短内転筋【3D筋肉・解剖学】

この記事は1分で読めます

ふとももの内側を構成する内転筋群のひとつ【短内転筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。


スラッと伸びた真っ直ぐな脚や歪みのない骨盤と姿勢を目指すなら意識してケアしたい内転筋群。まずは解剖学的構造を正しく理解しましょう。

短内転筋の概要

  • 名称:短内転筋
  • ふりがな:たんないてんきん
  • 英語名:Adductor Brevis Muscle
  • 太もも内側にある内転筋群のひとつで、長内転筋の補助的として一緒に働きます。
    立位姿勢やバランスの安定に関与しています。

    短内転筋の起始・停止

  • 起始:恥骨結合と恥骨結節の間
  • 停止:大腿骨粗線の内側唇上部1/3
  • 短内転筋の作用


    解剖学的表現

  • 股関節を内転(外旋・屈曲)

  • 日常でのイメージ

    ・骨盤の安定

    ・立位動作やバランスの安定

    ・脚のラインや姿勢をニュートラルに保つ

    短内転筋の神経支配

  • 閉鎖神経(L2~L3)
  • 短内転筋の働きを3D動画で確認

    短内転筋を触診

    股関節内転運動で長内転筋と一緒に触診が確認できます。

    短内転筋のストレッチと筋トレ


    短内転筋ストレッチ

    股関節外転でストレッチできます。深呼吸をしながら無理のない範囲で行いましょう。


    短内転筋筋トレ

    短内転筋の走行を意識して収縮(股関節内転)させます。体位や負荷はそれぞれ個別に調整してください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事