年齢を重ねるごとに1年が短く感じる理由と充実した1年にする方法

この記事は2分で読めます

年齢を重ねるごとに一年が短く感じる理由を説明できますか?

この時期になると、よく聞くフレーズ….

アッという間に過ぎていく1年、そして年々その1年が早く感じる….

1年は同じ365日なのに、なぜそう感じるのか?
あなたはこの理由を説明できますか?

この章を読むと充実した1年を締めくくる方法がわかるようになります。

この章を読むとあなたは

慌ただしい師走を充実して過ごし、良い1年だったと振り返れるようになります。

 

年齢を重ねると時間が過ぎるのが早く感じる理由

この時期になると、よく聞くフレーズ….

アッという間に過ぎていく1年、そして年々その1年が早く感じる….

なんとなく感じているこの感覚。これは心理学的にしっかりと説明ができます。

ジャネーの法則とは?

このあなたがなんとく感じている年末の焦り感…実は19世紀にフランスの心理学者によって提唱された「ジャネーの法則」によって説明できます。

ジャネーの法則とは、「時間の心理的長さは年齢に反比例する」というもので、まさに「歳を取ると1年が短く感じる」というあなたの感覚と一致します。

例えば、50歳の大人にとって、1年の長さは人生の1/50ですが、5歳の子供にとっては人生の1/5。同じ1年という時間の長さでも、5歳の子供の1年は、50歳の大人の10年分のような感覚になるのです。

それが何故かといえば、5歳の子供が経験値が少なく、何をしても新鮮ですが、50歳の大人は既にたくさんのことを知って、経験していますし、新しいことに挑戦しようとすることも少ない。そのため、毎日が同じように過ぎていき、振り返って見ると毎日同じようなことばかりで変化がなく、受けている刺激が少ないため、過ぎた時間の長さを実感しにくくなるためです。

結局時間の感じ方に年齢は関係ない

もし、あなたが年齢を重ねるごとに1年を短く感じているとするのなら…..あなたの生活は、良い意味でいえば、とても平和で安定しているのか、それともただただ退屈なのか……きっとどちらかでしょう。

「ジェネーの法則」の真意に当てはめれば、年齢を重ねても、毎日をワクワクしながら、楽しく新しいことに挑戦している人の時間の感じ方は子供の頃と変わらないはずです。むしろ自分で選べる選択肢が増えている分、子供の100倍、200倍の濃度の濃い時間を過ごすことだって可能です。

あなたがどんな気持ちで、どのような生活を過ごしているのか、それが時間の感じ方に影響する、ということです。

 

まとめ 

誰にとっても、何歳になっても、1年は365日、1日は24時間(1440分  )。
この事実は変わりません。

でも、年齢を重ねるごとに感じ方が変わるのは、あなたの生活や考え方が変わるからです。
この1年をどのような気分で終えて、新年につなげるか、はあなた次第でどうとでもなるんですよね。

さてあなたは、どんな気持ちで、どんなことをして過ごしますか?

質問受付

個別には返信できませんが、次回以降の内容や、FAQ作成時に反映させていただきます。
できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、率直なご質問ありがとうございます。大変励みになっています。

愛& 感謝!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク