Youtubeで3D動画を配信中!

大内転筋【3D筋肉・解剖学】

大内転筋【3D筋肉・解剖学】

内転筋群の中でも最大かつ最強 【大内転筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。


太ももの内側を構成する内転筋群は脚を閉じたり・交差したり、平泳ぎや乗馬などの運動でよく使いますが、普段の生活で意識しにくいので機能が低下しがち。
骨盤のズレによる姿勢悪化や腰痛、足のラインが崩れるX脚やO脚につながってしまうことも。


解剖学的構造を正しく理解して効果的にトレーニング&セルフケア。
真っ直ぐで綺麗な脚のラインや姿勢と疲れにくく健康的な身体作りを目指しましょう!

大内転筋の概要

  • 名称:大内転筋
  • ふりがな:だいないてんきん
  • 英語名:Adductor Magnus Muscle
  • 股関節内転筋群の中で最も強力な筋肉です。

    大内転筋の起始・停止

  • 起始:坐骨下枝前面・坐骨結節下面
  • 停止:大腿骨粗線の内側唇(小転子〜内側上顆)
  • 大内転筋の作用


    解剖学的表現

  • 股関節を内転(外旋・屈曲補助)

  • 日常でのイメージ

    ・骨盤を安定させる

    ・脚のラインを真っ直ぐに整える

    ・脚を閉じたり、交差したりする際に作用する

    大内転筋の神経支配

  • 閉鎖神経(L2~L4)
  • 大内転筋の働きを3D動画で確認

    大内転筋を触診

    股関節内転方向に力を入れると簡単に収縮を確認できます。

    大内転筋のストレッチと筋トレ


    大内転筋ストレッチ

    股関節を外転させる運動でストレッチできます。深呼吸をしながら無理のない範囲で行います。


    大内転筋筋トレ

    大内転筋の走行を意識して収縮(股関節内転)させます。体位や負荷はそれぞれ個別に調整してください。

    大腿の筋肉カテゴリの最新記事