棘下筋

この記事は1分で読めます

筋名称:棘下筋

ローテーターカフを構成し、
肩関節の安定に関与します。

上腕骨の外旋筋としては
最も強力です。

ローテーターカフの中では、
棘上筋についで最も損傷を受けやすい筋肉で、
外旋時や、内旋の伸張痛は、
この筋肉の炎症が疑われます。

ローテーターカフとは、
棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の
4つの筋が筒のように囲んで
上腕骨を回旋させる腱板です。
いわゆる五十肩といわれる
肩関節周囲炎は、この腱板の
老化による変化で起こります。

起始:肩甲骨棘下窩・棘下筋膜の内面(広範囲)
停止:上腕骨大結節の中部
神経:肩甲上神経 C5・C6
作用:肩関節の外旋+上部は外転、下部は内転
   肩関節安定
   棘上筋、肩甲下筋、小円筋と共に回旋筋腱板(ローテーターカフ)を形成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2014 08.15

    棘上筋

  2. 2014 08.10

    僧帽筋

  3. 2014 08.15

    肩甲下筋

  4. 2014 08.15

    小円筋

  5. 2014 08.10

    前鋸筋

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク