背筋(背中の筋肉)を一覧にまとめました。

人体の大黒柱である背骨は小さな椎骨が積木のように積み重なった構造で、その間を全身の運動を司る脊髄神経が通っています。

身体の軸である背骨を安定させつつ神経を保護するため、背骨の周りにはたくさんの筋肉が層構造になって付着しています。

更に肩関節の運動を制御する肩甲骨周りの筋肉、背面全体を覆いバックライン(背中のシルエット)を作るアウターマッスルがあります。

「若さと健康は背骨から」と言われますが、よい姿勢の基礎になる背骨周りの筋肉と逆三角形がキレイな若々しい背中(バックライン)を作る背筋の解剖学構造(起始停止や作用)を学んで、効果的に筋トレやエクササイズを行いましょう。

背筋(背中の筋肉)

【肋骨挙筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(起始停止や作用)

【肋骨挙筋】は、胸郭背面で胸椎と肋骨をつなぐように走行する小さな呼吸補助筋で、背筋最深層部にあります。 【肋骨挙筋】はについてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。 【肋骨挙筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【肋骨挙筋】は、胸壁後面にある胸椎と隣接する肋骨を繋ぐ12対(C7 - T12)の小さな三角形の筋束の集合体です。 読み方/ふりがな 英語 肋骨挙筋 ろっこつきょきん Levatores Cos...
背筋(背中の筋肉)

【横突間筋(内側横突間筋・外側横突間筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【横突間筋】は、椎骨横突起間を走行する細い筋肉束で、筋紡錘の数が多く脊椎間の動きを感知して運動を調整する背骨のセンサーのような働きをする最深層部にあるインナーマッスルです。 【横突間筋】についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。 【横突間筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【横突間筋】は、内因性背筋群の中で最深層にある筋肉で、椎骨横突起(左右)と直上の椎骨横突起(左右)を繋ぐように走行している細くて短い筋肉です。 【横突間筋】は、全...
背筋(背中の筋肉)

【背筋(背中と背骨の筋肉)まとめ】トレーニングやストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

【背筋】は、背中、ウエスト、肩のバックラインを構成すると共に、背骨を含む姿勢や運動に関与する筋肉と上肢(肩甲骨)や肋骨(呼吸)運動に作用する筋肉を含みます。 背筋の名称(名前)と解剖学構造(起始停止・作用・神経支配)を層構造や役割別に分けて一覧にまとめました。 【背筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【背筋】は、体幹背面部分脊椎全長(後頭部下から骨盤あたり)にわたり存在する筋肉群のことで、背骨や体幹を安定させながら、腕や脚と体幹の協調的な運動に作用して...
背筋(背中の筋肉)

【脊柱起立筋(棘筋・最長筋・腸肋筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【脊柱起立筋】とは、内因性背筋群として背骨の安定と運動に最も面積が広く強力に作用する筋肉群で、「腸肋筋」「最長筋」「棘筋」と3つの縦層構造になっています。 【脊柱起立筋(「腸肋筋」+「最長筋」+「棘筋」)】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。 背骨のS字カーブを維持調整する姿勢筋としても重要なので、普段から【脊柱起立筋】を意識できると首こり・肩こり・腰痛予防にも効果的です。 【脊柱起立筋】とは?どこにあるどんな筋肉...
背筋(背中の筋肉)

【後鋸筋(上後鋸筋と下後鋸筋)】呼吸を補助する肋骨背面の筋肉【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【後鋸筋】は背面肋骨上にある鋸状の筋肉で、呼吸補助や胸郭の安定に作用します。 【後鋸筋】の解剖学構造(作用や起始停止など)をイラスト図解を用いてわかりやすく説明しています。 【後鋸筋】とは?どこにあるどんな筋肉 【後鋸筋】は、胸郭背部の上部と下部で背面肋骨(胸郭)と背骨を斜めつなぐように走行する鋸状の筋肉で、上部を【上後鋸筋】、下部を【下後鋸筋】と呼びます。 後面にある鋸状の筋肉なので【後鋸筋】という名前がついていますが、椎骨棘突起から肋骨に向...
肩関節(肩甲骨)の筋肉

【菱形筋(大菱形筋・小菱形筋)】ストレッチと筋トレのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【菱形筋】とは肩甲骨と背骨の間を走行する外来性の背筋で、猫背になりがちな姿勢を修正したり、懸垂や腕立て伏せ (プッシュアップ)などの自重筋力トレーニングなどで肩甲骨を安定させるなどの役割があります。 【菱形筋】の解剖学構造をイラスト図解で正しく理解して効果的な菱形筋ストレッチと菱形筋筋トレをしよう! 【菱形筋(大菱形筋・小菱形筋)】とは?どこにあるどんな筋肉? 【菱形筋】とは項靭帯および胸椎棘突起と肩甲骨内側縁をつなぐように走行する菱形(四角形)の筋...
筋肉解剖学

【広背筋】筋トレとストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【広背筋】は、肩甲骨の下(脇の下)から骨盤まで背筋下部2/3に広がり、背中の逆三角形やくびれを作っているアウターマッスルです。 【広背筋】の起始停止は、人体構造の要である背骨・肩甲骨・骨盤を含むため、猫背・腰痛・五十肩・姿勢を改善するためにも意識して鍛えたりストレッチをしたい筋肉です。 【広背筋】とは?どこにあるどんな筋肉 【広背筋】は、人体の筋肉の中で一番面積が広い筋肉で、 背中(背部)表面下部を広範囲に覆っています。 背筋群の中でも最も表層...
背筋(背中の筋肉)

【棘間筋(頸棘間筋・胸棘間筋・腰棘間筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【棘間筋】は、椎骨棘突起と直上の棘突起を近接させる作用を持つ背骨のインナーマッスルで、最深層にある小さい筋肉ながら姿勢調整と背骨の安定に重要な役割を果たしています。 【棘間筋】についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。 【棘間筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【棘間筋】は、内因性背筋群の中では最深層部にある筋肉で、「横突棘筋」(多裂筋・回旋筋・半棘筋)の深層内側に位置します。 【棘間筋】は隣接する椎骨の棘突起間を繋ぐ小さな筋肉で、...
背筋(背中の筋肉)

【半棘筋(頭半棘筋・頸半棘筋・胸半棘筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【半棘筋】は、回旋筋や多裂筋の表層、脊柱起立筋の深層に位置し、脊髄の保護・脊柱のスムースな動きに関与する背中のインナーマッスル。 【半棘筋】の解剖学構造をイラスト図解でスッキリ整理して、良い姿勢を保ち、首こり・肩こり・腰痛を予防解消しましょう! 【半棘筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【半棘筋】は、「多裂筋」「回旋筋」と共に「脊柱起立筋群」の内側深層にある背面深層筋のグループである「横突棘筋」に含まれます。 【半棘筋】は付着部位により、更に上部...
背筋(背中の筋肉)

【多裂筋(頚多裂筋・胸多裂筋・腰多裂筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【多裂筋】は、椎骨間をつないで背骨の安定とスムースな動きをサポートする靭帯のような構造の背中のインナーマッスルです。 【多裂筋】解剖図をイラスト図解を使ってわかりやすく説明していますので、正しく効果的な【多裂筋】ストレッチや【多裂筋】トレーニング(筋トレ)を実践して、美姿勢としなやかな動きを手に入れましょう! 【多裂筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【多裂筋】は、「半棘筋」「回旋筋」と共に背面深層筋のグループである「横突棘筋」に含まれ、脊椎(頸椎〜腰...
背筋(背中の筋肉)

【回旋筋(頚回旋筋・胸回旋筋・腰回旋筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【回旋筋】は椎骨間を短い間隔でつなぐように走行するインナーマッスルで、姿勢の保持や運動時に背骨の安定を微調整する役割があります。 【回旋筋】の解剖学構造をイラスト図解でわかりやすく解説しています。 【回旋筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【回旋筋】は背骨外側に沿って椎骨横突起と棘突起間を走行する四角形の深層筋(インナーマッスル)で、多裂筋および半棘筋と共に「横突棘筋」に分類されます。 名前の通り背骨の回旋や伸展運動を起こす作用のある筋肉ですが、...
背筋(背中の筋肉)

【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】ストレッチと筋膜リリースのためのイラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】は、後頭骨から胸椎まで繋がる長い固有背筋浅層の筋肉です。 体重の10%もある重い頭を支えつつ、頭部から脊椎(頸椎・胸椎)のスムースな動きと頸部の生理的湾曲(S字)カーブをサポートし、運動で姿勢が変わっても頭頸部を自然なポジションに戻すように調整する作用があります。 不良姿勢でのスマホやパソコンの長時間使用でコリやすいため、【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】の解剖学構造を理解したストレッチと筋膜リリースで姿勢を整え、首コリ、肩こ...
肩関節(肩甲骨)の筋肉

【肩甲挙筋】肩こり解消ストレッチや筋膜リリースのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【肩甲挙筋】とは、「頭板状筋」「胸鎖乳突筋」「僧帽筋」の下にある細長い筋肉で、「僧帽筋」「菱形筋」「前鋸筋」「後鋸筋」と一緒に肩甲骨運動に作用します。 肩こりの原因筋としても有名な【肩甲挙筋】は、スマホ姿勢やパソコンの長時間使用による猫背、ストレスなどで過剰に緊張しやすく、表層で触れやすい部分にあるので痛みやコリ(いわゆる肩こり)など自覚しやすい筋肉のひとつです。 【肩甲挙筋】解剖学構造を理解した正しいほぐし方(肩甲挙筋ストレッチや肩甲挙筋マッサージ)を日...
肩関節(肩甲骨)の筋肉

【僧帽筋】筋トレやストレッチのための【イラスト図解ででわかりやすい筋肉解剖学(起始停止や作用)】

【僧帽筋】とは、肩甲骨周囲から背中上部と首後面まで菱形状に覆う大きな筋肉で、肩や腕の運動に強力に作用します。 最表層にある【僧帽筋】のコリや緊張状態は見た目でもすぐわかり、僧帽筋盛り上がり、なで肩、いかり肩など肩や首のラインに直接的に影響しますし、【僧帽筋】の鍛え方次第でかっこいいバックラインもデザインできます。 ストレスやデスクワークで緊張してすぐに凝ってしまう【僧帽筋】コリによる肩こりを予防解消したり、僧帽筋盛り上がりを無くすには、【僧帽筋】起始停止な...
背筋(背中の筋肉)

【後頭下筋(大後頭直筋・小後頭直筋・上頭斜筋・下頭斜筋)】イラスト図解わかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【後頭下筋】とは首の後ろの最も深層(骨の近く)にある4つの小さな筋肉(大後頭直筋・小後頭直筋・上頭斜筋・下頭斜筋)の総称です。 【後頭下筋】は、体重の10%も重さがある頭を首後ろから支えて目線の位置を一定に保つ重要な働きをしている首のインナーマッスルです。 スマホの長時間利用などでコリやすく、【後頭下筋】のコリを放置すると、首こり・肩こり・眼精疲労の原因となりますので、解剖学構造を理解したマッサージやストレッチ、筋膜リリースを実践して辛い悩みを解消しましょ...
タイトルとURLをコピーしました