大脳の機能分担-3 大脳基底核 ~錐体外路の機能~

この記事は1分で読めます

脳の仕事は部位ごとに明確に分かれているって知っていますか?

意識、無意識に関わらず、人間のすべての営みは脳を最高中枢とする神経により制御されています。

脳も神経細胞の集まりで、脳が、心身全体の制御に関わっているわけですが、その脳も部位ごとに役割分担されています。

大脳基底核の働き~錐体外路の機能~について説明できますか?

大脳基底核の働き~錐体外路の機能~について理解しましょう。

この章を読むとあなたは、大脳基底核の働き~錐体外路の機能~について理解できるようになります。

大脳基底核の働き~錐体外路の機能~

私たちの体は自然な姿勢を保ったり、自然な運動を行ったりする為に筋肉の緊張のバランスを無意識のうちに調節しています。

その役割において重要なのが、大脳基底核なのですが、その構造と役割について説明していきます。

大脳基底核の構造

大脳半球の中央部(白質内)にある灰白質核群の総称で、以下により構成

尾状核
被核
淡蒼球
扁桃体
前障

*被核と淡蒼球:レンズ核
*尾状核と被核:線条体

大脳基底核の働き

錐体外路の中継点としての役割
★手足や体幹のスムースな運動に重要★

大脳皮質から出た運動の命令が末梢方向に伝わって、筋肉を動かす時に、大脳基底核や視床、小脳、視覚、聴覚などの感覚器からの情報を取り入れて運動が円滑に誤りなく実行されるように働きます。

まとめ

脳は、様々な機能を持つ心身の中枢ですが、その脳の役割も細かく分かれています。

脳の役割分担、心身の機能との関連性を理解することは、人の理解にもつながる非常に重要な知識です。

 

質問受付

個別には返信できませんが、次回以降の内容や、FAQ作成時に反映させていただきます。
できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、率直なご質問ありがとうございます。大変励みになっています。

愛& 感謝!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク