る壁の役割、
姿勢の維持においては、身体が後ろへ倒れないように前に引っ張る、
という重要な役割を担っています。

2)外腹斜筋 と 3)内腹斜筋

外腹斜筋は、腹直筋同様最も浅層部にあり、くびれを作っている筋肉です。内腹斜筋は外腹斜筋の内側に張り付くように存在しています。

内腹斜筋と外腹斜筋は相互に協力して、
体をねじったり、横に曲げたりする運動時に働くのはもちろん、
腹直筋同様内臓を守る壁となったり、
腹圧のコントールや呼吸にも影響を及ぼします。

肋骨や骨盤と直接つながり、胸郭や骨盤の運動に関与し、
肺や各臓器のスペースや運動に直接的に影響するからです。

この筋肉を鍛えると、美しいくびれができるのはもちろんのこと、
胃腸の調子が良くなり、便秘も起こりにくにくなります。

 

4)腹横筋

腹横筋は、最も深層部にある腹筋です。
いわゆるインナーマッスルですで、外からはほとんど触知できませんが、
内臓の位置や腹圧、呼吸機能に大きく関与し、姿勢やくびれにも大きく関係します。

腹横筋強化が一番効率が良い

腹筋強化というと、
一番大きく目で見てわかりやすい腹直筋のトレーニングにまず意識が行きがちですが、
効率よく結果を出すためには、最も意識して強化すべき筋肉は腹横筋です。

腹筋の土台となるだけでなく、
内臓機能や呼吸機能に直接的に影響を及ぼすからです。

腹横筋を強化することで、以下のようなメリットがあります。

姿勢が安定します。
内臓が本来あるべき位置で安心して働くことができるようになるので、
胃腸の不良、便秘などが起こりにくくなります。
腹圧の調整により、呼吸が行いやすくなり、
リラックス効果が得やすくなります。
呼吸運動により、内臓マッサージ効果も得られるようになります。

 

 

腹横筋の鍛え方

呼吸を意識して行うことでこの筋肉は鍛えられます。

この筋肉は他の腹筋と比べて、
位置や動きを意識するのが非常に難しい筋肉ですので、
腹筋を鍛えようとすると知らず知らずにうちに他の筋肉の筋トレになってしまっているケースがほとんどです。
筋肉を動かすというよりは、呼吸を意識する方法の方が結果に確実につながります。

毎分12回〜20回のペースで、生きている限りはずっと続ける呼吸。
この呼吸への意識を変えることは、
毎日の運動を習慣付けるよりも、
簡単で、いつでもどこでも一生続けられるものですので、
結果健康維持効果も美容効果も高くなるのは、理解に難くないと思います。

詳しい方法や解説はメンバーサイトで公開していますが、
要点以下の通りは、少し前に流行った”ロングブレスダイエット”に非常に似ています。

できるだけ長い時間をかけて吸い込み、できるだけ長い時間をかけて吐く。
もし可能であれば吸って、吐くまでの間に呼吸を止める時間を数秒入れます。

 

これだけです。

ヨガやロングブレスダイエットを経験したことがある人はわかると思いますが、
呼吸を深く入れるためには姿勢がとても重要になってきますし、
腹筋や骨盤周辺の筋肉、肋骨の動きがとても重要になってくることを理解していると思いますので、
その呼吸方法を日常の合間に取り入れるようにするだけで、
特に腹筋トレーニングと呼ばれるものをしなくても
くびれはできるし、腹筋も割れてきます。

さらに嬉しいことに、
呼吸は、脳へ酸素を送り、思考をクリアに活性化させるためにも役立ちますし、
必然的に自分の内部へ目が向くようになりますので、
最近注目されているマインドフルネス(瞑想)の効果も期待できます。

意識しなければ、私たちの呼吸はどんどん浅くなっていきますし、
呼吸が浅くなることでインナーマッスルは簡単に衰えていきます。

腹筋を美しく鍛えたいとお考えの方はもちろん、
健康に美しくやせたい、
姿勢を改善したい、
ボディメイクをしたい、
集中力を鍛えたい、
そんな人にも呼吸法の見直しはとてもお勧めです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク

Amazonなら即日配送