高次脳機能障害 責任病巣と症状のまとめ 失行 失認 失語症

この記事は4分で読めます

高次脳機能障害 責任病巣と症状を結び付けられますか?

脳の機能は高次に分類されています。症状と責任病巣を結び付けて考えられますか?

この章を読むと、責任病巣と症状の関係性を理解できるようになります。

この章を読むとあなたは、症状から病巣を推測できるようになり、臨床での評価やリスク管理が適切にできるようになります。

高次脳機能障害の症状と責任病巣についてのまとめ

『症状と責任病巣』

*実際の臨床上では例外もありえます。
*優位半球と劣位半球に分類しています。

《優位半球》
 視覚失認  後頭葉
 聴覚失認  上側頭葉後部
 手指失認  頭頂葉
 身体部位失認  頭頂葉・側頭葉
 左右失認  頭頂葉
 Gerstmann症候群  角回
 観念運動失行  頭頂葉下部
 観念失行  頭頂葉
 構成失行  頭頂葉
 運動失語(Broca失語・皮質性運動失語)  下前頭回後半、弁蓋部および三角部
感覚失語(Wernicke失語、皮質性感覚性失語) 上側頭回後1/2あるいは1/3

 

《劣位半球》
病態失認 頭頂葉
半側身体失認 頭頂葉
半側空間無視(usn  頭頂葉
地誌的見当識障害 後頭葉
地誌的記銘力障害 頭葉 後頭葉
着衣失行 頭頂葉後部

 

《どちらも》
触覚失認 頭頂葉縁上回
視覚性空間定位障害 頭頂葉
肢節運動失行 前運動野上部

 

『症状のとらえ方』

まずは、失行と失認の意味を理解しましょう。

《失行とは…》

実行する意志があるにも関わらず、正しい動作が行えないことで、運動機能、知能、意識の障害では説明がつかない症状です。

つまり…運動の麻痺もないし、感覚の障害もないし、行うことの意味も理解しているけれどその行動ができない状態です。

《失認とは…》

視覚、聴覚、味覚、嗅覚、体性感覚など、その感覚自体には異常がないが対象の認知ができないこと。
注意や知能など一般的な精神機能が保持されているにも関わらず、対象を認知できないこと。

つまり、目の機能も、耳の機能も、触覚も、口の機能も全く問題ないのに対象物の認知ができなくなる状態です。

失行、失認を理解し、その他の機能障害と判別する方法

失行か失認かを理解するためには、まず、麻痺・失調・感覚障害の有無、視覚機能や聴覚機能の障害の有無など、機能的な問題がないかどうかを見極めることが重要です。

前頭葉の高次脳機能障害の症状まとめ

主な責任病巣は、上記の一覧にある通りですが、思考や近くの認識や統合を行う頭頂葉の障害で、失行や失認は起こりやすいので、症状を簡単に以下にまとめました。

★構成失行(構成障害):物の空間的な構成が把握できない状態

例えば、図形を書く、積み木を組み立てる、マッチ棒で三角形を作るなどができなくなる状態です。

★着衣失行:衣服を着る動作ができない

運動麻痺もないし、かつて着慣れた服であっても着ることができなくなる状態です。

★観念失行:使い慣れた物の扱い方が分からない/目的に沿った動作ができない

物の名前や用途は説明できるのに、使用しようとするとできない状態です。

歯ブラシを歯を磨くものだとわかっているのに、いざ使ってみるように伝えて、渡すと耳に入れたりしてしまいます。
また、お茶を入れて飲む、タバコを吸うなど手順を踏む動作ができなくなります。

★ 観念運動性失行:指示された動作ができない /習慣化された動作が意図的にできない

例えば、自発的に手を振ってサヨナラをしたり、歯を磨いたりはできるのに、「さようならと手を振ってください」「歯を磨くまねをして下さい」といった指示に対して、頭では理解しているのに実行できません。
※ただし自発的には動作が可能なため、患者自身が気づかないことが多いのが特徴です。

*観念失行と観念運動失行の違い

観念運動失行はある一定の動作ができないのに対し、観念失行は順序だった動作に対して、個々の部分的な動作はできますが、各動作の順序が混乱し、複合した動作ができなくなります。

観念失行は、観念の連続性が断たれ、観念運動失効は、観念の運動の連続性が断たれている状態です。

★半側身体失認:麻痺側の注意力が低下し、存在しないかのように扱う

麻痺側が壁にぶつかっていたりしても全く気にしなくなる状態です。

★身体部位失認:身体の部分を言われたり触られても、そこを指示できない

身体の部位が分からなくなってしまう状態です。

★病態失認:左麻痺があるのに否認する

病気であることを認めない状態です。

★半側空間無視:病巣と反対側の視空間を無視する

例えば、食事時に皿の半分を残す、歩行時に左側がぶつかるなどがあり、全視野が入っているが、意識して注意を向けなければ左側(病巣と反対側)に気づかない状態です。

★失読・失書:読み書きができない(話す・聞くなどの障害はない)

話す、聞くなどに関して機能的な問題がないのに、読み書きができない状態です。

★ゲルストマン症候群:以下のの4徴を呈するもの

1:手指失認:指の操作に困難を示す/手指とその名称が結びつかない
自分の指が何指が分からず、人差し指と言われてもその指を指示できない状態です。

2:失書:文字が書けない(写字より自発書字が障害されやすい)
自分の名前や住所などでも、自ら考えて書字することができない状態です。
重症例では字を書くことも書き取りもできなくなります。

3:左右失認:自己及び他人の身体の左右の区別ができない。
自分にとってどちら側が右か左か分からない状態です。
右手で左耳を指すというような左右の理解ができなくなります。

4:失算:計算ができない
暗算も筆算もできず、演算自体ができないという障害のほかに、数字が読めない、書けない状態です。

 

まとめ 

高次脳機能障害は、このほかにも注意障害や脱抑制、認知機能障害など様々なものがあり、実際の症状がどの症状なのか明確に識別することは非常に困難ですし、様々な原因が複雑に絡み合っていることもあります。

ただ、これらの基本的な情報をしっかり押さえておくことで症状の理解、そして患者さんの正しい理解の一助になることは間違いありません。

ぜひ参考にしてください。

質問受付

個別には返信できませんが、次回以降の内容や、FAQ作成時に反映させていただきます。
できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、率直なご質問ありがとうございます。大変励みになっています。

愛& 感謝!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク