お酒を飲むと血行が良くなり、身体が温かくなるというのはウソ?

この記事は2分で読めます

おさけを飲むと身体が温まるというのはホント?

寒い冬の夜、
「お酒でも飲んで温まろうか?」
そんな声が聞こえてきそうな季節ですね。

酔っぱらうと、服を脱ぎたくなってしまう人も多いようですし・・・・・
確かにお酒を飲むと、身体が温かくなったように感じるし、
顔も赤くなる人も多いので
身体が温まっていると考えているひとも多いと思いますが、お酒を飲んで本当に温まることはできると思いますか?

お酒との付き合い方が変わります。

この章を読むとあなたは、お酒との良い付き合い方がわかるようになります。

お酒を飲むと血行が良くなり、身体が温かくなるというのはウソ?

お酒を飲んでも身体は温まるのか?

答えばズバリ、「No」です。
その理由を、医学的に解説していきます。

「NO」だと言われても実際に温かくなるし、顔も赤くなるしすんなり納得はできないと思いますので、まず、以下の2点について説明します。
1:なぜ顔が赤くなるのか?
2:なぜ身体が温かく感じるのか?

1:お酒を飲むとなぜ顔が赤くなるのか?

これは、顔面の皮膚血管が拡張するためです。

2:なぜ顔や身体が温かく感じるのか?

これは、以下のような流れです。

顔面同様、全身の皮膚血管が拡張するので、皮膚に温かい血液が流れる

皮膚が温められる

皮膚にある温受容器(温かいという感覚情報を感じ取る器官)が刺激される

温かく感じる

これが、お酒を飲むと温かくなると感じることの原理です。

お酒を飲む事によって温まるのは、身体の内部ではなく、ごくごく表面の部分だということです。
ここがまず一番のポイントです。

では、実際表面の温度だけが上がった場合身体の中では、どのような変化が起きているのでしょうか?

お酒を飲んだ際に身体の中で起こる変化

冷たい外界と接しているのが皮膚
全身を循環し体温の調節をしているのが血液です。

お酒を飲むと全身の皮膚血管を拡張して皮膚の血流量が増加します。

ということは…….

冷たい外界と接している皮膚の血流が増加している状態

熱の放散量が増加

身体の深部はどんどん冷えて行く

という現象が起こります。

温かく感じている本人とは反対に実は身体はどんどん冷えているという状態が起きているのです。

酔っていると、暑くて洋服を脱いでしまいますが、酔いざめにガタガタと震えるほど寒くなる理由もこれで説明できますね。

では、寒い日にはお酒を飲まない方がいいのか?
というとそんなことはなく、むしろ寝酒、寝る前の飲酒は温かく、心地よく眠る為には有効です。

なぜなら。。。

飲酒によって、血管が拡張して、手足の表面は、温かくなります。
手先、足先の熱の放散も増えているので、ふとんの中がすぐに温かくなります。
そして、ふとんがそれ以上の放熱を防いでくれるため、身体も急激に冷えずに温かく気持ちよく入眠できます。

しかもお酒は発酵食品なので、必須アミノ酸などを豊富に含むのでよいお酒を選べば美容効果もあります。

まとめ 

お酒は上手に適度に取り入れて

安眠、熟眠は、健康維持、美容の必須要素です。
寒いこの時期は、是非寝る前の一杯ということでお酒を楽しんで頂くことをお勧めします。

質問受付

個別には返信できませんが、次回以降の内容や、FAQ作成時に反映させていただきます。
できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、率直なご質問ありがとうございます。大変励みになっています。

愛& 感謝!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク

Amazonなら即日配送