番長清原和博選手にケガが多かった理由〜筋肉の正しい鍛え方〜

この記事は3分で読めます

筋肉は鍛え方を間違えると有害になる場合もある

最近は、別の問題で再度有名になってしまった、元野球界の番長、清原和博さん。

清原選手は、アメリカの大リーグの選手にもひけをとらないほど立派な筋肉を持っていることでも有名でしたが、ケガが非常に多い選手でもありました。

日本人であれだけの筋肉を作り上げられる人は少ないですし、相当トレーニングをされたということはよくわかるのですが、彼の残したスポーツ選手としての結果やパフォーマンス、そしてケガの多かった理由が、筋肉の鍛え方の間違いにあったのではないかと考えられます。

なぜなら、彼が目指していたのではないかと思われる同じ位の筋肉を持っていたバリーボンズ選手と比較すると、そのパフォーマンスに大きな違いがあるからです。

もちろん才能やメンタル面などの差などもあるかもしれませんが、同じ位の筋肉量の頃の、野球のパフォーマンスだけでなく、ベンチプレスの最高重量が、清原選手が140kg程度だったのに対し、バリーボンズ選手は180kg程度だったということからも、見た目の筋肉量と実際のパフォーマンスに活かせる筋肉の力には差があることを示す良い例であると思います。

一見、同じくらいの筋肉があるようでもその鍛え方が違えばパフォーマンスに大きな差がでるというわかりやすい例は、他にもあります。

例えば、魅せるためだけに筋肉を鍛えているボディビルダー。

一見とても強く、力がありそうに見えますが、実は、とても力が弱く、腕相撲などもすごく弱かったり、体力もなく、体調を崩しやすかったりもします。

逆に、マラソン選手は一見とっても細いのに実は、結構力持ちで、ご存知の通り、長時間走るだけのスタミナ(体力)を持っています。

筋肉を太くするということパフォーマンスを高めるという意味での筋力を鍛えるということは、基本的には別物です。特にスポーツにおいては、特定の動きのパフォーマンスを高める必要があるため、スポーツの種類によって筋肉の鍛え方は当然変わってきます。(共通する部分も多くありますが。)

もちろんパフォーマンスを高めるためのトレーニングの結果、筋肉が太くなることはあるのですが、筋肉を太くすることと求めるパフォーマンスの向上は一致しないばかりか、間違った方法で筋肉を太くすることは有害になる可能性があることを知っておくことはとても重要です。

無駄に筋肉を太くすることは体重増加につながり身体が重くなります。

身体のバランスを崩すようなカタチで局所的に筋肉を太くするようなトレーニングを行ってしまうと、自分の身体がコントロールしきれなくなりますので、必然的にケガが多くなってしまうからです。

使いこなせない道具を大量にもってしまって、結局土台である部分で支えきれずに基礎が崩壊してしまうようなイメージです。

スポーツにおいては、適切なタイミングで瞬時に筋力におけるパフォーマンスを最大化させる必要があります。

つまり、脳から筋肉への神経の伝達スピードを高めること、そして必要に応じた力を必要な瞬間に出せるように神経伝達回路の精度を高めることが重要なのです。

魅せるために筋肉を太くする為のトレーニングの仕方と筋肉への神経経路を鍛えるトレーニングの仕方というのは基本的には全く別の物ということを理解し、適切な筋力トレーニングを行うことが怪我なく、スポーツのパフォーマンスを向上させるためには必須なのです。

 

正しい筋力トレーニングとは?

筋力トレーニングは、目的と方向性をしっかり認識した上で正しく行わなければ、目的を達成することができないばかりか、ケガや無駄な疲労感とつきあわなければいけない身体になってしまうリスクがあります。

一方、筋肉は体を支えるための土台であり、パフォーマンスを発揮するための道具ですから、正しく理解して使いこなせるようになると、身体が本当に楽になります。

特にスポーツをする人でなくても、肩こりや腰痛に悩まされることもなくなりますし、全身の循環が良くなり、頭がすっきりし、呼吸も深くなるので、仕事のパフォーマンスも上がり、見た目も確実に良い方向に変わり、印象が良くなります。

このカテゴリーでは、以下のような内容も随時公開していきますので、楽しみにしていてください。

またこんなことを知りたい!などの要望も受け付けておりますので、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

また会員限定で、個別のトレーニングプログラム作成もサポートしていますので、ご希望の方は是非ご利用ください。

 

筋肉のどのようなメカニズムで運動が起こるの?
筋肉が太くなるのはどういうこと?
パフォーマンスを上げる為の筋肉の鍛え方とは?
インナーマッスルとアウターマッスルの違いと鍛え方とは?
日常生活における筋肉の意識の仕方で姿勢を変えて印象をよくする方法とは?
見た目を美しく、かっこよくするための筋肉の鍛え方とは?

 

などなど…..

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク