背筋(背中)

背筋(背中)

【多裂筋】ストレッチとトレーニングのための【3D動画でわかりやすい多裂筋解剖図(作用と起始停止)】

【多裂筋】とは、椎骨間をつなぐように走行する固有背筋深層の筋肉で、背骨のスムースな動きを調整する作用があります。 【インナーユニット】後面の筋肉として体幹を安定させる作用もあります。 【多裂筋】とはどこにあるどんな筋肉かよくわかる多裂筋...
背筋(背中)

【脊柱起立筋】筋トレとストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【脊柱起立筋】とは、背骨周りを囲み背骨の安定やスムースな運動をサポートする筋肉群で、固有背筋中間層の筋肉である「腸肋筋」「最長筋」「棘筋」の総称です。 固有背筋群の中でも最も筋肉面積幅が大きい【脊柱起立筋(「腸肋筋」+「最長筋」+「棘筋...
背筋(背中)

【上後鋸筋】肋骨を動かす呼吸筋【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【上後鋸筋】は、首の下あたりの椎骨棘突起・項靱帯から2〜5肋骨に向かって斜め下へ走行している鋸上の筋肉で、横隔膜を補助する呼吸補助筋です。 【上後鋸筋】の解剖学構造(作用や起始停止、筋トレなど)を3D動画を使ってわかりやすく説明していま...
背筋(背中)

【下後鋸筋】ストレッチと筋トレのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【下後鋸筋】は、腰あたりの椎骨棘突起から下位4肋骨に向かって斜め上方へ走行している鋸上の背筋で、胸郭を動かし横隔膜を補助する呼吸補助筋のひとつです。 【下後鋸筋】の解剖学構造(作用や起始停止、筋トレなど)について3D動画を使ってわかりや...
背筋(背中)

【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】ストレッチと筋膜リリースのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】は、後頭骨から胸椎まで繋がる長い固有背筋浅層の筋肉で、体重の10%もある重い頭を支えつつ、頭部から脊椎(頸椎・胸椎)のスムースな動きと頸部の生理的湾曲(S字)カーブをサポートしています。 不良姿勢でのスマ...
背筋(背中)

【上頭斜筋(後頭下筋群)】ほぐし方やストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【上頭斜筋(後頭下筋群)】は、頭の位置と目線を調整する首後面のインナーマッスル。 パソコンやスマホ使用時などの不良姿勢でコリやすく、首こり・めまい・手の痺れなどの原因になるので、【上頭斜筋(後頭下筋群)】の解剖学構造を3D動画を使って理...
背筋(背中)

【下頭斜筋(後頭下筋群)】ほぐし方やストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

下頭斜筋(後頭下筋群)のコリは、スマホが手放せない現代人の悩みである「首こりや眼精疲労」の原因になります。 下頭斜筋(後頭下筋群)の解剖学構造を理解した正しいほぐし方(ストレッチ、マッサージ、筋膜リリース)で辛い首コリや目の疲れを解消し...
背筋(背中)

【大後頭直筋(後頭下筋群)】ほぐし方やストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【大後頭直筋】は、後頭下筋群(固有背筋深層部)のひとつで、体重の10%も重さがある頭を首後ろから支えて目線の位置を一定に保つ重要な働きをしているインナーマッスルです。 スマホの長時間利用などでコリやすく、大後頭直筋のコリを放置すると、首...
背筋(背中)

【小後頭直筋(後頭下筋群)】ほぐし方やストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

小後頭直筋は、後頭下筋群のひとつで環椎や脊髄・脳を取り囲む「硬膜」にも付着しているため、スマホの長時間使用などでコリや緊張状態が長く続くと、首・目・耳をはじめ全身広範囲不調が生じてしまいます。 小後頭直筋(後頭下筋群)の解剖学構造(作用...
筋肉まとめ

【背筋(背中の筋肉)】トレーニングやストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(名前や鍛え方)】

背筋とは背中の筋肉の総称で、背骨、肩甲骨、肋骨周囲のインナーマッスルから背中、ウエスト、肩のラインを作るアウターマッスルまで複数の筋肉が層となって存在して、ボディラインを表現したり、姿勢維持や腕や肩甲骨の運動に作用しています。 背筋の名...
3D筋肉解剖学

【広背筋】筋トレとストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【広背筋】は、肩甲骨の下(脇の下)から骨盤まで背筋下部に広がり、背中の逆三角形やくびれを作っているアウターマッスルです。 【広背筋】の起始停止は、人体構造の要である背骨・肩甲骨・骨盤を含むため、猫背・腰痛・五十肩・姿勢を改善するためにも...
肩関節・肩甲骨

【僧帽筋】筋トレや僧帽筋ストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(起始停止やトレーニング)】

【僧帽筋】とは、肩甲骨周囲から背中上部と首後面まで覆う大きな筋肉で、肩や背中のラインを決めるアウターマッスルです。 【僧帽筋】のコリや緊張状態は見た目でもすぐわかり、僧帽筋盛り上がり、なで肩、いかり肩など肩や首のラインに直接的に影響しま...
肩関節・肩甲骨

【菱形筋(大菱形筋・小菱形筋)】ストレッチと筋トレのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【菱形筋】とは、肩甲骨と背骨の間を走行する肩甲骨周囲筋(インナーマッスル)で、胸を張った「気を付け!」の姿勢筋として作用したり、懸垂や腕立て伏せ (プッシュアップ)などの自重筋力トレーニングでも重要な働きをします。 菱形筋上部の小菱形筋...
肩関節・肩甲骨

【肩甲挙筋】ストレッチや肩甲挙筋リリースのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【肩甲挙筋】とは、僧帽筋上部繊維や小菱形筋と同じように肩をすくめる動作(肩甲骨挙上)に作用する肩甲骨周囲筋肉のひとつです。 スマホ姿勢・パソコンの長時間使用による猫背、ストレスなどで過剰に緊張しやすく、痛みやコリ(いわゆる肩こり)を感じ...
3D筋肉解剖学

回旋筋(腰回旋筋・胸回旋筋・頚回旋筋)【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【回旋筋】は、背骨の周りにある筋肉で一番深層にあり、椎骨ひとつひとつに作用して強い回旋力を発揮します。 姿勢の保持や微調整にも重要で、回旋筋が硬直したり動きが悪くなると椎骨の動きが鈍るため、神経圧迫や椎間板への負担が増加して神経症状の原...
背筋(背中)

半棘筋(胸半棘筋・頸半棘筋・頭半棘筋)【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【半棘筋】は、回旋筋や多裂筋の表層、脊柱起立筋の深層に位置し、脊髄の保護・脊柱のスムースな動きに関与する背中のインナーマッスル。 「胸半棘筋・頸半棘筋・頭半棘筋」と3つに別れている【半棘筋】の解剖学的構造を3D動画で理解して良い姿勢を保...
背筋(背中)

横突間筋【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【横突間筋】は、椎骨横突起の間を走行する細い筋肉束で、筋紡錘の数が多く、脊椎間の動きを感知して運動を調整する背骨のセンサーのような働きをするインナーマッスルです。 【横突間筋】について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。 ...
背筋(背中)

棘間筋【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【棘間筋】は、椎骨の棘突起と棘突起を近接させる作用を持つ背骨のインナーマッスル。 非常に小さい筋肉のため、実際には運動を起こすというよりも背骨の安定した滑らかな動きに貢献している【棘間筋】について3D動画を使ってわかりやすく説明していま...
タイトルとURLをコピーしました