ダイエット効果を90%アップさせる脳科学に基づいた方法

この記事は4分で読めます

2000年以上続く間違い。我慢するダイエットはもう終わり

生まれては消えていくダイエットブーム。

ダイエットのために
食事制限をする。
運動をしようと決意する。

でも3日坊主で終わってしまう…
なんて自分は意思が弱いのだろう…

と自分を責めていませんか?

実は、これはあなたの意思のせいではありません。
人間の脳の当たり前の性質なんです。

次々と新しいダイエットが生まれているように感じますが、
新しいと思うようなことも
歴史を遡れば、2000年も前から同じことが行われています。

ダイエットは本来健康なり、
毎日を生き生き過ごすために行うもの。

我慢して、ストレスを感じて
辛くなるためのものではありません。

脳の機能を上手く活用して
人間の本来の機能を正しく理解して
一生続く正しいダイエットをしませんか?

古代ローマ時代から変わらないダイエットの原則

最近、糖質制限ダイエットがブームになりました。
人間の本質を無視した非常に危険なダイエットなので
安易には取り組まないで欲しいのですが、
実はこの糖質制限ダイエット。

19世紀半ばに一度大ブームになっていました。

また今や常識である、
医師が提唱するダイエットの本質。

・しっかり運動して
・汗を流し(入浴し)
・健康に良いものを食べる

これも2000年前のローマ時代から
提唱されていました。

なぜこれだけ長い歴史の中で
正しいダイエット方法がわかっているのに
ダイエットブームは消えることがないのでしょうか?

それはもちろん、
ダイエットしたい人が絶えない、
つまりこれまでのダイエット方法で痩せる
もしくは
痩せた状態を維持して
楽しい人生を送ることができない人が
多いからです。

なぜ、次々と表面だけ塗り替えた
「新しい」ダイエットに振り回され、
辛い思いをするひとが絶えないのか、

その答えと解決方法は
脳の仕組みと身体の構造を正しく理解することで
見えてきます。

脳は変化を危険と捉える

ダイエットのために
食事制限をする。
運動をしようと決意する。

でも3日坊主で終わってしまう…
なんて自分は意思が弱いのだろう…

と自分を責めていませんか?

実は、これは人間の脳の当たり前の性質なので、
まず自分を責める気持ちを解放して
脳を理解することから始めましょう。

人間には「恒常性維持機能」という
優れた生命維持機能装置を兼ね備えています。

身体に大きな変化があった場合に
それを「危険」と捉え、ブレーキを
かけます。

脳の中心にある感情や記憶を司る大脳辺縁系
無意識で行う習慣を司り変化の抵抗する大脳基底核
と呼ばれる脳の部位が
その役割を担っています。

そのため、大きな変化を続けようと
すること自体がまず間違いで
身体と心に大きな負担をかけることを
知りましょう。

洗剤意識に働きかければ効果は10倍!

人の活動は潜在意識下が90% 顕在意識下が10%です。

日中もほとんどのことは無意識に行っています。
例えば、毎日行う歯磨き、入浴、通勤、ルーティンワーク
これらはほとんど潜在意識によって行われています。

なので、潜在意識に働きかける方法で
ダイエットを行うことで
顕在意識に働きかける(つまり頑張る!!)ダイエットを行うより
10倍効果的ということになります。

潜在意識に働きかけるので、
大脳辺縁系が変化=危険と察知して
ブレーキをかけることもないので、
3日坊主にもなりません。

欲求は消せないと知る

そもそも人の欲求というものは消すことができません。
何かで満たす必要があります。

なので我慢が原則になるダイエットを
続けることができないのは当然です。

ダイエットのために何かを我慢すれば
その欲求は何かで満たされる必要があります。

欲求を消せないのは、
あなたの問題ではありません。

意思より重要なのはリラクセーションと習慣

物事を達成するに際して
意思の強弱は問題ではありません。

なぜなら意思は、強弱ではなく
意思は増減できる容量でみるものだからです。

アメリカの自己コントロールの研究では、
「意志力は使うと減っていく」
「そして使い果たすことができる」
と表現されています。

わかりやすい例だと、

・ダイエットが終わったとたん、
ドカ食いしてリバウンドしてしまったり、

・受験勉強が終わって志望校に合格したのに、
大学生活を遊び倒してしまったり、

・コツコツ貯金してきたお金を
一度使いだしてしまったらバーっと散財してしまったり、

意志力を使い果たした結果、
人は誘惑に対して無抵抗、
または弱くなるとされています。

なので、
むしろ意思の力で頑張るよりも
意思を使い果たさない環境作りが重要です。

意志力を奪うストレス要因を
排除する仕組み作りも重要です。

意志力を使い果たさないようにするためには、
重要なのはリラクセーションですが、
リラクセーションとは心身が本当に休まっている状態です。

テレビを観たり、
美味しいものを食べたり、
お風呂に入ったり、
カラオケに行ったり、
することではありません。

リラクセーションは
医学的には心拍や呼吸のペースがゆっくりになり、
血圧が下がり、筋肉の緊張が解けている状態です。

深く眠ったり、
森林浴や散歩などは短時間でも効果的です。

仰向けなど、くつろいで休める姿勢を取り、
目を閉じて何度か深呼吸をしてみてください。

5~10分ほど呼吸に集中して、
ただ息をすることを楽しめる状態です。

最近流行のマインドフルネスを参考にすると
わかりやすいと思います。

まずはゆったりとリラックスして
本当の自分の姿と向き合うことが
まず一番重要です。

いろんな呪縛から解放されて
自分の身体の声が
素直に聞けるようになったとき
自然と理想的な体型に近づいているはずです。

この際には、
呼吸や姿勢に対する意識もとても重要です。

リラックスできる
正しい呼吸や姿勢が身につくと
普段の潜在意識での活動にも
変化が現れますので
自然に努力なく
理想的な体型になり
一生それを維持できるようになります。

時間をかけてでも
自分で気がつけるのが
一番良いのですが、

今すぐ結果を出したい
効率的に進めるように
アドバイスが欲しい、
などの場合は、
お問い合わせください。

希望内容によっては
個別カウンセリング(有料)のご提供をさせていただきます。
(条件、審査あり)

質問受付

個別には返信できませんが、
次回以降の内容や、
FAQ作成時に反映させていただきます。

できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、率直なご質問ありがとうございます。
大変励みになっています。

愛& 感謝!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク

Amazonなら即日配送