マハトマガンジーの言葉と人間の心と身体のつながり

この記事は2分で読めます

常識を変えて時代を良く変えたい

私たちには強い思いがあってこの活動を行っていますが、習慣や常識を変えるというのは、正直とても大変なことで、不屈の精神が必要です。

そんな時、ふと、不屈の精神って英語でなんていうのかな?と、疑問がわいて、調べてみました。

 

マハトマガンジーの言葉

そもそも英語にそんなニュアンスあるのかな?とも思いつつ色々見ていたんですが、インド独立の父、マハトマガンジーさんのすごい言葉に出会ってしまいました。

“Strength does not come from physical capacity.
It comes from an indomitable will.”

– Mahatma Gandhi

日本語訳:強さは、身体的能力によるものではなく、不屈の意志(精神)によるものだ。

強くて折れない真っ直ぐな気持ち、そして伝えたい想い

世界を変えるのは、変えてきたのはいつもそういう精神からであることは、歴史を振り返ってみても間違いのない事実。

そして、そう考えていたら、医学的に考えた時の心と身体のつながりが妙に腑に落ちてきました。

心と身体っていうのは常に表裏一体

なぜかといえば、こころと身体どちらも制御しているのは脳と神経だからです。

心は脳の働きであり、すべての運動を制御するのも脳です。

健康な肉体には健全な精神が宿る

とは昔から言われていますが、実にその通り。

健康で、本来あるべき姿の肉体であれば、身体の機能が正常に働いているため、あらゆるストレスに強くもなりますし、気持ちの余裕も、頑張る意欲もやり続ける行動力も出てきます。

もちろんけんかが強くなるとか、筋力増強するとか、そういう意味での身体の強さではなく健康である身体にこそ本当の強さといえる精神が宿るのでないかと思います。

まとめ 

不屈の精神で、なにかをやり遂げる為には、強い想いとやり続ける為の健康を維持する努力は絶対に不可欠だと確信しています。

 

質問受付

個別には返信できませんが、次回以降の内容や、FAQ作成時に反映させていただきます。
できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、率直なご質問ありがとうございます。大変励みになっています。

愛& 感謝!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク

Amazonなら即日配送