球麻痺と仮性球麻痺の違い 上位運動ニューロン障害と下位運動ニューロン障害

この記事は2分で読めます

“球麻痺と仮性球麻痺”の違い、”上位運動ニューロンと下位運動ニューロン”の違いを説明できますか?

球麻痺と仮性球麻痺の違いについて説明できますか?

“球麻痺と仮性球麻痺”の違い、”上位運動ニューロンと下位運動ニューロン”の違いが理解できます。

この章を読むとあなたは、球麻痺と仮性球麻痺の違いを、解剖生理学構造の観点から理解できるようになり、適切な評価、および対応ができるようになります。

“球麻痺と仮性球麻痺”の違い、”上位運動ニューロンと下位運動ニューロン”の違い

球麻痺、仮性球麻痺とは?

構音障害や嚥下障害の原因疾患として代表的なものが、『球麻痺』ですが、この『球麻痺』についての詳細をよく似た名前の『仮性球麻痺』があります。
球麻痺か仮性球麻痺かの違いは、『上位運動ニューロン』の障害か、『下位運動ニューロン』の障害か、にあります。
問題のある部位が、中枢(上位運動ニューロン)か末梢(下位運動ニューロン)かで症状の実態は異なります。

球麻痺(Bulbar paralysis)
定義

延髄の運動神経核の障害(下位運動ニューロン障害)
延髄と橋にある脳神経の運動神経核の障害によって発語、発生、嚥下、呼吸、循環などの障害を来たすもの

病理

下部脳神経Ⅶ・Ⅸ・Ⅹ・ⅩⅡの運動神経核が、両側性、進行性に障害

嚥下障害
構音障害
咀嚼障害

症状の特徴

・多くは、同時に口輪筋麻痺、咀嚼筋麻痺も伴い、延髄橋麻痺とも呼ばれる
・急性、慢性がある
・舌委縮が特徴的所見
・呼吸障害、唾液分泌亢進、心調律異常なども起こりえる
・固形物の嚥下障害が顕著
・左右差がある場合が多い

代表的疾患

・筋委縮性側索硬化症
・ギランバレー症候群
・多発性硬化症
・重症筋無力症

仮性偽性球麻痺 (pseudobulbar paralysis)
定義

両側の核上性障害(上位運動ニューロン障害)
大脳皮質と下位運動脳神経核である以下の神経核を結ぶ経路(皮質核路)の両側性障害により起こる軟口蓋、咽頭、喉頭、舌などの運動麻痺
舌咽(Ⅸ)
迷走(Ⅹ)
副(ⅩⅠ)
舌下(ⅩⅡ)

症状特徴

・構音障害と嚥下障害に、下顎反射亢進、錐体路症状、反射異常を伴うことが多い
・舌委縮は起きない
・下位脳神経核の多くは、両側性支配のため、通常一側性の皮質核路の障害では、生じない
(大脳皮質性の場合は、片側でも起こりえる)
・水様物のむせが顕著

代表的疾患

・多発性脳血管障害(特に前頭葉ラクナ梗塞)
・進行性核上性麻痺(神経変性疾患)
・多発性硬化症
・脳炎
・梅毒
・脳腫瘍

 

まとめ 

症状は原因にリンクさせて考えることが重要

症状は覚えるものではありません。原因とリンクさせて理解することがとても重要です。
そのためには正常の解剖生理学を理解し、なぜその部分が障害されることによりこの症状が出るのかを導き出せるようになって初めて使える知識(道具)となります。

 

質問受付

個別には返信できませんが、次回以降の内容や、FAQ作成時に反映させていただきます。
できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、率直なご質問ありがとうございます。大変励みになっています。

愛& 感謝!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク