良い姿勢5つのメリット〜上を向いて歩こうよ♪

ストレスと心のケア
スポンサー

姿勢がよいと人生得することだらけです。

上を向いて歩こうよ♪

有名な歌の歌詞にもあるように目線を上に向けるつまり頭を下に落とさないようにすると、第一印象がよくなるだけでなく医学的にもとっても有益なたくさんのメリットを実感できます。

現代病を予防と健康の土台は姿勢

姿勢がよいと人生得することだらけで、単純に相手に与える見た目の印象が良いことはもちろんですが、人間の身体はそもそもよい姿勢で無駄なく無理なく動ける高性能マシンとして作られているので、よい姿勢を保つことであなた本来の健康で生き生きと活動できる心身を保つことができます。

現代人は姿勢が悪い人が多く、本来持っている人間としての性能を最大限活かせていないために非常に損をしています。

誰でも持っている以下の5つのメリットを今日から取りために、まずは知ることと気がつくことから始めましょう!

よい姿勢のメリット5つ

よい姿勢のメリットは大きく分類して以下の5つです。

疲れにくくなる

静止姿勢では、頭・体幹・手足の重心を統合した重心線が支持基底面の中心に近いほど安定している良い姿勢です。

静止姿勢が安定していることで力学的に安定した動作も行えるので、止まっていても動いていても無駄なエネルギーを使う必要がなく、疲れにくくなります。

体調不良やストレスを感じにくくなる

悪い姿勢を長い時間保持すると、筋肉の運動量が減り、血液循環量が減少し、各器官や循環のスムースな動きを阻害し、機能不全にもつながります。

一方、骨格が本来あるべき位置にあり、その骨格の中に収まる脳・神経・内臓が圧迫されることなくスムースな働きができる良い姿勢を保つことで体調不良を感じることはなくなり、司令塔である脳への負担が減りますのでストレスも感じにくくなります。

第一印象が良くなり自信が生まれる

姿勢にはパーソナリティや感情の影響も現れます。

たとえば、自信や喜びなどプラスの感情は胸を張った姿勢に代表される伸展優位の姿勢として現れやすいし、劣等感や不安などのマイナスの感情は猫背に代表される屈曲優位の姿勢として表れやすい傾向があります。

気分が落ち込んだ時や相手によい印象を与えたい時は、背筋の伸びたよい姿勢を意識することで相手に与える印象を良くすることができます。
良い姿勢では顔色も良くなり、頭もすっきりして実際の言動でもよい印象を与えることができます。

パフォーマンスが上がる

人は寝ている時以外は必ず何かの意識的な作業をしていますが、作業をしている際に身体の各部分の位置関係や空間に占める位置が効率を考える上では重要になります。

よい姿勢で作業を行うと、安定した呼吸による脳への酸素供給や外部からの情報入力をスムースにするため仕事のパフォーマンスや効率が上がります。

モテる

左右対称で各パーツの比率が美しい全体でバランスのよい姿勢は、美しいものとして周囲を惹きつけますし、自信も生み出し魅力的な人になれます。

上を向いて歩こうよ♪

上を向いて歩こうよ♪と有名な歌の歌詞にもあるように、目線を上に向けるつまり頭を下に落とさないようにすると第一印象がよくなるだけでなく、医学的にも非常に有益です。

なぜなら、姿勢がよい証拠(人間の解剖学的構造上姿勢がよくなければ頭をよい位置で支えられません)だからです。

ちなみに、セリフのないバレエでは身体の動きと表情ですべてを表現するのですが、頭が下に落ちることは絶対にないそうで、あるとすれば乞食の役の時だけだそうです。

下を向くというのはそれだけ対外的にマイナスイメージが強いということですが、いつも下を向いて乞食の役のように身体を丸めていたら、身体の機能が圧迫されて呼吸も浅くなるので、医学的にも様々な病気の原因になり問題で、見た目ののマイナスイメージ通り、医学的にもマイナスな身体になっていく可能性が非常に高いのです。

ちょっと周りを見てみましょう。

印象のいい人というのは必ず目線が上を向いていませんか?
背筋がピン!と伸びたよい姿勢をしていませんか?

姿勢が良いとは身体が健康であることのひとつのバロメーターであるし、姿勢が良ければ身体の機能が円滑に働き、呼吸機能も十分に機能するので健康が自然に維持できますし、十分な酸素や血液が巡るので頭も冴えてスッキリしますし、目線も自然に上を向いてくるし、目にもチカラが宿ります。

なんとなく体調が優れないとか、元気が出ない時とかこそ、是非顔を上げて真っ直ぐ前をみるように心がけましょう。
胸を張って、大きく呼吸をして、脳に新鮮な酸素を送りましょう。

下を見るときも頭を落とすのではなく目線だけそっと落とすようにすれば、姿勢も崩れず印象も変わりません。

上を向いて歩くのはお金も時間もかからず健康維持ができて、ついでに印象もよくなるとってもお得な生活習慣ですね!
(上といっても下に対する相対的表現なので、実際は【前】を向いて歩いてくださいね!
本当に上を向くと首を痛めますし危ないですから…笑)

このサイトでは姿勢を正しく維持・改善するための根本的な知識や方法を提供していますので、まずは自分の姿勢チェックからはじめてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました