3D筋肉

3D筋肉記事一覧

  1. 三角筋

    筋名称:三角筋「肩」を作る体型に大きな影響を与えるアウターマッスル男性の場合はこの筋肉を鍛えることでかっこいい逆三角形を作れるので見た目を変えたいボディメイクの際には注目したい筋肉。

  2. 座位 正しい姿勢の解剖学と運動学 

    あぐら、正座、長座、それぞれの座位の違い説明できますか?"座る"という動作は日常の中で頻回に、そして長時間行う動作です。

  3. ツイスト!ウェストシェイプ効果もある体幹(脊柱、脊椎)回旋 腰椎・胸椎・頚椎の可動域

    そのツイスト、正しくできていますか?ウェストシェイプ効果も全身のストレッチ効果も高いツイストですが、本来動かすべき骨を動かし、ストレッチすべき筋肉を伸ばせていますか?代償運動で満足してしまって本来の効...

  4. 上腕の筋 一覧

    上腕の筋肉を一覧にまとめました。それぞれの筋肉の起始、停止、動きの動画は、各筋肉の詳細ページをご確認ください。

  5. 前腕の筋 一覧

    前腕の筋肉を一覧にまとめました。それぞれの筋肉の起始、停止、動きの動画は、各筋肉の詳細ページをご確認ください。【機能】上腕骨または前腕の骨から起こり、多くは、手関節を越え、手の骨に停止。

  6. 大腿の筋 一覧

    大腿の筋を一覧でまとめました。それぞれの筋肉の起始、停止、動きの動画は、各筋肉の詳細ページをご確認ください。

  7. 下腿の筋 一覧

    下腿の筋を一覧にまとめました。それぞれの筋肉の起始、停止、動きの動画は、各筋肉の詳細ページをご確認ください。

  8. 腹部の筋 一覧

    腹部の筋を一覧にまとめました。それぞれの筋肉の起始、停止、動きの動画は、各筋肉の詳細ページをご確認ください。

  9. 胸部の筋 一覧

    胸部の筋を一覧にまとめました。それぞれの筋肉の起始、停止、動きの動画は、各筋肉の詳細ページをご確認ください。

  10. 背部の筋 一覧

    背部の筋を一覧にまとめました。それぞれの筋肉の起始、停止、動きの動画は、各筋肉の詳細ページをご確認ください。

  11. 頸部の筋  一覧

    頸部の筋を一覧にまとめました。概論を説明します。それぞれの筋肉の起始、停止、動きの動画は、各筋肉の詳細ページをご確認ください。

  12. 肩 上肢帯 筋肉一覧

    上肢帯の筋肉を一覧にまとめました。それぞれの筋肉の起始、停止、動きの動画は、各筋肉の詳細ページをご確認ください。

  13. 股関節 下肢帯の筋(内外寛骨筋群)一覧

    下肢帯の筋(内外寛骨筋群)を一覧にまとめました。それぞれの筋肉の起始、停止、動きの動画は、各筋肉の詳細ページをご確認ください。

  14. 手の筋 一覧

    手の筋肉を一覧にまとめました。それぞれの筋肉の起始、停止、動きの動画は、各筋肉の詳細ページをご確認ください。

  15. 舌運動に関与する筋一覧

    舌運動に関与する筋を一覧にまとめました。それぞれの筋肉の起始、停止、動きの動画は、各筋肉の詳細ページをご確認ください。

  16. 表情に関与する筋一覧

    表情に関与する筋(浅頭筋群)を一覧にまとめました。それぞれの筋肉の起始、停止、動きの動画は、各筋肉の詳細ページをご確認ください。

  17. 咀嚼運動に関与する筋一覧

    咀嚼運動に関与する筋(深頭筋群)を一覧にまとめました。それぞれの筋肉の起始、停止、動きの動画は、各筋肉の詳細ページをご確認ください。

  18. 骨盤内の筋 一覧

    骨盤内の筋の概論を説明します。それぞれの筋肉の起始、停止、動きの動画は、各筋肉の詳細ページをご確認ください。

  19. 足の筋肉一覧

    足底と足背の筋肉の詳細をまとめました。それぞれの筋肉の起始、停止、動きの動画は、各筋肉の詳細ページをご確認ください。

  20. 母趾外転筋

    筋名称:母趾外転筋母趾(足の親指)を外転(指を開く運動)を行う筋肉です。

  21. 短趾屈筋

    筋名称:短趾屈筋最も深層にあり、足の指の屈曲(曲げる運動)を行います。

  22. 小趾外転筋

    筋名称:小趾外転筋小趾(足の小指)の外転(足の指の間を開く動き)を行う筋肉です。

  23. 頬筋

    筋名称:頬筋笑筋などと共に、口角を外側に引く働きをしていますが、その中でも最も強力な筋肉です。ストローで、息を吹いたり、トランペットを吹いたりする時にも使われる筋肉です。

  24. 皺眉筋

    筋名称:皺眉筋眉間に皺を寄せる筋肉。しかめっ面をした際に緊張します。

  25. 口角下制筋

    筋名称:口角下制筋いわゆる『への字口』を作る時に使われる筋肉。奥歯を噛み締めて、下歯をむき出しにするような動作で緊張します。

  26. 下唇下制筋

    筋名称:下唇下制筋『イー』の発音をして下歯をむき出す表情をした時に、緊張するので、触診が可能です。

  27. 前頭筋

    筋名称:前頭筋眉毛を挙上し、おでこに横皺を作る筋肉です。

  28. 口角挙筋

    筋名称:口角挙筋犬歯筋とも呼ばれ、口角を上方に上げる際に働きます。

  29. 上唇挙筋

    筋名称:上唇挙筋上唇を上方に引き挙げる筋肉です。小鼻の横辺りを指で触って、嫌悪感を表す表情をするとわずかに触診可能です。

  30. 上唇鼻翼挙筋

    筋名称:上唇鼻翼挙筋上唇と鼻翼を引き挙げる働きをします。

  31. オトガイ筋

    筋名称:オトガイ筋梅干などのすっぱい食べ物を食べた時などに顎の前部にシワを作る筋肉です。

  32. 鼻筋

    筋名称:鼻筋鼻の周囲を取り囲んでいる筋肉。横部は鼻孔圧迫筋、翼部は鼻孔開大筋とも呼ばれます。

  33. 眼輪筋

    筋名称:眼輪筋ウィンクをする際に目を閉じる筋肉です。目の回りに輪状にあり、目をぎゅっと閉じることで筋肉の緊張が触診できます。

  34. 口輪筋

    筋名称:口輪筋口の周りに付着する筋肉で、ぎゅっと口を閉じると唇にシワを作ります。「キス」の動作で、この筋肉は、活躍します。

  35. 鼻根筋

    筋名称:鼻根筋歯を出して、怒った顔をすると、鼻の上部に、横に走る皺ができますが、この時に収縮している筋肉です。

  36. 笑筋

    筋名称:笑筋笑う表情を作る筋肉。口を横方向に引いて横長する働きがあります。笑窪を作ることもあります。

  37. 大頬骨筋

    筋名称:大頬骨筋小頬骨筋、笑筋と共に笑いの表情を作ります。頬骨に手を当てて、『い』の発音をするとこの筋肉が収縮を触診可能です。

  38. 小頬骨筋

    筋名称:小頬骨筋大頬骨筋と共に笑いを作る表情筋です。

  39. 咬筋

    筋名称:咬筋咀嚼筋の1つ。閉口し歯を噛み合わせる働きをします。物を奥歯で噛んだりしたときに、顎の外側で筋の収縮を触診できます。

  40. 側頭筋

    筋名称:側頭筋大きな4つの咀嚼筋のうちの1つ。内側翼突筋、咬筋と一緒に閉口に関与します。側頭部に手を当てて、奥歯をぎゅっと噛み締めると、この筋肉の緊張を触診できます。

  41. 外側翼突筋

    筋名称:外側翼突筋咀嚼筋の大きな4つ筋肉のうちの1つ。口を開ける際に働きます。顎関節の異常の原因になりやすい筋肉です。

  42. 内側翼突筋

    筋名称:内側翼突筋咀嚼筋の4つの大きな筋肉のうちの1つ。下顎を持ち上げ、口を閉じます。下顎を左右に側方移動する力は、食べたものをすり潰す働きをします。

  43. 顎二腹筋

    筋名称:顎二腹筋前腹、後腹の2腹からなり舌骨、または下顎骨の運動に関与します。

  44. 茎突舌骨筋

    筋名称:茎突舌骨筋顎ニ腹筋の後腹と一緒に働きます。唾を飲み込む時や、咽頭部を狭めるような運動で、舌骨が持ち上がる時の収縮で触診が可能です。

  45. 顎舌骨筋

    筋名称:顎舌骨筋下顎骨の下面を覆うように付着し、オトガイ舌骨筋や顎ニ腹筋の前腹と一緒に働きます。力強く意識して顎を引くと、下顎の下面が硬くなる部分でこの筋肉の触診が可能です。

  46. オトガイ舌骨筋

    筋名称:オトガイ舌骨筋顎ニ腹筋の前腹と一緒に働き、舌骨を前方に引いたり、舌骨が固定されている時は、下顎角を引き下げます。喉の下を膨らます筋肉です。

  47. 棘上筋

    筋名称:棘上筋ローテーターカフを構成する筋肉。力を入れず、腕をダラリと垂らした状態でもこの筋肉は緊張していて、肩関節を安定させています。

  48. 棘下筋

    筋名称:棘下筋ローテーターカフを構成し、肩関節の安定に関与します。上腕骨の外旋筋としては最も強力です。

  49. 小円筋

    筋名称:小円筋ローテーターカフを構成する筋肉で肩関節の安定性に関与します。肩関節の外旋運動に主に作用します。

  50. 肩甲下筋

    筋名称:肩甲下筋ローテーターカフ(回旋筋腱板)を構成する筋肉後背筋や大円筋と類似した働きをする。ローテーターカフとは、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つの筋が筒のように囲んで上腕骨を回旋させる腱板です。

  51. 大円筋

    筋名称:大円筋広背筋の補助的な役割をする筋肉。小円筋の下に位置しますが、働きは正反対で、ローテーターカフにも含まれません。

  52. 上腕二頭筋

    筋名称:上腕二頭筋肘関節の屈曲に主要筋で、力こぶを作る筋肉でもあります。肩関節、肘関節、橈尺関節をまたぎ、作用します。

  53. 烏口腕筋

    筋名称:烏口腕筋小さな筋で他の筋肉の補助的に働きます。上腕を90°外転し、持ち上げているときに腕を水平方向に動かす際に最も強く働きます。

  54. 上腕筋

    筋名称:上腕筋肘関節の屈筋。尺骨に付着しているため、橈骨に付着している上腕二頭筋とは異なり、回内時にも屈曲が弱まることがなく作用します。

  55. 上腕三頭筋

    筋名称:上腕三頭筋肘関節の主要な伸筋。3つの筋頭からなりますが、長頭のみ肩甲骨に付着し、肩関節の運動にも関与します。腕立て伏せや、何かを腕で押す際に強力に働きます。

  56. 肘筋

    筋名称:肘筋上腕三頭筋を補助し、前腕を伸展させる働きをします。関節包を緊張させ、肘関節の伸展中に関節包が関節に引き込まれないようにも働きます。

  57. 縫工筋

    筋名称: 縫工筋人の筋の中で最も長く大腿前面で最も浅層の筋肉。マラソンランナーの走っている写真などでも走行が確認できます。

  58. 外側広筋(大腿四頭筋)

    筋名称:外側広筋大腿四頭筋の一部で、膝関節の伸展が主な働きです。

  59. 大腿直筋(大腿四頭筋)

    筋名称:大腿直筋大腿四頭筋の一部で、膝関節の伸展が主な働きです。四頭筋中唯一の二関節筋で、歩行の際、足を上げる時に重要な働きをする筋肉です。

  60. 内側広筋(大腿四頭筋)

    筋名称:内側広筋大腿四頭筋の一部で、膝関節の伸展が主な働きです。

  61. 中間広筋(大腿四頭筋)

    筋名称:中間広筋(大腿四頭筋)大腿四頭筋の一部で、膝関節の伸展が主な働きです。

  62. 恥骨筋

    筋名称: 恥骨筋股関節の内転(大腿をひきつけて閉じる)運動時に働きます。

  63. 長内転筋

    筋名称:長内転筋股関節の内転(大腿をひきつけて閉じる)運動時に働きます。

  64. 短内転筋

    筋名称:短内転筋長内転筋と一緒に働きます。

  65. 大内転筋

    筋名称:大内転筋股関節内転筋群の中で最も強力な筋肉です。女性が立って、足を交叉する際にも強く働きます。日常生活ではあまり使われない筋肉ですが、乗馬や水泳の平泳ぎではよく使われます。

  66. 薄筋

    筋名称:薄筋股関節の内転運動(大腿をひきつけて閉じる運動)が主な働きです。大腿の最も内側かつ表層(皮膚の直下)にあり触診、視診もしやすい。

  67. 大腿二頭筋(ハムストリングス)

    筋名称:大腿二頭筋(ハムストリングス)外側ハムストリングスとも呼ばれ、2つの筋頭を持ちます。ハムストリングスは、走る際に、特に加速してダッシュする際に活躍する「ランニング筋」とも呼ばれています。

  68. 半腱様筋(ハムストリングス)

    筋名称:半腱様筋(ハムストリングス)ハムストリングスの一部であり、縫工筋、薄筋とともに鷲足を形成します。

  69. 半膜様筋(ハムストリングス)

    筋名称:半膜様筋(ハムストリングス)内側ハムストリングスとも呼ばれ、膝関節を膜で包み、伸ばした膝を安定させる役割もあります。

  70. 腸骨筋

    筋名称:腸骨筋股関節の屈曲、姿勢保持、歩行の際に重要な働きをする筋肉。左右均等に鍛え、柔軟性を保つようなトレーニングが重要です。

  71. 大腰筋

    筋名称:大腰筋股関節の屈曲、姿勢保持、歩行において重要な働きをする筋肉です。左右均等に鍛え、柔軟性の保持するトレーニングが有効です。大腿骨が固定されている時は、体幹を屈曲する働きをします。

  72. 小腰筋

    筋名称:小腰筋大腰筋の補助的に働き、姿勢保持、歩行において重要な働きをします。先天的に欠損している人も多い解剖学的にも特殊な筋肉です。*腸骨筋、大腰筋、小腰筋を総称して腸腰筋と呼びます。

  73. 大殿筋

    筋名称:大殿筋殿筋(お尻の筋肉)の中で最も大きく力強い筋肉です。最も表層にある筋肉でもあるため、お尻の外形を形作る筋肉でもあります。

  74. 中殿筋

    筋名称:中殿筋全体としては、股関節の外転に働きますが、前部繊維は、内旋と屈曲、後部繊維は、外旋と伸展にも作用します。歩行中、浮いている方の足の殿部が下がらないように支える重要な役割をしています。

  75. 小殿筋

    筋名称:小殿筋中殿筋と同じ働きをし、立位、歩行の際にも、重要な役割を果たします。

  76. 大腿筋膜張筋

    筋名称:大腿筋膜張筋股関節の外転が主な働きですが、他の股関節屈筋が働くとき股関節が外旋するのを防ぎ、歩行の際に、足がまっすぐ出る為に重要な働きをする筋肉です。

  77. 梨状筋

    筋名称:梨状筋仙骨を固定すると、大腿を外旋(股関節伸展時)または外転(股関節屈曲時)し、大腿を固定すると、脊柱の伸展に作用します。

  78. 内閉鎖筋

    筋名称:内閉鎖筋外旋筋としては、大腿方形筋とともに最も強力に働きます。

  79. 上双子筋

    筋名称:上双子筋下双子筋とともに内閉鎖筋の補助的に働きます。内閉鎖筋、上双子筋、下双子筋をまとめて、「寛骨三頭筋」とも呼ばれます。

  80. 下双子筋

    筋名称:下双子筋上双子筋とともに内閉鎖筋の補助的に働きます。内閉鎖筋、上双子筋、下双子筋をまとめて、「寛骨三頭筋」とも呼ばれます。

  81. 大腿方形筋

    筋名称:大腿方形筋外旋筋群の中で内閉鎖筋とともにもっとも強力な筋肉です。

  82. 外閉鎖筋

    筋名称:外閉鎖筋外旋筋のうちのひとつで、内転にも補助的に働きます。立位保持においても重要な筋肉です。

  83. 足底方形筋

    筋名称:足底方形筋趾屈補助筋とも呼ばれ、長趾伸筋の補助的な役割をする筋肉。

  84. 足の虫様筋

    筋名称:虫様筋欠損や重複など個人差がある筋肉足趾の運動に関与します。

  85. 短小趾屈筋

    筋名称:短小趾屈筋小趾を曲げる働きをする筋肉です。

  86. 背側骨間筋

    筋名称:背側骨間筋足趾を外転(足の指の間を広げる動き)に関与します。

  87. 底側骨間筋

    筋名称:底側骨間筋第3〜5趾を第2趾にひきつける働きをします。

  88. 長趾伸筋

    筋名称: 長趾伸筋足趾の伸展、足首の運動に関与します。

  89. 第三腓骨筋

    筋名称: 第三腓骨筋足の外反と背屈に補助的に働きます。

  90. 腓腹筋 (下腿三頭筋)

    筋名称: 腓腹筋いわゆる「ふくらはぎ」の筋肉で、足関節の底屈と膝関節の屈曲に関与します。大腿骨から始まる二関節筋で、膝関節伸展位では、力を発揮しますが、膝の屈曲位では、力は弱化します。

  91. ヒラメ筋(下腿三頭筋)

    筋名称: ヒラメ筋いわゆる「ふくらはぎ」の筋肉で非常に強力。腓腹筋とともに下腿三頭筋と総称されます。腓腹筋とともにアキレス腱に停止し、足関節の底屈に関与します。

  92. 膝窩筋

    筋名称: 膝窩筋膝蓋骨の裏に付着し、膝関節の屈曲に補助的に働きます。

  93. 後脛骨筋

    筋名称: 後脛骨筋足関節の底屈、内反を行う筋肉。

  94. 長趾屈筋

    筋名称: 長趾屈筋足趾を屈曲するとともに足関節の底屈にも作用します。

  95. 長母趾屈筋

    筋名称: 長母趾屈筋母趾を屈曲させる筋肉。この筋が弱化すると外反母趾の原因になります。

  96. 前脛骨筋

    筋名称: 前脛骨筋足の背屈を行う最も強力な筋肉。下腿外側の筋肉の中では触診も容易に可能。強く背屈すると、足首に腱を明瞭にみることができます。

  97. 長腓骨筋

    筋名称: 長腓骨筋短腓骨筋とともに足関節の外反を強力に行う筋肉。足底弓を保持する働きもある。ランニングやジャンプの際に足先がまっすぐ前方を向かず、足先が内側に向く時は、この筋肉が弱い可能性があります。

  98. 短腓骨筋

    筋名称: 短腓骨筋足関節の外反を主に行う筋肉。足関節の底屈の補助、足の縦アーチを保つ働きもあります。

  99. 広頚筋

    筋名称:広頚筋頚部の最浅層筋で、骨に付着せず、皮膚の直下にあります。口角を下げる時に、頚部にシワがよることで触診、視診が可能です。

カテゴリー

スポンサーリンク

Amazonなら即日配送