薬をサボったひとほど治りが早い?

この記事は2分で読めます

薬をサボった人ほど治りが早い?

お医者さんにいくと、必ずといっていいほど処方されるが、お薬。
薬が欲しくて、お医者さんにいく人も多いと思います。

気がつけば、どんどん薬の種類が増えていて、
薬なしでは不安で仕方ない、飲むのが当たり前になっているのに、症状は良くならない。

なんか、おかしいな…

そう思ったことはないですか?

薬とドラックの違いは、違法か合法かだけ?

少し表現は乱暴ですが、薬って、お医者さんで処方されるのは合法ではありますが、根本的に身体の中で起こっている変化って違法ドラックと一緒です。

一時的な快楽(痛みや苦痛の緩和など)のために使い続けると、どんどんより強い薬をより多く飲まないと効果がなくなり、そして依存せざるを得なくなる……..

例えば、肩こりとか関節の疲労の際に気軽に塗っている経皮吸収剤(いわゆる湿布やスーッとする塗るタイプのものなど)なども同じように身体に影響を及ぼします。

本来、薬というのは怪我や一時的な症状、先天的な機能不全を補うためなどにやむを得ない際に使うもので、使わずに済むならそれに越したことはないものです。

なぜなら、身体にとってはほぼ100%異物ですし、鎮痛や抗炎症などの一時的なプラス効果が強ければ強いほど、マイナスの影響(副作用)も強いからです。

 

まとめ 

薬をサボった人ほど治りが早い?

皮肉ですが、生活習慣病などの多くの生活習慣病においては、身体の機能を低下させる薬の常用は悪循環しか生まず、真面目に薬に依存する人ほど実は身体を蝕んでいる、そんな事実も存在するのです。

本当の意味身体を改善させるには、根本的に生活を変えて身体を変えていくしかありません。

そのために是非あなたがあなたのお医者さんになってください。
そのためにこのプロジェクトが存在します。

 

質問受付

個別には返信できませんが、次回以降の内容や、FAQ作成時に反映させていただきます。
できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、率直なご質問ありがとうございます。大変励みになっています。

愛& 感謝!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 02.05

    失認って何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク

Amazonなら即日配送