筋肉の収縮と弛緩 筋肉が働く仕組みに関する2つの勘違い

この記事は3分で読めます

動きを作る筋肉の働き

私たちが、何かをしようと思ったとき、スムースに身体や手足が目的の方向へ動いてくれるのは、目指す動作において、全身の筋肉が、協力しあって適切な働きをしてくれるからです。

その筋肉の働きを考える際に、重要ですが、多くの人が勘違いしている2つのポイントについて解説していきます。

ポイント1:動作を行う際には、ほぼ全身の筋肉が動員される

それぞれの筋肉の役割自体はとても限定されているので、足の運動と言うと足の筋肉だけ、手の運動だと手の筋肉だけ、を考えがちですが、全身の筋肉は全て一つの筋膜で繋がっており、どんな小さな運動であってもほぼ全身の筋肉が関与しています。

まず、人間の身体には大きく分けて、以下の3種類の筋肉があります。

1:骨に付着し、意識的な運動を行う骨格筋
2:内臓を構成する平滑筋
3:心臓を構成する心筋

2と3は自分の意思で操作できるわけではありませんので、(できたら大変なことになりますね….)、ここでは骨格筋に絞って解説していきます。

骨格筋は人体の筋肉全体の40%を占めていて、400個ほどの種類があります。そして、例えば、歩く動作は足の運動のように感じますが、実際は一歩進むに使う筋肉の数はメインなものだけでも約200個ほどあり、姿勢を保持するための体幹、バランスを取るために上肢、などほぼ全身の筋肉を使っています。

人間の動作は、チームで、ひとつの作品を作り上げるのと同じイメージで、それぞれの筋肉の強弱、緩急、動静、働休、協力拮抗…など複雑で絶妙なバランスを無意識のうちに取りながら行われているのです。

この意識があるかないかで、リハビリ等の治療にしても、アスリートのパフォーマンス向上にしても、ダイエットやボディメイクにしても全く結果が異なってきます。

それぞれの筋肉の役割、起始停止、神経支配を理解するのは当然ですが、それぞれの筋肉同士の連携を理解し、全身の関連性を診ることができるようになることは、プロとして最低限必要なことです。

 

ポイント2:収縮と弛緩(伸展)の意味を正しく理解していますか?

また、それぞれの筋肉の働いている様子は解剖生理学的には収縮と弛緩という言葉で表されますが、この意味も正しく理解していない人が多いので詳しく解説していきます。

収縮と伸展(弛緩)は、とてもシンプルな言葉で表現すると以下のようになります。

筋肉が働いている時:収縮(筋肉に張力が生じていることを言い、実際に筋肉の長さが短くなっているとは限らない 収縮は筋肉の長さが同じでも、長くなっている状態でも起こり得る)
筋肉が休んでいる時:弛緩(伸展と表現される場合もあるが、実際の筋長の変化とは別)

もう少しわかりやすく解説していきます。

【筋肉が働いている時:収縮】

収縮と聞くと、一般的には「縮む、縮んで短くなる」という意味ですが、生理学用語では、「筋肉に張力が発生すること」を収縮といいます。
筋肉に力を入れた状態、筋肉が働いている状態、と言いかえられますね。

ここでポイントなのは、このとき、筋肉の長さが短くなるとは限らないということです。
*短縮と収縮はしっかり区別してくださいね!

収縮と筋肉の長さの関係は、以下の3通りがあります。

1:等尺性収縮

収縮している筋肉の長さが一定で変わらない状態。
重いものなどをずっと同じ姿勢で持っているときなどの状態です。

2:求心性収縮

収縮している筋肉の長さが短縮していく状態。
筋トレなどの一般的な筋肉の使い方です。

3:遠心性収縮

収縮している筋肉の長さが伸びていく状態。
たとえば、筋トレで重いものを持ち上げようとして、支えきれなくなっていく過程での筋肉の使い方です。一番筋肉への負荷が大きいです。

【筋肉が働いていない時:伸展/弛緩】

筋肉の収縮に相対する言葉として「伸展」がありますが、生理学的に筋肉の伸展というのは「弛緩」と同義です。

筋肉の伸展といっても必ずしも長さが伸びるわけではないのは、収縮の場合と同じです。

例えば、右腕の力を抜いてだらりと下げた状態から右腕は脱力したまま左手で右手を持ち上げて右腕の肘を曲げたとき、右腕の上腕二頭筋は、力を入れていないので「弛緩/伸展」していますが、長さは短縮していますね。

また、力こぶを作ったときは、収縮しているのは上腕二頭筋で、上腕三頭筋は、伸展(弛緩)していますがこの状態で腕全体に力を入れると三頭筋は、収縮しますが、短縮はせず、長さは伸びたままですね。

筋肉の長さの変化と筋肉が働いているのか、いないのか?はまったく別の問題なので区別して考えるようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク