医療専門職向け

医療専門職向け記事一覧

  1. 先天異常【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    先天異常について説明できますか?先天異常について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  2. 脳性麻痺 【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    脳性麻痺について説明できますか?脳性麻痺について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  3. 分娩時損傷 ~分娩麻痺~【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    分娩麻痺について説明できますか?分娩麻痺【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  4. 先天性障害~二分脊椎~【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    二分脊椎について説明できますか?二分脊椎について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  5. 脳ヘルニアって何?? ヘルニアの定義

    脳ヘルニアについて説明できますか?『ヘルニア』というと、やを思い浮かべると思いますが、「ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態のことですので、体内のあらゆる場所で起こりえますし、頭蓋内でも起こ...

  6. 脳腫瘍 分類と局所症状

    脳腫瘍の分類や特徴を説明できますか?脳腫瘍は、頭蓋内という狭い空間の中に発生する腫瘍の総称で頭蓋内圧亢進症を引き起こす原因疾患にもなります。脳腫瘍の分類と特徴についてまとめます。

  7. 水頭症~脳脊髄液循環障害~ 脳脊髄液の仕組みと働き

    脳脊髄液の仕組みと働きについて説明できますか?脳は髄液という水に浸されています。この髄液は、脳室で産生されて脳表に現れ、脊髄くも膜下腔や脳表を循環最後は、くも膜顆粒ということろで吸収されるという髄液循環をしています。

  8. 髄膜炎【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    髄膜炎について説明できますか?髄膜炎について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  9. 脳炎(ウィルス性脳炎)【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    脳炎(ウィルス性脳炎)について説明できますか?脳炎(ウィルス性脳炎)について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  10. 遅発性ウィルス感染症 【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    遅発性ウィルス感染症について説明できますか?遅発性ウィルス感染症について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  11. 急性灰白髄炎 ポリオ 【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    急性灰白髄炎 ポリオについて説明できますか?急性灰白髄炎 ポリオについて、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  12. 後天性免疫不全症候群(エイズ) AIDS【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    後天性免疫不全症候群(エイズ)について説明できますか?後天性免疫不全症候群(エイズ)について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  13. ヒトTリンパ球向性ウィルス脊髄炎【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    ヒトTリンパ球向性ウィルス脊髄炎について説明できますか?ヒトTリンパ球向性ウィルス脊髄炎について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  14. 脳膿瘍(感染による化膿性病変) 【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    脳膿瘍(感染による化膿性病変)について説明できますか?脳膿瘍(感染による化膿性病変)について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  15. 神経梅毒 【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    神経梅毒について説明できますか?神経梅毒について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  16. 癌と腫瘍の違い 脳腫瘍と脊髄腫瘍 世界最大の腫瘍はなんと24キロ!

    世界最大の腫瘍の重さは?2010年8月アルゼンチンある女性から取り除かれた腫瘍18ヶ月間彼女の体内で成長し、手術時間なんと4時間もかけてとりだされたその腫瘍はなんと24キロ!!7才位の子の平均体重です...

  17. 末梢神経障害(ニューロパチー)【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    末梢神経障害(ニューロパチー)について説明できますか?末梢神経障害(ニューロパチー)【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  18. 筋疾患(ミオパチー)【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    筋疾患(ミオパチー)について説明できますか?多発性硬化症について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  19. 重症筋無力症 【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    重症筋無力症について説明できますか?重症筋無力症について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  20. 多発性硬化症 【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    多発性硬化症について説明できますか?多発性硬化症について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  21. ALS (筋萎縮性側索硬化症) Vol.4【治療 予後】

    ALS (筋萎縮性側索硬化症)の治療・予後について説明できますか?ALS (筋萎縮性側索硬化症)について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療/予後】と4つの観点に分けて解説しています。

  22. ALS (筋萎縮性側索硬化症)Vol.3【検査 診断】

    ALS (筋萎縮性側索硬化症)の検査・診断について説明できますか?ALS (筋萎縮性側索硬化症)について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療/予後】と4つの観点に分けて解説しています。

  23. ALS (筋萎縮性側索硬化症)Vol.2 【原因 病理】

    ALS (筋萎縮性側索硬化症)の原因・病理について説明できますか?ALS (筋萎縮性側索硬化症)について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療/予後】と4つの観点に分けて解説しています。

  24. ALS (筋萎縮性側索硬化症)Vol.1【症状】

    ALS (筋萎縮性側索硬化症)の症状について説明できますか?ALS (筋萎縮性側索硬化症)について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療/予後】と4つの観点に分けて解説しています。

  25. 脊髄の構造と脊髄神経路

    中枢神経系である脊髄から全身へ人間の全ての仕組みの司令塔である脳からの司令は同じく中枢神経である脊髄を通りして全身へ伝えられ、全身のあらゆる器官を通じて得た情報は脊髄神経を通じて脳へ届けられ統合、処理されます。

  26. 排尿障害 ~排尿の仕組みと神経因性膀胱~

    毎日の排尿に関わる神経の働きとは?排尿は体内の老廃物を体外に排出する仕組みで健康な生命体を維持するためには必要不可欠です。この排尿の仕組みも全ての脳から始まる神経系によって制御されています。

  27. 錐体外路障害って何? 錐体外路の働きと仕組み

    錐体外路と錐体外路障害運動障害は、損傷部位や損傷の仕方によって症状の出方が異なります。・・ということは、症状から損傷部位をある程度特定する事も損傷の状況から症状を予測することも可能です。

  28. 運動麻痺の分類2 ~中枢性障害(上位運動ニューロン障害)の部位別症状~ 

    運動麻痺について正しく評価できていますか?運動麻痺は損傷部位や損傷の仕方によって症状の出方が異なります。・・ということは、症状から損傷部位をある程度特定する事も損傷の状況から症状を予測することも可能です。

  29. 運動麻痺の分類1 ~中枢性と末梢性麻痺 上位と下位運動ニューロン~ 

    運動麻痺について正しく評価できていますか?運動麻痺は損傷部位や損傷の仕方によって症状の出方が異なります。・・ということは、症状から損傷部位をある程度特定する事も損傷の状況から症状を予測することも可能です。

  30. 座位 正しい姿勢の解剖学と運動学 

    あぐら、正座、長座、それぞれの座位の違い説明できますか?"座る"という動作は日常の中で頻回に、そして長時間行う動作です。

  31. ツイスト!ウェストシェイプ効果もある体幹(脊柱、脊椎)回旋 腰椎・胸椎・頚椎の可動域

    そのツイスト、正しくできていますか?ウェストシェイプ効果も全身のストレッチ効果も高いツイストですが、本来動かすべき骨を動かし、ストレッチすべき筋肉を伸ばせていますか?代償運動で満足してしまって本来の効...

  32. 画像診断の特徴 レントゲン 超音波 CT  MRI 

    画像診断の種類と特徴について説明できますか?病気やケガの診断や腫瘍や病変の早期発見に重要な役割を果たす画像診断。現在最も有効に活用されていますがそれぞれの画像診断方法の特徴について説明します。

  33. 部位別知覚障害の特徴 ~症状から原因を探る!~

    知覚障害の症状から原因部位が推定できますか?感覚に問題がある、その症状の現れ方は原因部位により様々です。原因別の症状の特徴について整理できていますか?知覚障害の症状と原因が整理できます。

  34. 脳脊髄液循環 ~脳を保護する仕組み~

    司令塔である脳を保護しているのは、頭蓋骨の他にもあるのですが?頭蓋骨と脳実質の間の空間を補填しているのが『脳脊髄液』、略して『髄液』と呼ばれます。

  35. シンプルに理解 病理学とは? 

    病理学をシンプルに説明できますか?病理学とは、病気の発生の過程を知る学問です。もう少し専門的に説明すると、以下のようになります。

  36. 若さを保つ秘訣は筋肉 正しい筋肉の鍛え方

    筋力維持が若さと健康を保つためのキーポイントだって気がついていますか?年齢を重ねても若々しくみえると人といわゆる"年齢相応"に見える人。この違いを作るキーポイントは"筋肉”です。

  37. 生理学って何? 生理学と解剖学の違い

    生理学と解剖学の違いを説明できますか?この章を読むとあなたは、生理学の定義、生理学と解剖学の違いが理解できるようになります。生理学とは?生理学とはあなたの身体を構成するパーツの機能を知る学問です。

  38. 知覚伝道路のしくみ ~知覚を伝える求心性経路~

    感じる仕組みを経路で説明できますか?「感じる」という機能は、皮膚や関節などの感覚器官を通じて得た情報を脳が認識して初めて完成します。

  39. 反射の種類と仕組み

    反射って何?「反射神経が良い」とか「反射的に逃げた」とか反射という言葉は、日常生活でも使われますが、医療の現場でも、膝蓋腱反射、対光反射などなど反射は、神経学的検査としてとても重要です。

  40. 脳血管障害 ~脳卒中の症状と原因部位~

    脳卒中は正式な病名ではないって知っていますか?『脳卒中』という言葉は、脳血管障害の一般的な呼び方です。脳血管に起因する病名があり、それらを全て総称した表現です。

  41. 中枢神経系(脊髄)への血流 (血管支配)と血流障害

    膨大なエネルギーを使う中枢神経への血流の仕組みとは?脳と脊髄は、中枢神経と呼ばれ、人間のあらゆる活動の司令塔になっています。

  42. 中枢神経系(脳)への血流(血管支配)と血流障害

    人体の司令塔である脳に安定して血流を送るためのシステムとは?例えば、突然停電が起こり、一切電気が使えなくなったら、あなたの文化生活は一瞬して終了しますよね。

  43. 意識を保つ仕組みと意識障害のみかた

    もし目の前の人が突然意識を失ったらどうしますか?眼の前の人が突然「意識」を失ったら・・・・とても慌ててしまいますし、「怖い」と思いますよね。

  44. 運動麻痺のみかた1 ~正常の運動神経路(錐体路)の仕組み~

    運動麻痺について説明できますか?麻痺 まひ マヒこの言葉の意味を正しく理解していますか?この章を読むと、麻痺と運動神経路の仕組みについて整理できるようになります。

  45. 失行って何?

    失行についてわかりやすく説明できますか?脳卒中、つまり脳血管障害の後遺症として、高次脳機能障害という言葉がありますが、その実態を整理して理解できていますか?わかりやすく説明できますか?この章を読むと、失行についてわかりやすく...

  46. 失認って何?

    失認についてわかりやすく説明できますか?脳卒中、つまり脳血管障害の後遺症として、高次脳機能障害という言葉がありますが、その実態を整理して理解できていますか?わかりやすく説明できますか?この章を読むと、失認についてわかりやすく...

  47. 「食べる」を医学的に分解してみる  摂食嚥下のメカニズム

    「食べる」という行為を詳しく説明できますか?食これは、人生を豊かにする為に最も重要なものです。

  48. 頭痛の原因 ~頭痛に潜む危険な病~

    頭痛は、命に関わる病気のサイン?頭部ここは、身体の司令塔である、「脳」が収まっている最も重要な場所。

  49. 神経線維の種類 ~遠心性繊維と求心性繊維の違い~

    人体の連絡網「神経」の種類について説明できますか?感じることも、運動も、人間として日常を豊かに生きるためには神経の働きが不可欠ですが、その神経の種類について説明できますか?神経線維の種類、および、遠心性繊維と求心性繊維の違いについて...

  50. 感覚の種類と感覚受容器一覧

    感覚の種類とその仕組みについて説明できますか?「感じる」ことの本当の意味、そして仕組みについて知っていますか?感覚の種類とその仕組みについて整理できます。

  51. 球麻痺と仮性球麻痺の違い 上位運動ニューロン障害と下位運動ニューロン障害

    "球麻痺と仮性球麻痺"の違い、"上位運動ニューロンと下位運動ニューロン"の違いを説明できますか?球麻痺と仮性球麻痺の違いについて説明できますか?"球麻痺と仮性球麻痺"の違い、"上位運動ニューロンと下位運動ニューロン"の違いが理解でき...

  52. めまいとめまい感 めまいに潜む病気とは?

    めまいの原因を症状からスクリーニングできますか?めまいは、日常の些細な変化でも起こり得る症状ですが、重篤な病気の前触れである場合もあります。

  53. 脳幹の役割 ~大脳と脊髄をつなぐ神経のスクランブル交差点~

    脳の仕事は部位ごとに明確に分担されているって知っていますか?意識、無意識に関わらず、人間のすべての営みは脳を最高中枢とする神経により制御されています。

  54. 大脳の役割分担-4 本能と情動と記憶を司る大脳辺縁系の働き  

    脳の仕事は部位ごとに明確に分かれているって知っていますか?意識、無意識に関わらず、人間のすべての営みは脳を最高中枢とする神経により制御されています。脳も神経細胞の集まりです。

  55. 大脳の機能分担-3 大脳基底核 ~錐体外路の機能~

    脳の仕事は部位ごとに明確に分かれているって知っていますか?意識、無意識に関わらず、人間のすべての営みは脳を最高中枢とする神経により制御されています。

  56. 大脳の機能分担-2  間脳(視床、視床下部領域の総称)の働き

    脳の仕事は部位ごとに明確に分かれているって知っていますか?意識、無意識に関わらず、人間のすべての営みは脳を最高中枢とする神経により制御されています。

  57. 大脳の役割分担-1 機能発動のコントロールタワー「大脳皮質」

    脳の仕事は部位ごとに明確に分かれているって知っていますか?意識、無意識に関わらず、人間のすべての営みは脳を最高中枢とする神経により制御されています。脳も神経細胞の集まりです。

  58. 言語障害 失語症と構音障害の違いと分類  

    失語症と構音障害の違いを説明できますか?言語障害という言葉を聞いた事がありますか?言語障害には、大きく分けて2つの種類があります。『失語症』と『構音障害』です。

  59. 被殻出血と高次脳機能障害

    脳出血の後発部位「被殻」とその症状について説明できますか?脳出血の好発部位、つまり最も起こりやすい部位として、被殻があります。どの程度良く発生するかをパーセントで表すと全脳出血の40パーセント。

  60. 認知症 ~脳組織の病的変化~

    認知症の脳の病的変化について説明できますか??脳の生理学的な老化が『認知症』の定義と一致しないのは、こちらの記事でもお話していますが、今回は脳の病的変化と認知症の原因疾患についてより詳しく解説していきます。

  61. 高次脳機能障害 責任病巣と症状のまとめ 失行 失認 失語症

    高次脳機能障害 責任病巣と症状を結び付けられますか?脳の機能は高次に分類されています。症状と責任病巣を結び付けて考えられますか?この章を読むと、責任病巣と症状の関係性を理解できるようになります。

  62. パーキンソン症候群 パーキンソン症候を示すパーキンソン病以外の病気

    パーキンソン症候群について説明できますか?パーキンソン症候群:パーキンソン症候を示すパーキンソン病以外の病気について解説しています。この章ではパーキンソン症候群について解説します。

  63. 大脳基底核の役割とパーキンソン病 その5 【予後】

    パーキンソン病の予後について説明できますか?パーキンソン病について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。この章ではパーキンソン病の予後について解説します。

  64. 大脳基底核の役割とパーキンソン病 その4 【治療】

    パーキンソン病の治療について説明できますか?パーキンソン病について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。この章ではパーキンソン病の治療について解説します。

  65. 大脳基底核の役割とパーキンソン病 その3 【検査 診断】

    パーキンソン病の検査と診断について説明できますか?パーキンソン病について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。この章ではパーキンソン病の検査と診断について解説します。

  66. 大脳基底核の役割とパーキンソン病 その2 【原因 病理】

    パーキンソン病の原因 病理について説明できますか?パーキンソン病について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。この章ではパーキンソン病の 原因と 病理について解説します。

  67. 大脳基底核の役割とパーキンソン病 その1 【症状】

    パーキンソン病の症状について説明できますか?パーキンソン病について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。この章ではパーキンソン病の症状について解説します。

  68. 認知症(知的神経機能障害)と生理学的脳の老化の違い

    認知症と脳の老化の違いを知っていますか?『認知症』一般的にも、かなり浸透してきている言葉ですが、その定義や意味を正しく理解している人は少ないように感じます。認知症は加齢などによる生理学的な脳の老化とは異なります。

  69. マイケルジャクソンのムーンウォークとロボットダンスの違いとは? ~小脳の働き~

    マイケルジャクソンのムーンウォークとロボットダンスの違いを説明できますか?マイケルジャクソンのムーンウォーク、惚れぼれしますよね♪とてもしなやかで、その場所をまったく動いていないのに、手足をスムースに動かしてまるで歩いているように見...

  70. 統合失調症と脳解剖 心と身体は一緒であるという事実

    病は気から、を現代医学で説明してみる病は気からと昔から言われていますが、心と身体は密接に繋がっているということは、現代医学でも説明ができます。なぜなら、心も体も人間のあらゆる機能の司令塔は"脳"だからです。

  71. 【末梢神経3/3】 自律神経の話 交感神経と副交感神経

    末梢神経シリーズ3/3  脊髄神経人間の生命の営みや活動は、すべて神経伝達によって行われており、神経は中枢神経と末梢神経に大きく分類できます。

  72. 【末梢神経2/3】 脊髄神経の話〜脊椎と脊髄と脊髄神経の関係〜

    末梢神経シリーズ2/3  脊髄神経人間の生命の営みや活動は、すべて神経伝達によって行われており、神経は中枢神経と末梢神経に大きく分類できます。

  73. 【末梢神経1/3】 脳神経の話 12人の戦士

    末梢神経シリーズ1/3  脳神経人間の生命の営みや活動は、すべて神経伝達によって行われており、神経は中枢神経と末梢神経に大きく分類できます。

  74. 筋緊張の異常の種類による分類

    筋肉の緊張とは?筋肉の緊張と言っても、ピンとこない人もいるかもしれませんが、例えば、日本人の国民病とも言える『肩こり』の状態は、筋肉の緊張が過剰に高い状態です。

  75. 野球選手の「お尻が大きい」理由 

    プロ野球選手を目前にして改めて実感したこととあるプロ野球球団のキャンプのお手伝いをしたことがあるのですが、その際に改めて実感したことがあります。

  76. 神経伝達の仕組み 身体の中の配達やさん

    神経は人体をめぐる情報の配達屋さん情報の伝達は、仕事においても、人間関係においてもとっても重要なものですが、人体においても情報の伝達は生命維持のためにも、あらゆる文化活動を行うためにも必要不可欠です。

  77. バランスを調整する身体機能

    バランスについて説明できますか?私たちの身体が円滑にスムースな動きをするためには、意識している以上に複数の器官/機能が関与しています。今回はその中のひとつ、バランス機能(をもつ器官)について詳しく説明してみます。

  78. 筋肉の収縮と弛緩 筋肉が働く仕組みに関する2つの勘違い

    動きを作る筋肉の働き私たちが、何かをしようと思ったとき、スムースに身体や手足が目的の方向へ動いてくれるのは、目指す動作において、全身の筋肉が、協力しあって適切な働きをしてくれるからです。

  79. 運動と知覚の伝導路 脊髄の構造と機能

    脊髄って何?脊髄とは、人体の大黒柱である「背骨」の中を通る神経の束です。神経は人体の司令塔である「脳」から伸びて全身へ指令を届けたり、外界の刺激を「脳」へフィードバックする役割をします。

  80. 人体の最高中枢「脳」を中心とする人体の連絡網「神経」

    人体内の郵便屋さんである神経、人体の最高中枢である脳を細胞レベルに分解中枢神経系でも、末梢神経系でも構成する要素になるものはひとつひとつの細胞です。

カテゴリー

スポンサーリンク

Amazonなら即日配送