お腹が痛いときに対処する姿勢でわかる腹痛の原因

  • お腹が痛いときに対処する姿勢でわかる腹痛の原因 はコメントを受け付けていません。

この記事は1分で読めます

お腹が痛いとき身体を折り曲げたくなるのは何故?

お腹が痛くなると、お腹を抱えて、身体を折り曲げた姿勢になりますよね。

お腹の痛みとこの姿勢を経験したことのない人は、おそらくいないと思います。

では、なぜ、お腹が痛くなるとみんな身体を曲げるんでしょうか?

誰に教えてもらった訳でもないのに、小さい子もみんなこの姿勢を取りますよね。

身体を曲げてみたら少し痛みがおさまる….
試行錯誤の上、得た経験が意識的、無意識的に記憶にあるのでそうするわけなのですが、身体を曲げてみてもどうにも楽にならない腹痛を経験したことがある人もいると思います。

というわけで、今日は、腹痛が起きる仕組みとなぜある種の腹痛は、身体を曲げると楽になるのか?について書いてみたいと思います。

身体を折り曲げると楽になる腹痛とは?

最も一般的な腹痛、というか、身体を折り曲げると楽になる腹痛について説明していきます。

この腹痛の原因は、腸の壁などが伸展されて生じる内臓痛で、疝痛(せんつう)と呼ばれます。

食べ過ぎなどでも起こる腹痛です。

腸の壁が伸展されて生じているので、身体を折り曲げると必然的に腸壁の伸展を弱める事ができるので、痛みが和らぎます。

だから、みんな身体を折り曲げるのですね。

身体を折り曲げても楽にならない腹痛について

腰を折り曲げても楽になる気配がないときは、とにかく横になって動かないでいることで楽になる。。
そんな経験をしたことがある人もいるかと思います。

この腹痛は、炎症が内臓だけでなく、腹膜にまで及んでいる場合に起こります。

腹膜は、内臓を全体覆っている膜で、ここには、痛みを感じる受容器(感覚受容器)があり痛みを感じます。

また、動かした時だけでなく、外界からの圧迫も痛みを増強するので、筋性の防御反応として、腹筋が収縮して、お腹が板のように固くなることもあります。

これは、腹膜が刺激を受けている証拠でもあり、腹膜炎のリスクもあるため、この症状がある場合は、緊急の治療が必要になります。

腹痛は、我慢しがちですか、しばらく経っても治らない場合は、医療機関を受診するようにしましょう。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

動画も配信中!