筋トレ=脳トレ 筋肉の動きも脳の働きによって決まります。

この記事は3分で読めます

筋トレ=脳トレ?筋肉の働きも結局、脳の働きで決まる

近年「脳トレ」ブームで、オンラインゲームなどや書籍でも様々なものが発売されています。

ボディメイクやダイエットを目的とした「筋トレ」もまたブームですね。

ところで、脳トレと筋トレってまったく別のものだと思っていませんか?

確かに脳トレは、筋肉に直接アプローチをするものではありません。ですが、情報を処理しアウトプットするという意味では、筋力トレをする際にも有効に作用する機能を鍛えることもできます。

そして、筋トレに関しては、いくつかのアプローチ方法がありますが、ほとんどの場合においては、脳の機能を一緒に鍛える必要があるため、筋トレ=脳トレ、と考えて間違いありません。…というかそう考えたほうが合理的だし、望む結果を導きやすいのです。

それは、なぜかについて詳しく説明してみたいと思います。

 

筋トレはやり方によっては、脳トレよりも脳機能を活性化させる効果がある

脳トレ=筋トレの真意をより分かりやすく理解できるように、面白いアメリカの研究報告があるので紹介したいと思います。

アメリカは、言わずとしれた車社会です。
そのなかで高齢者の交通事故が社会問題化していました。

その原因として、「危ない!」と脳が察知してから、実際にブレーキを踏むまでの時間が長いことが挙げられていました。

そこで、政府は高齢者にいわゆる机上での一般的にイメージされる脳トレを推奨し脳の活性化を図りましたが、思うように成果が現れませんでした。

そのため、今度は、危険を察知してから、実際にブレーキを踏むまでの過程を医学的、解剖学的に分析し、脳から筋肉への神経経路を鍛える筋トレを推奨したところ交通事故が減った、というものです。

危険を察知→ブレーキを踏む

という行為は、言葉にするとたった一行ですし、実際に行動するとなると一瞬の話ですが、医学的にその経路を説明すると細胞レベルの話は省略し、ものすごく簡略化しても以下のような長くなります。

運転中に視覚で、目の前に危険物をとらえる

脳がその情報を受け取る

脳がそれを危険だと判断する

脳がブレーキを踏めと指令を出す

神経が筋肉にその指令を伝達する

指令を受け取った筋は収縮をする

足が動かしブレーキを踏む

車が停止する

これらの反応速度が全体として遅くなる理由は、神経の伝達速度に原因があると言えるので神経の伝達速度をあげるような筋力トレーニングをすればいいということになります。

つまり、筋トレというのは、正しく行うと筋力強化はもちろんのこと、実生活で役立つ脳の機能も鍛えることができるということです。

今回の場合、具体的なトレーニング方法としては実際の場面をシュミレーションしながら行えれば一番いいのですが、それが難しい場合は、パーツごとに区切って実際に必要となる動きをできるだけ早く、正確に行う筋力トレーニングを行うことで神経経路を鍛える筋トレ=脳トレが可能となります。

実はこれは、スポーツ選手のトレーニング方法と基本的に考え方は同じです。

スポーツというのはかなり特殊な環境で、特殊な姿勢でバランスを取り、瞬間の筋の最大出力を高めることで身体の限界に挑み記録に挑むものです。

その為に必要なことは、単純に筋を肥大させる(太くする)ようなトレーニングではなく、脳から筋肉への神経伝達経路を鍛えるという視点は必要不可欠です。

「筋トレ」といっても様々な方法がありますが、その背景にしっかりとした医学的知識があり目的を明確にしてやるのと、そうでないのでは、一見同じようなことをやっているように見えても実はまったく異なる結果となります。

脳疲労の大きい現代人こそ筋トレで脳力もアップ!

現代人はかつてないほど脳で情報を処理する必要性が増えています。

肉体は疲れていないのに、脳が疲労して、全身のバランスが崩れている人が非常に多くいます。

そんな現代人にとって、体を使うスポーツやトレーニングは、心身のリフレッシュにとっても重要な役割を果たしますが、それは普段使わない体の使い方をすることによって脳の機能が活性化していることも有効に働いていると言えます。

忙しい人ほど、日々頭を使う仕事をしている人ほど、あえて時間をとってスポーツや筋トレなどで普段使わない神経経路に刺激を入れてみる、これはすごくお勧めです。

そうすることで、結果的に今まで以上に脳機能が上がるので、仕事や勉強のパフォーマンスは上がっていき、同じ時間で処理できる仕事量が増えていきますし、今まで気がつかなかった、できなかったことができるようになった、という声も多く聞きます。

毎日10分でも、定期的に、脳トレのつもりで筋トレやスポーツをしてみる、それだけで人生よい方向に変わっていきます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク