「解剖学」はセルフケアの基礎知識

「解剖学」とは自分の身体の取り扱い説明書(トリセツ)のようなもの。

自分の身体がどんな仕組みでできていて、どうすればどんな動きができて、メンテナンスをどうすればいいか?など、自分の身体を正しく理解することで、健康維持、病気や怪我を予防、理想の身体へのボディメイク、パフォーマンスの改善などあらゆることが正しく効果的にできるようになります。

機能連結

【柔軟性とは?】身体を柔らかくするために重要なこと

「身体が柔らかい」くなりたいとストレッチやヨガに励む人はたくさんいますが、そもそも身体が柔らかさ(柔軟性)とは何か理解して自分に適した効果的なエクササイズができている人はあまりいません。 「身体が硬い」人と「身体が柔らかい」人の身体にはどんな違いがあるのかを、イラスト図解を用いて解剖学と運動学の観点からわかりやすく解説しています。 「柔軟性」を正しく理解することで、自分の身体の柔軟性を効果的に高める方法がわかるようになります。 【柔軟性】とは?柔...
解剖学基礎

筋骨格系の役割まとめ

二本足歩行をする人間が重力に対して安定した生命体構造を維持するためには、筋肉と骨による筋骨格系が軸となります。 まずは、骨と筋肉の基本的な役割について整理しましょう。 骨の役割 人体の骨には以下の役割があります。 人体の柱になる 骨の一番大きな役割は、人体構造の基礎を構築することです。 骨同士がつくる枠組み(骨格)は家に例えると柱であり、骨格を軸として人体の様々な構造や仕組みが構成されています。 臓器を保護する 脳を保護をする頭蓋骨、脊...
解剖学基礎

【生理学】と【解剖学】の違い

生理学と解剖学の違いについて解説します。 生理学と解剖学の定義 生理学と解剖学の違いを説明する前に、まず解剖学と生理学の定義や歴史をそれぞれみていきましょう。 解剖学の定義 「解剖」を文字通り解釈すると、「切り開いて、形状や構造を調べる」という意味になります。 実際に医学部の解剖学授業では、人体などの生命体を部位一つ一つを切り分けて細部まで観察しながら、構造を学んでいきます。 歴史的にはも、生命体を切り開いて、構造を肉眼で観察することか...
解剖学基礎

身体のデザインやメンテナンスの必須知識【解剖学をシンプルに】

解剖学の本質はとてもシンプル。 理想の身体をデザインし、病気や怪我を予防するための必須の知識:解剖学って一体何なのかをわかりやすく説明します。 解剖学は人体の設計図 解剖学は医学を学ぶ学生が最も苦戦する科目のひとつ。 全ての基礎になる膨大な量の情報を理解して覚える必要があるからです。 でも、解剖学の本質はとてもシンプル。 人間が身体がどんな構造でできているのかという身体の設計図の理解が目的です。 もちろん、身体をメンテナンスをする場合の必須知識です。 ...
タイトルとURLをコピーしました