「球麻痺と仮性球麻痺の違い」「上位運動ニューロン障害と下位運動ニューロン障害」

  • 「球麻痺と仮性球麻痺の違い」「上位運動ニューロン障害と下位運動ニューロン障害」 はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

「球麻痺と仮性球麻痺」の違いを「解剖生理学構造の観点」から理解し、上位運動ニューロン障害と下位運動ニューロン障害の違いも理解しましょう。

球麻痺と仮性球麻痺の違いは?

構音障害(しゃべりにくい、呂律がまわらない)や嚥下障害(食べ物や飲み物が飲み込みにくい)が出る病態に、『球麻痺』がありますが、よく似た名前の『仮性(偽性)球麻痺』という病態もあります。

この2つの違いは一体何でしょうか?

『上位運動ニューロン』と『下位運動ニューロン』

球麻痺と仮性球麻痺の違いは、問題のある場所(原因)の違いです。

問題のある部位が、中枢(上位運動ニューロン)か末梢(下位運動ニューロン)かの違いで、名前や症状が似ており、言葉で書くと同じように聞こえますが、全く異なる病態です。

球麻痺とは(Bulbar Palsy)

球麻痺の定義、病理、症状の特徴、代表疾患について簡潔にまとめています。

球麻痺の定義

延髄の運動神経核の障害(下位運動ニューロン障害)

延髄にある脳神経の運動神経核の障害によって発語、発声、嚥下、呼吸、循環などの障害を来たすもの

**延髄を外側から見ると球(ボール)のようにみえるため、延髄の麻痺=球麻痺という名前になりましたが、臨床上は運動麻痺に限定しています。

球麻痺の病理

延髄にあるⅨ(舌咽神経)・Ⅹ(迷走神経)・ⅩⅡ(舌下神経)の運動神経核が両側性に障害

神経支配領域である咽頭、口蓋、喉頭を動かす筋肉の運動が障害

嚥下障害、構音障害、舌の運動障害が生じる

球麻痺の症状の特徴

  • 多くは、同時に口輪筋麻痺、咀嚼筋麻痺も伴う
  • 急性、慢性がある
  • 舌委縮が特徴的所見
  • 呼吸障害、唾液分泌亢進、心調律異常なども起こりえる
  • 固形物の嚥下障害が顕著
  • 左右差がある場合が多い
  • 球麻痺を伴う代表疾患:下位運動ニューロン障害

  • 筋委縮性側索硬化症
  • ギランバレー症候群
  • 多発性硬化症
  • 重症筋無力症
  • 延髄梗塞/延髄出血
  • 仮性(偽性)球麻痺とは (Pseudobulbar Palsy)

    球麻痺の定義、病理、症状の特徴、代表疾患について簡潔にまとめています。

    仮性(偽性)球麻痺の定義

    両側性の皮質脊髄路の障害(上位運動ニューロン障害)

    大脳皮質と下位運動脳神経核を結ぶ経路(皮質核路)の両側性障害により起こる軟口蓋、咽頭、喉頭、舌などの運動麻痺

    仮性(偽性)球麻痺の病理

    皮質脊髄路の障害

    舌咽(Ⅸ) 迷走(Ⅹ) 副(ⅩⅠ) 舌下(ⅩⅡ)の神経支配領域である咽頭、口蓋、喉頭、舌を動かす筋肉の運動が障害

    嚥下障害、構音障害、舌の運動障害が生じる

    仮性(偽性)球麻痺の症状の特徴

  • 構音障害と嚥下障害に、下顎反射亢進、錐体路症状、反射異常を伴うことが多い
  • 舌委縮は起きない
  • 下位脳神経核の多くは両側性支配のため、通常一側性の皮質核路の障害では生じない (大脳皮質性の場合は、片側でも起こりえる)
  • 水様物のむせが顕著
  • 仮性(偽性)球麻痺を伴う代表疾患:上位運動ニューロン障害

  • 多発性脳血管障害(特に前頭葉ラクナ梗塞)
  • 進行性核上性麻痺(神経変性疾患)
  • 脳炎
  • 梅毒
  • 脳腫瘍
  • 「上位運動ニューロン障害と下位運動ニューロン障害」の違い

    上位運動ニューロン(中枢神経)と下位運動ニューロン(末梢神経)の違いの理解は非常に重要です。

    「球麻痺と仮性球麻痺の違い」は、上位運動ニューロン(中枢神経)と下位運動ニューロン(末梢神経)の違いを理解するとてもよい例です。

    以下の記事もご参照ください。

    「上位運動ニューロン障害と下位運動ニューロン障害」の違い
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事