体温を上げるとほとんどの体調不良が改善する

この記事は2分で読めます

体温は、健康を示すバロメーターとしてとてもわかりやすい指標です。

かつて細菌やウィルスへの対策が不十分だった時代には高熱=死であり「熱が高いこと」が恐れられていましたが、現代においてはむしろ「低体温」の方が問題になっています。


「低体温」は高熱のようなわかりやすい症状や対処療法薬などもなく、病気として認識されていませんが、現代人の体調不良のほとんどは低体温を解消するだけで改善すると言っても過言ではないくらい注目するべき症状です。


「低体温」がなぜ問題なのか、改善するにはどうすればよいのかを整理してまとめました。

あなたの平熱は?

さて、あなたの平熱は何度でしょうか?

人間の免疫力が最も向上し各機能が滞りなく働く健康な人の体温は、36.5℃~37℃です。

最近は、平熱が35℃台という人も多いので37℃と聞くと高熱のように感じるかもしれませんが、37℃という体温でも、だるい・つらいなど病的な症状がなければ健康的な身体である証拠です。

平熱が36℃以下の人は、身体機能が正常に働きにくいのでほぼ間違いなくなんらかの身体の不調を抱えています。

ちょっとイメージしてみましょう。

あなた自身も一番自分が活動しやすい気温がありますよね。

季節でいうと秋頃の25℃前後が一般的には一番過ごしやすい気温だと言われていて、活動量などにより個人差があってもだいたい20℃〜25℃位なのではないかと思います。

そして、眠るだけの寝室は15℃位が適温と言われています。

例えば真冬のように気温が下がると活動するのがおっくうになるし、かといって真夏のように気温が高すぎても適切な活動はできません。

人間は自分自身で熱を生産できますし、衣類やエアコンなどでも調整できるので、季節を問わずあまり外気温に左右されず活動できますが、変温動物(外の気温にあわせて体温が変化する爬虫類や魚類など)は気温が低すぎると体温が上がるまで日光浴をするか、それができなければ冬眠してしまいます。

人間の身体の中の臓器等を作る細胞ひとつひとつにも同じように動きやすい、最も活動しやすい温度というのがあり、それが人間の適正の体温、37℃なのです。

低体温が病気を作る理由

体温が慢性的に低い状態では本来の身体機能が低下し、神経・血液・ホルモン・リンパなど循環が滞ったり、各器官同士の連携が円滑に行われずバランスが悪くなり、免疫機能も低下します。

具体的な症状としては最初は以下のようなものが出てきます。

  • 肩こり
  • 便秘
  • 下痢
  • 肌荒れ
  • 肥満
  • 生理不順
  • 低血圧
  • 高血圧
  • これらの病気未満を放置すると、細胞が死んでしまったり、変性してしまったりしていくことにより以下のような病気へつながっていきます。

  • アレルギー
  • 胃潰瘍
  • 糖尿病
  • 骨粗鬆症
  • ガン(悪性腫瘍)
  • メニエール病
  • パーキンソン病
  • 肺炎
  • 認知症
  • 脳血管障害
  • 心筋梗塞
  • 体温が1℃下がると免疫機能が30%低下すると言われていますが、逆に体温が1℃上がれば免疫機能が5〜6倍になると言われています。

    もしあなたの平熱が36℃以下であれば、今日からすぐに体温をあげる工夫を取り入れていく必要があります。

    日常生活の中で体温を上げる方法

    筋肉を鍛える

    人間最大の産熱機能は筋肉なので、筋肉を刺激する運動(具体的には基礎代謝を上げてよい姿勢の要となるインナーマッスルを鍛える)を積極的に行いましょう。

    身体を冷やさない工夫をする

    冷たい食べ物は極力さけて、温かいものや身体を温める食材を意識して選ぶようにしましょう。
    また、入浴を習慣化するなど身体を温める習慣を持つようにしましょう。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事