3Dヨガ

3Dストレッチ

理想のくびれを作る正しい腹部ツイスト!【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

ウェストのくびれが欲しいなら絶対にマスターしたいツイスト(上半身ねじり・体幹回旋) 背骨の解剖学構造を正しく理解して、効果的にウエストシェイプや全身機能改善などツイスト効果を120%楽しみましょう。 ツイスト(上半身ねじり・体幹...
3Dヨガ

長坐位・杖のポーズ(ダンダ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

杖のポーズ(ダンダ・アーサナ)は、両脚を伸ばして体幹と下肢でL字になる坐位姿勢で、関節への負担が少なく姿勢を整えたり体幹を鍛える効果が期待できます。 長坐位として知られる基本坐法のひとつでもあり、体幹の強さや下半身筋肉の柔軟性のバロメー...
3Dストレッチ

ハッピー・ベイビーポーズ (アーナンダ・バラ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

ハッピー・ベイビーポーズ (アーナンダ・バラ・アーサナ )は、セルフPNF効果で、股関節内転筋やハムストリングスをはじめ、股関節周囲をストレッチする効果があり、憧れの180度開脚を目指すためにも有効なポーズ。 ストレス解消や疲労回復に効...
3Dヨガ

伸びをする子犬のポーズ (ウッタナ・シショ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

伸びをする子犬のポーズ (ウッタナ・シショ・アーサナ)は、肩や背骨(胸椎)を気持ちよくストレッチし、パソコン作業やスマホなどで凝り固まった上半身を優しく癒せるポーズ。 胸椎と肩周りがしっかりと気持ちよくストレッチできるように、解剖学的構...
3Dヨガ

英雄(戦士)のポーズ 2  (ウォーリアツー/ ウィーラバドラ・アーサナ ) 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

【英雄(戦士)のポーズ 2】は、ヒンドゥー教の三大神のひとり、シヴァ神の化身ヴィーバドラを讃えるポーズ。 流派を問わず人気のヨガポーズで、下半身を安定させて身体の土台作り上半身を解放、あらゆるバランスポーズの基礎になります。 ポーズ...
3Dヨガ

英雄(戦士)のポーズ 3  (ウォーリアスリー/ ウィーラバドラ・アーサナ ) 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

英雄(戦士)のポーズ 3 (ウォーリアスリー/ ウィーラバドラ・アーサナ ) は、背骨や骨盤をニュートラルかつ床と平行に保ち、片脚で体重を支えるポーズなので、強い下半身とブレない体幹が必要です。 ウォーリアワンやウォーリアツーと比べても...
3Dヨガ

肩立ちのポーズ(サルヴァンガーサナ) 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

肩立ちのポーズ(サーランバ・サルヴァンガーサナ)は、肩で全身を支える逆転のポーズで立位とは異なる姿勢保持システムが作用します。 ヨガの女王とも呼ばれ、血流を促進し、甲状腺を刺激し、ホルモンバランスを整える効果もあり、美容、健康効果も高い...
3Dヨガ

頭立ちのポーズ・ヘッドスタンド(サーランバ・シルシャ・アーサナ )効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

頭立ちのポーズ(サーランバ・シルシャ・アーサナ)は、頭頂部と前腕のみが床に触れている逆転のポーズです。 美容効果、健康効果が非常に高く、「アーサナの王」としてヨガを象徴するポーズとしても有名。 腕と肩で全身を支えつつ、プランクのように1...
3Dヨガ

立ち木のポーズ(ヴリクシャ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

【立ち木のポーズ(ヴリクシャ・アーサナ)】は、大地にしっかりと根を張り、真っ直ぐ立つ木をイメージしたポーズで、立位バランスポーズの1番基本です。 脚全体の筋力を引き締める効果が高いですが、上半身に余計な力が入らず静かな呼吸とともにバラン...
3Dヨガ

椅子のポーズ (ウットカタ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

椅子のポーズ (ウットカタ・アーサナ)は、体幹と下半身全体の筋肉を日常で使う筋肉運動パターンで強化できる筋トレ系のヨガポーズ。 安定してコントロールできる身体作りの基礎になります。 ポーズの名称 椅子のポーズ (Chair Po...
3Dヨガ

魚のポーズ (マッツヤ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

【魚のポーズ (マッツヤ・アーサナ)】は、仰向けで寝て胸を押し上げるように背骨を伸展して胸を気持ちよく開くポーズなので、呼吸も深まり、パソコンやスマホをよく使う方はリフレッシュしたい時や寝る前に行うとスッキリします。 凝り固まりがちな胸...
3Dヨガ

バッタのポーズ (シャラバーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

バッタのポーズ (シャラバーサナ )は、うつ伏せから脚を上げて身体を反らす姿をバッタに例えた背面の筋肉を鍛えるポーズで、太ももの裏からお尻の引き締めに効果的です。 上に持ち上げようと腰や首を無理に反らすのではなく、背面の筋肉を収縮させる...
3Dヨガ

スフィンクスのポーズ (サーランバ・ブジャンガ・アーサナ) 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

スフィンクスのポーズ (サーランバ・ブジャンガ・アーサナ )は、大蛇を意味するブジャンガと支えるを意味するサーランバが名前の由来となっている通り、腕の位置を前方にすることで腰椎前弯増強を抑制した状態で胸を開けるため、1番背骨に負担の少な...
3Dヨガ

コブラのポーズ (ブジャンガ・アーサナ )効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

コブラのポーズ (ブジャンガ・アーサナ)は、うつ伏せから身体を反らせる姿勢を大蛇(ブジャンガ)に喩えて名付けられました。 猫背解消や姿勢改善・体幹強化に効果的です。 後屈のポーズの基本的な身体の使い方を学ぶ最適なポーズでもあるので、胸椎...
3Dヨガ

チャイルド・ポーズ(バラ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

チャイルド・ポーズ(バラ・アーサナ)は、普段重力に抗して作用している脊柱起立筋群を緩めてストレッチすることで、腰部の柔軟性を高めることができる代表的なリラックスポーズ。 立位や座位のポーズからスムースに移行できるので、ヨガポーズの間のお...
3Dヨガ

鷲のポーズ (ガルダーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

鷲のポーズ (Eagle Pose)は、骨盤・股関節・背骨・肩周りに重点をおいて全身をバランスよくストレッチするとともに、体幹とバランスを強化出来る難易度の高めのヨガポーズです。 両手と両足をクロスさせるポーズが、木に止まっている鷲を連...
3Dヨガ

ダウンドッグ・下向き犬のポーズ (アド・ムカ・シュヴァナーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

ダウンドッグという名前で親しまれている犬が伸びをしている姿を模したポーズ。 ソフトな逆転のポーズによる高いリラックス効果と足裏から筋肉のつながりを意識した全身ストレッチ効果で心身のバランスが整います。 太陽礼拝にも含まれますし、「休憩の...
3Dストレッチ

背面を伸ばすポーズ・長座前屈(パスチモッターナ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

両脚を伸ばして座った姿勢から骨盤から身体を半分に折るように前屈して、背面全体(背骨周りや脚の裏側)を伸ばすポーズ。 筋膜でひとつのラインになっている頭(顔)〜背中〜脚の裏側全体をリフレッシュさせて柔軟性を高めたり、内臓機能を整え消化機能...
3Dヨガ

安楽座( スカ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

安楽座( Easy Pose)スカ・アーサナ( Sukhasana )はヨガの伝統的な坐法のひとつで、日本では「あぐら」として親しまれています。 比較的簡単に取れる坐法ですが、安定感を保つために全身の筋肉を使うので姿勢調整効果や体幹を鍛...
3Dヨガ

船のポーズ (ナヴァ・アーサナ) V字腹筋 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

船のポーズは、船のように身体を折り曲げてバランスをとることで体幹を強化できるポーズ。 美しい姿勢を保つための体幹力を鍛えましょう! ポーズの名称 船のポーズ (Boat Pose) ナヴァ・アーサナ (Navaasana) ...
3Dヨガ

三角のポーズ(ウッティタ・トゥリコーナ・アーサナ )効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

三角のポーズ(ウッティタ・トゥリコーナ・アーサナ)は、ウェスト周り・ふともも内側の内転筋群・ふともも裏側のハムストリングスなど日常生活ではなかなか意識が向かない箇所やスマホやパソコン姿勢で短縮しがちな大胸筋を効果的にストレッチできるヨガ...
3Dストレッチ

ピラミッドポーズ / 開脚前屈(プラサーリタ・パードゥッターナ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

ピラミッドのポーズ (Wide-Legged Forward Bend)は、立位開脚で前屈ストレッチを行うため、頭の位置が心臓より下になり背面の伸びをしっかり感じられるので、逆転のポーズに類似する高い健康効果を負担少なく実感できます。 ...
3Dヨガ

鋤(すき)のポーズ(ハラ・アーサナ) 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

鋤(すき)のポーズは上半身を逆転させ、首から背中にかけての深いストレッチ効果、腹部内臓・甲状腺機能を高める効果、デトックス効果、若がえり効果の高い人気ヨガポーズです。 3D動画で正しい姿勢やターゲットなる筋肉を理解して安全に行いましょう...
3Dヨガ

英雄(戦士)のポーズ 1  (ウォーリアワン/ ウィーラバドラ・アーサナ) 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

ウォーリアワンは、ヒンドゥー教の三大神のひとり、シヴァ神の化身ヴィーバドラを讃えるヨガポーズのひとつで、敵に向かって敢然と立ち向かう戦士のように勇ましく脚を踏み出すポーズで、心身のエネルギーの高まりが感じられます。 腸腰筋と背中とお腹の...
3Dストレッチ

立位体前屈ストレッチ・ 深い前屈のポーズ (ウッターナーサナ) 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

立位体前屈は、柔軟性を測るためのポーズやストレッチとしてもよく使われる姿勢ですが、ターゲットマッスルや解剖学的構造(筋膜のつながり)を意識することで膝を曲げると身体を前屈しやすくなる理由もわかり、各自の状態に合わせて効果を最大化するポジ...
3Dヨガ

正座・金剛座 (ヴァジラ・アーサナ) 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

「正座」は日本でも古くから親しまれている基本坐法のひとつで、ヨガでは金剛座 (Diamond Pose) ヴァジラ・アーサナ( Vajrasana)と呼ばれます。 脚の前側(大腿四頭筋や前脛骨筋)のストレッチ効果が高く、正しく姿勢が取れ...
3Dヨガ

割り座・英雄座(ヴィラ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

【割り座】は基本坐法のひとつで、ヨガでは英雄座(Hero Pose)ヴィラ・アーサナ( Virasana )としてリラックスポーズのひとつになっています。 お尻の下に踵がある【正坐】と比べ、お尻の横に踵を置く【割り座】は、特に膝関節内側...
3Dストレッチ

片足前屈ストレッチ(ジャーヌシルシャーサナ) 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

片足前屈ストレッチ(ジャーヌシルシャーサナ) は、片脚をあぐらに(股関節外旋)して前屈することで背面(脚の裏側・背中・お尻まわり)を伸ばすポーズ。 筋膜で一つのラインにつながっている背面全体のストレッチ効果や腹部の刺激よる内臓活性効果が...
3Dヨガ

ねじった体側を伸ばすポーズ (パリヴルッタ・パールシュヴァコーナ・アーサナ )効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

ねじった体側を伸ばすポーズ(パリヴルッタ・パールシュヴァコーナ・アーサナ)は、体側を伸ばして更にねじる動作を加えたヨガポーズ。 三角ねじりのポーズに似ていますが、よりひねりの強度が高いので、全身の引き締め効果が高くなります。 ポーズ...
3Dヨガ

三角ねじりのポーズ(パリヴリッタ・トゥリコーナ・アーサナ) 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

三角ねじりのポーズ(パリヴリッタ・トゥリコーナ・アーサナ)は、ヨガの最も代表的なポーズである三角のポーズにねじりを加えているので、ウエストや下半身の引き締め効果が期待できます。 腹部をねじって刺激を与えることにより内臓の働きを活性化させ...
3Dヨガ

半月のポーズ(アルダ・チャンドラ・アーサナ) 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

半月のポーズ(アルダ・チャンドラ・アーサナ)は、太もも周り(内側と裏側)をしっかりストレッチしつつ、全身でバランスを取りながら骨盤周りと体幹強化しつつ、背骨の周り、横腹、胸の広がりを感じるストレッチができるバランスポーズです。 以下のポ...
3Dヨガ

ブリッジ・上向きの弓のポーズ(プウールドヴァ・ダニュラ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

ブリッジ(上向きの弓のポーズ)は、身体前面の筋肉を筋膜のつながりや機能的なつながりにそってストレッチできるポーズです。 特に座り仕事で短縮しがちな股関節屈筋群や猫背で動きにくくなっている胸椎の柔軟性も高められますし、頭も心臓より低くする...
3Dヨガ

上向きの犬のポーズ(ウールドゥヴァ・ムカ・シュヴァーナ・アーサナ) 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

【上向きの犬のポーズ(ウールドゥヴァ・ムカ・シュヴァーナ・アーサナ)】は、上を向いて犬が伸びをしているように胸を押し出すように胸椎を伸展させながら身体の前面をストレッチしつつも筋力強化できるポーズ。 太陽礼拝にも登場するポーズですが、太...
3Dヨガ

ラクダのポーズ(ウシュトラ・アーサナ) 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

ラクダのポーズ(ウシュトラ・アーサナ)は、ラクダのコブのように胸を上に突き上げることから名付けられたヨガのポーズで、胸椎から背骨全体が伸びて胸が開くので、猫背の改善やバストアップに効果的なポーズです。 3D動画で正しいフォームや注意ポイ...
3Dヨガ

弓のポーズ(ダヌラ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

弓のポーズ(ダヌラ・アーサナ)は、身体全体で弓の形を作るように、筋膜のつながりにそって身体の前面をストレッチするヨガポーズ。 交感神経が優位になる筋トレ系ポーズのため、気持ちを前向きにしたい時にオススメです。 反るの腰椎や頸椎ではなく胸...
タイトルとURLをコピーしました