【アレルギー】のメカニズムと根本解消法

からだの仕組み
スポンサー

現代病ともいわれ、近年急速に罹患者が急増している【アレルギー】


医療系や飲食関係だけでなく、美容院などでもアレルギーの有無を確認されますし、食品にはアレルギーの可能性のある原材料はきちんと明記されています。

花粉症は、罹患していない人を探す方が難しいくらい現代【アレルギーの代表】です。


根本的な【アレルギー】解決法を見つけるために、そもそも【アレルギー】とは何なのかについて整理してまとめました。

アレルギーは自分で自分を壊す病気

  • 花粉症
  • 食物アレルギー
  • ペットアレルギー
  • アトピー性皮膚炎
  • 気管支喘息
  • 小児喘息
  • 蕁麻疹
  • 薬物アレルギー
  • 【アレルギー】の代名詞のような疾患をいくつかあげてみましたが、私たち人間のアレルギー対象物質はたくさんあります。

    アレルギー疾患とは「外部からの抗原に対し免疫反応が起こる疾患」のことですが、花粉の季節に全員花粉症になるわけではないように、通常ほとんどの抗原は日常生活の範囲では無害です。

    人間には自分の体を守る為の免疫機能があり、ウィルスが身体に侵入してきたときには高熱を出したり咳や鼻水を出すなどしてウィルスを排除しようとしますが、免疫が本来は排除する必要がない物質に対してまで反応してしまうことがアレルギー反応で、本来は敵でない物質を敵であると身体が誤認して排除しようする反応を起こした結果がアレルギー症状として出てきます。

    アナフィラキシーショックなど強いアレルギー反応が出れば、死に至る可能性もある怖い病気です。

    また、膠原病や関節リウマチに代表される「自己免疫疾患」はアレルギーと機序は同じですが、アレルギーは外の物質をアレルゲン(抗原)として認識するのに対し、自己免疫疾患は自分の身体を構成する物質を抗原として免疫反応が起こっている状態で、特定の臓器や身体の部位の障害・炎症が症状として現れます。

    アレルギーの根本改善方法

    アレルギーの対策としてアレルギー物質を避ける必要がありますが、抗原の種類や環境によっては難しいケースも多くあります。

    また、アレルギーも自己免疫疾患も通常病院で行われる治療は、症状を一時的に抑える薬物療法が主体で、治療期間は症状がある限り一生続きますし、徐々に薬をより強いものにしていかなければ症状を抑えられなくなってきたり、副作用の心配もあり、アレルギーに対して薬物療法を継続することで更に自分の身体を蝕んでいくことになりかねないので、何とか根本解決方法を探したいことろです。

    アレルギー反応は身体の免疫機能が正常に機能していないことが原因で起こる症状なので、根本的な改善方法は、脳と神経を始め身体の諸機能が正常に働くように体質を改善していく方法しかありません。

    食事や生活習慣を整え、身体の機能が正常に働く方向へ少しずつ調整していきましょう。

    タイトルとURLをコピーしました