錐体外路障害って何? 錐体外路の働きと仕組み

この記事は2分で読めます

錐体外路と錐体外路障害

運動障害は、
損傷部位や損傷の仕方によって
症状の出方が異なります。

・・ということは、
症状から損傷部位をある程度特定する事も
損傷の状況から症状を予測することも
可能です。

錐体外路と錐体外路障害の
損傷部位と症状の出方について
スッキリと整理できていますか?

錐体外路と錐体外路障害の見方

今回は、錐体外路についてと
錐体外路障害の概要についてまとめています。

錐体外路とは?

錐体路を構成する神経線維は、
随意運動の指令を伝える重要な経路ですが、
錐体路と同じ場所から出て、
同じ場所に至り、錐体路機能の補助的な
役割をしているものが、
「錐体外路」です。

錐体外路の経路

大脳皮質

大脳基底核
(線条体(被殻と尾状核)
赤核、黒質、中脳網様体など)

脳神経核
脊髄前角の神経細胞

*錐体路同様内包を通過

錐体路とほぼ同じ経路を通るが、
錐体は通らず、
延髄オリーブを通って
脊髄前角の神経細胞へ

*黒質-線条体間
*淡蒼球-視床間
*大脳基底核間の経路などもあり

錐体外路の働き

錐体路による随意運動を微妙に調整し、
円滑で性格な動きができるようにすること

錐体外路障害の特徴

痙性(痙直性)運動麻痺の出現

錐体外路系の神経線維のほとんど
(特に筋の弛緩(伸展)を抑制する神経線維)

錐体路とほぼ並んで走行

錐体路障害が障害された際
ほぼ同時に錐体外路も障害

一方。。。。

筋の弛緩(伸展)を促進する錐体外路系の
神経線維は、錐体路とは
離れて走行します。


錐体路障害(=錐体外路障害):痙性(痙直性)運動麻痺
純粋な錐体路障害(ブロードマン4野だけ、錐体部だけなど):弛緩性運動麻痺

筋緊張の異常と不随意運動

尾状核、被殻の障害:筋緊張低下+活発な不随意運動
黒質障害:筋緊張亢進 寡動

*不随意運動の種類と特徴
一定の運動が繰り返し生じるもの
律動性ありー振戦  安静時振戦(パーキンソン病)
          企図振戦(小脳性)

律動性なしー速い動きーチック、バリズム
     -遅い動きー痙性斜頸

*不規則な運動が連続するもの
速い動きーミオクローヌス 舞踏病
遅い動きー遠位筋に出現ーアテトーゼ
    -体幹に出現ージストニー

まとめ

病気を評価するためには
まず正常の仕組みを理解していることが
大前提になりますが、
錐体外路障害を見る際にも
この原則が当てはまります。

質問受付

個別には返信できませんが、
次回以降の内容や、
FAQ作成時に反映させていただきます。

できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、率直なご質問ありがとうございます。
大変励みになっています。

愛& 感謝!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク

Amazonなら即日配送