心と身体の健康を守るための知識や考え方をまとめました。

こころとカラダはつながっていて相互に影響を及ぼします。

身体と心の仕組みや構造を理解して、人生100年時代を健康で生き生きと過ごすための知識や考え方をまとめています。

正しいストレッチ

「筋トレ」「ストレッチ」「マッサージ」の違いと効果的な正しいやり方

「ヨガ」「ピラティス」「フィットネス」「有酸素運動」「ラジオ体操」「筋トレ」「痩せるダンス」など何か運動を始めようと思った時にはいろんなエクササイズ方法があります。 更に、運動の前後には「ストレッチ」や「マッサージ」が推奨さています。 それぞれのエクササイズにはどんな目的や効果があり、どんな違いがあるのかを知れば、正しく効果的に実践する方法や自分にあったエクササイズの選び方がかわるようになります。 全てのエクササイズ、運動、体操の共通点 「ヨガ...
健康ダイエット

【腹式呼吸】【胸式呼吸】とは〜やり方や使う筋肉の違いと効果比較

【腹式呼吸】と【胸式呼吸】ってどっちがいいの? 普段無意識に行っている呼吸を意識的に整えれば、体幹を整え、姿勢を整え、ケガ予防、疲労の軽減、精神安定、集中のコントロール効果が期待できます。 呼吸のメカニズムと【腹式呼吸】と【胸式呼吸】の違いについてまとめました。 【呼吸】解剖学〜呼吸の仕組みと役割〜 【呼吸】とは? ヒトは何も食べなくても数週間、水すら飲めなくても数日間は生き延びられると言われていますが、呼吸が止まれば5分ほどで生命維持活動は...
健康ダイエット

呼吸ダイエットで簡単にシックスパックを作る〜ロングブレスダイエットの効果とは?

辛いトレーニング不要!呼吸を意識するだけで効果的な腹筋トレーニングができます。 24時間休まず続ける呼吸へ意識を向けて、くびれたウエスト、凹んだお腹、自慢したいシックスパックやA4腹筋を簡単に作りませんか? 腹筋を鍛える医学的なメリット A4腹筋やシックスパック:人に見せたくなる美しい腹筋作りが注目されています。 美しい腹筋で美しい姿勢を維持できれば、内臓機能が円滑に働くようになり、全身の循環もよくなり、身体にかかるストレス軽減につながるため、ダイエット効果...
病気の教科書

【四十肩(五十肩)】とは?肩こりや腕の上がりにくさとの違い

40代〜50代の肩が腕が上がりにくいとか腕を動かすと痛みがあると「四十肩」とか「五十肩」とか言われますが、これは病名や症状を表す正確な言葉ではありません。 「四十肩」とか「五十肩」とはそもそも何なのか? 年齢とどんな関係があるのか? 肩こりとはどう違うのか? など、肩の痛みや上がりにくさのトラブルを原因別にわかりやすく整理し、予防や対策方法を丁寧に解説します。 【四十肩(五十肩)】とは何? 【四十肩(五十肩)】とは、40代〜50代の...
競技とメンテナンス

痛みには『温める』と『冷やす』どっちが効果的?

『痛み』はとても辛くて不快なので、痛みを伴う症状に対してはできるだけ早く対処をしたいですよね。 痛みの対処法として『温める』と『冷やす』があると思いますが、『痛み』を伴う辛い症状に対して、温めた方がいいのか、それとも冷やした方がいいのかの見極めに関する基本原則や考え方を整理してまとめました。 痛みに対する対処方の原則 腰が痛い 肩が痛い 膝が痛い 足首が痛い 手首が痛い 関節が痛い リンパ節が痛い まず前提として、『痛み』を伴う症状がある時、痛みを感じ...
体温と健康

体温を上げるとほとんどの体調不良が改善する

体温は、健康を示すバロメーターとしてとてもわかりやすい指標です。 かつて細菌やウィルスへの対策が不十分だった時代には高熱=死であり「熱が高いこと」が恐れられていましたが、現代においてはむしろ「低体温」の方が問題になっています。 「低体温」は高熱のようなわかりやすい症状や対処療法薬などもなく、病気として認識されていませんが、現代人の体調不良のほとんどは低体温を解消するだけで改善すると言っても過言ではないくらい注目するべき症状です。 「低体温」がなぜ問題なのか、改善するに...
健康ダイエット

自宅でできる応用加圧トレーニング

芸能人にも人気の加圧トレーニングは専用の設備や環境の整った場所でしかできないので、興味があっても体験できない人も多いと思います。 でも、実は既に多くの人が取り入れている【あのトレーニングや習慣】にも加圧トレーニングと同じ効果を狙った要素が取り入れられているし、加圧トレーニングのメソッドを日常でもできる範囲に応用することは可能です。 ここでは、加圧トレーニングの原理を解説して、加圧トレーニングのメゾットを、リスクの低い、器具を使わずに、自宅でできるトレーニング応用してみた...
健康ダイエット

確実にダイエット効果と成功確率を高める超簡単な3つの方法

ダイエットは頑張ることだと誤解していませんか? ダイエットが成功しないのは意思が弱いせいだと思っていませんか? 次々と登場する「新しい」ダイエットを追いかけ続ける「ダイエット法難民」になっていませんか? 本当のダイエットとは身体の仕組みを正しく知り上手に生かすことなので、脳と身体の仕組みを理解して体重計の数字を正しく読めば簡単かつ確実にダイエットができます。 ダイエットは本来健康になり毎日を生き生き過ごすために行うものであり、我慢してストレスを感じて辛くなるための...
ストレスとメンタル

【筋トレは1番効果的な脳トレ】高齢者の交通事故問題も現代脳疲労も解決できる筋トレとは?

脳トレと筋トレはまったく別のものだと思っていませんか? 筋トレには様々なアプローチ方法がありますが、脳の機能や神経伝達を一緒に鍛える必要があるため【筋トレ=脳トレ】と考えたほうが合理的です。 筋トレと脳トレの関係 近年「脳トレ」ブームでオンラインゲームや書籍でも様々なトレーニング教材が発売されている一方、ボディメイクやダイエットを目的とした「筋トレ」もまたブームです。 脳トレは筋肉に直接アプローチをするものではありませんが、情報を処理しアウトプットするとい...
ストレスとメンタル

こころと身体の健康を支える【腸の働き】

消化や排泄に関わる人体最長の臓器である腸と脳の働きはリンクして全身の健康に大きく影響することがわかってきているため、腸の働きや腸内環境への意識が高まっています。 心と身体の健康を維持するためのキーとなる腸機能と腸内環境について整理してまとめました。 腸の働き 腸の働きは大きく分けて以下の7つ。 消化 吸収 免疫 浄血 排泄 合成 解毒 口から摂取し、唾液や胃で分解された食べ物や水分を、消化・吸収して全身に送ったり、全身から集まった不要なものを排泄す...
嚥下と消化器官

摂食嚥下のメカニズム〜【食べる】5つの工程

「食べる」ことは「生きる」こと。 「人は食べたもので作られる」と言われるほど健康にダイレクトに影響しますし、おいしい食事を誰かと一緒に楽しむことで精神的な安定や豊かな人間関係を育むことにもつながりますし、そしてもちろん日々の楽しみとしても「食べる」ことは欠かせません。 「食べる」を医学的に分解してわかりやすく整理してまとめました。 生きる基本:「食べる」行為のメカニズム 「食べる」という行為は、医学的には【摂食・嚥下】と呼ばれ、以下の5つの工程に分解できま...
脳と神経

感覚の種類と感覚受容器まとめ〜感覚にまつわる雑学を添えて〜

感覚の種類や受容器を一覧にまとめました。 感覚とはヒトが外からの刺激を感じ取る機能のことで、外部からの情報はすべて感覚器官を通して脳に入ってきますので、感覚機能を研ぎ澄ませておくことは人生を豊かに生きるためにとても重要です。 また、【退化しがちな現代人の感覚を研ぎ澄ます方法】、【五感とシックスセンス】、【刑事ドラマの「なんか匂う」が医学的にも的を射た表現である理由】【感覚派と理論派の違い】、など感覚にまつわる雑学もいくつか紹介しています。 感覚とは 感覚と...
健康ダイエット

【足す】から【引く】へ発想を変えると代謝が上がり健康になる

健康状態を改善しようと思った時、一生懸命何かを足そうとしていませんか? その努力が健康状態を悪化させている原因かもしれません。 「やめる」「やらない」引き算の視点が、現代の健康維持、そしてダイエット効果を高める代謝アップに重要です。 日本食にしかない独自視点 日本食が美味しく健康的であるという認識はもはや世界共通ですが、世界の食文化のどこにも見当たらない日本食独自の視点である「引き算の文化」がポイントです。 どの国の料理を見ても、「加える」ことで独自性・美...
ストレスとメンタル

ため息は最高のリカバリーショット!

ため息は酸素カプセルや水素吸入よりも効果的かつ無料のリカバリー&リラックス機能です。 「ため息をすると幸せが逃げて行く」といいますが、これは「悩んでもいいことないよ」というマインド的なアドバイスで、人間の身体的機能側面から考えた時に【ため息】にはものすごく優れたリラックスとリカバリー効果があります。 無料のリカバリー装置であるため息をうまく活用して、毎日をポジティブに過ごしましょう! ため息とは? 人間の身体は自分で意識しなくても働いてくれる優れた防御機能を持...
健康ダイエット

脂肪の役割とよくある勘違い

ダイエットブームの影響で身体の脂肪(皮下脂肪や内臓脂肪)は悪者扱いされることが多いですが、適量の脂肪は身体にとって必要不可欠な存在です。 脂肪の役割を正しく理解して、自分の身体を大切にしつつ効果的なダイエットをしましょう。 人体における脂肪の役割 ダイエットブームで脂肪細胞は悪者扱いされがちですが、脂肪細胞も人体において必要な役割を持って存在する大切な身体の組織のひとつであり、主に以下の3つの役割があります。 脂肪の役割を理解することで、脂肪が皮膚の直下...
病気の教科書

排尿の仕組みと排尿障害〜排尿に関わる器官と神経〜

排尿とは体内の老廃物を尿として体外に排出することで、排尿をコントロールしているのは脳を含めた神経系です。 排尿の仕組みと排尿に関わる器官や神経の働き、排尿の神経経路の問題で起こる排尿障害(神経因性膀胱)について整理してまとめています。 排尿に直接関係する器官 排尿に直接関係する身体の器官は膀胱と尿道です。 【膀胱の働き】は、蓄尿(膀胱伸展)と排尿(膀胱収縮)で、下腹神経・骨盤神経(自律神経:副交感神経)により支配されている不随意(意識に制御されない)運動...
ストレスとメンタル

裁判沙汰になる子供に100%共通する親のある行動とは…〜野村監督も実践していた結果を出す人の育て方

「裁判沙汰になる子供に100%共通することがある」 長年裁判所で、児童の裁判に関わっている方がとても興味深いをことをおっしゃっていました。 100%、つまり全く例外がないということです。誇張でもなんでもなく、100%だと断言していました。 あなたもついやってしまっていませんか? 裁判沙汰になる子供に100%共通する親のある行動 「裁判沙汰になる子供に100%共通すること」とはいったい何だと思いますか? ↓ ↓ ↓ ↓ 答えは、「親が口を出しすぎる」だそう...
競技とメンテナンス

将来スポーツ選手になるためにはできるだけ低年齢から始めた方がいい?

オリンピックに出場したり、プロスポーツ選手になったり、将来活躍するスポーツ選手になるためには、とにかく小さい頃から本格的な練習を始めることが重要だと思っている人は多いかもしれません。 もちろん低年齢から本格的なトレーニングを始めるメリットはありますが、忘れてはいけない重要な視点があります。 幼少期に特殊トレーニングを行うリスク 幼少期から本格的なトレーニングを始めると、経験をより多く積める、変なクセやこだわりがないので伸びやすいなど、メリットはたくさんあり...
病気の教科書

ムーンウォークとロボットダンスの違いからわかる小脳の機能と小脳機能障害

マイケルジャクソンのムーンウォークとロボットダンスの違いは、小脳の働きを理解すると説明できます。小脳の機能と小脳障害によって生じる症状を結びつけて理解しましょう。 マイケルジャクソンのムーンウォークとロボットダンスの違い マイケル・ジャクソンによるパフォーマンスで有名なムーンウォークは、足を交互に滑らし、前に歩いているように見せながら後ろに滑る技法。 とてもしなやかで滑らかな動きが魅力です。 このムーンウォークという美しいパフォーマンスにするには小脳の働きが...
脳と神経

神経は太いほどパフォーマンスが高い【神経の種類・太さ・伝達速度まとめ】

同じことを他の人よりも効率よく確実に行える人を「パフォーマンス」の高い人と呼びますが、パフォーマンスの高い人の身体の中では一体何が起こっているのでしょうか? パフォーマンスの高さを神経の構造から紐解いてみます。 パフォーマンスが高いとは? 人間の活動は、すべて神経細胞同士が必要な情報を互いに連絡しあい、各臓器や器官が適切に働くことで行われていますので、神経を連絡網とするひとつの会社組織のようなものです。 つまり、パフォーマンスが高いとは、脳を中心とする身体...
ストレスとメンタル

成功者に多く分泌されている神経伝達物質とは?3大神経伝達物質とメンタルの関係

【成功者】といわれる社会的に大きな功績を残している人は、ある神経伝達物質の分泌量が非常に多いそうです。 人体の活動は全て脳と神経によってコントロールされていますが、神経を伝って情報が伝達されるためには神経伝達物質が不可欠です。 神経伝達物質の働きとメンタル面(社会での成功にも?)に大きく関与する3大神経伝達物質について整理してまとめました。 神経伝達物質とは 人間の全ての活動は、脳をコントロールセンターとして全身に張り巡らさた神経によって制御されています。...
病気の教科書

脳脊髄液循環~脳を保護する仕組み~

脳脊髄液は脳を保護する仕組みのひとつで、硬い頭蓋骨と柔らかい脳の隙間を埋めるように存在することで、脳自体に栄養を与えながら緩衝材の役割も果たしています。 脳脊髄液の仕組みと循環障害(水頭症)について整理してまとめました。 脳脊髄液は脳を守るクッション 人体のあらゆる情報を統合して生命活動を統括する脳は、頭蓋骨という硬く丈夫な空間に大切に収められていますが、柔らかい脳が傷付かずに安定して仕事ができるように、頭蓋骨内には他にも脳を保護する仕組みがたくさんありま...
眼と視力

コンタクトやレーシックに頼らない本当の視力回復法【視力の仕組みとよくある勘違い】

モノは目で見ているのはありませんし、視力はメガネ・コンタクト・レーシックでは回復しません。 【モノを見る仕組み(視力)】【視力低下の原因】【人生を豊かにする視力回復方法】について整理してまとめました。 視力が良い方が人生が楽しい 人は80%以上の情報を視力から得ていますので、視力次第で日常生活のパフォーマンスは大きく変わりますし、スポーツなど動きながら多くの情報を処理しなければならない場合は視力低下は大きなデメリットになります。 更に、視力が低下すると遠く...
ストレスとメンタル

こころの病気(精神疾患)は脳の障害〜心と身体のつながりを意識して健康維持

【病は気(心持ち)から】と昔から言われていますが、心と身体が密接に繋がっているということは現代医学でも説明ができます。 なぜなら、心も体も人間のあらゆる機能の司令塔は【脳】であり、私たちの考え・行動など活動全てが脳で制御されているからです。 統合失調症を例に心の病とも呼ばれる精神疾患についてと、心の病を予防するために大切なことについて整理してまとめました。 精神疾患(心の病・精神病)とは 精神疾患は、心の病と言われることもありますが、脳の正常な働きが何らか...
脳と神経

中枢神経(脳・脊髄)血流の仕組み

人間のあらゆる活動の司令塔として24時間365日休まず働く脳と脊髄(中枢神経)は膨大なエネルギーを消費するため、常に安定した血流が必要です。 脳や脊髄にエネルギーや酸素を供給し、活動に際して生じた老廃物を受け取り運んでくれる経路となる中枢神経を栄養する血流の仕組みについて整理してまとめました。 脳や脊髄(中枢神経系)に大量の血液が必要な理由 脳の重量は体重のわずか2.5%なのに(55kgの人なら約1,400g程度)、脳への血流量は心拍出量の約20%を占め、...
病気の教科書

意識障害鑑別方法〜原因、症状、回復、種類(分類)や評価方法も!

「意識」は私たちの意図的な活動の前提となる脳機能です。 意識が正常な状態と意識障害の判別、意識の程度を客観的に状態を把握できる評価(指標)について整理してまとめました。 意識がある状態とは 「意識」がある状態は以下のように定義できます。 目を覚ましていて 外からの刺激に何らかの反応を示し その刺激を正しく認識して 適切に対応することができ その時の行動を覚えている 意識の中枢と仕組み 意識の中枢は、大脳皮質と上行性網様体(橋上部~中脳にかけての...
ストレスとメンタル

不安の多い人生100年時代を生き抜く思考の鍛え方

100年に一度と言われる「コロナウィルス」の蔓延は年単位の戦いになり、世界中で働き方を始めとする生き方そのものを大きく変える必要性に迫られています。 人生100年時代を健康で豊かに過ごすためには、物理的に健康な身体を維持するだけではなく、時代の変化に柔軟に対応していく思考(考え方)も不可欠です。 生きている限り休まず働く脳のネットワークの特徴を理解して身体のと同じように鍛える意識を持てば、変化や不安の多い時代でも心を強く持って賢い選択や決断をして豊かに生きられるようになり...
ストレスとメンタル

不機嫌な高齢者が急増!【脳の老化と幸福度の関係】〜世界幸福度ランキングで日本は?

怒りっぽい高齢者やキレるお年寄りのニュースや体験談をよく聞くようになりましたが、高齢者は本当に若者よりも起こりっぽいのでしょうか? 脳の仕組みや年齢による変化、社会の仕組みなどからその真相を紐解いていき、キレやすい高齢者への適切な接し方や、最近イライラして怒りっぽくなっていると感じる人が脳機能を高めて幸福度をあげる生活のポイントを整理してまとめました。 高齢者の不機嫌が増加している 日本の高齢者の傷害及び暴行の検挙人員は、この10年ほどで急増していて、65...
健康ダイエット

良い習慣貯金で年齢に負けない身体作りをしよう!

気に入らない太めの体型、肩こり・首こり・慢性的な体調不良、気になる肌荒れやニキビ、薄毛や白髪....年齢や遺伝のせいにして改善する努力を諦めていませんか? いくつになっても、どんな人でも、「自分は変われる!」 と自信と確信を持てるような医学的根拠をお話します。 今の健康・美容状態に老化や遺伝の影響はほとんどない もういい歳だから...遺伝だから...家系で仕方ない.....と言い訳をしていませんか? 年齢を重ねると、老化でどんどん見た目が変わり、健康状態...
ストレスとメンタル

「身体は間違えない」という前提で自分の生活を見直してみよう!

カラダは間違えない。 間違っているのは「生き方」のほう。 身体は常に正直にSOSを出しています。 身体の声を素直に聞けるようになると、辛さの原因をみつけて対処し健康になると同時に生きることがより楽に楽しくなります。 今の生き方、辛くないですか? 今、自分の生き方に満足していますか? この質問に自信を持って、「はい」と言えないあなたはきっと身体にも何か健康上の問題が出ているはずです。 肩こり・腰痛・ひざ痛・便秘・肥満・眼精疲労・疲れが取れない・元気が出ない...
健康ダイエット

別腹だって楽しめる!食事を変えると人生が変わる(栄養学不要!)

食事は健康・美容だけでなく人生にダイレクトに影響しますが、実態のない机上計算だけの栄養学に偏るのは危険です。 医学的にもその存在が確認された別腹だって楽しめる、人生を豊かにする食事の考え方をまとめました。 人は食べたもので作られる あなたの身体はあなたが食べたものから作られています。 身体の細胞ひとつひとつも生きていますので、あなたが食べたものから栄養を摂取し、あなたが生きるとための仕事を毎日休まず行い、役目を終えると新しい細胞にその仕事を引き継ぎ、老廃物...
脳と神経

お母さんのお腹の中で赤ちゃんができる過程から理解する人体の構造

私たちはみんなお母さんのお腹の中から生まれてきます。 受精した卵子が人間の身体になるまでの過程を理解すると、健康管理に重要なものもよくわかります。 受精から生まれるまでの過程 私たちの命は精子と卵子が結合することろから始まります。 卵子に精子が突入し受精が行われ、受精卵は細胞分裂を繰り返しながら次第に大きくなっていきますが、その過程で細胞が集まって「組織」になり、組織が集まってある動きを始めると「器官」と呼ばれる脳・神経・筋肉・骨・心臓・内臓などができます。 各器官...
眼と視力

スマホ時代の正しい眼精疲労・近視対策

多くの現代人が悩んでいる眼精疲労や視力低下(近視・乱視)の本当の原因を理解して、効果的に改善・予防しませんか? 正しく眼精疲労対策をすれば、老け顔・クマ・疲れ顔も解消して、生き生きとした毎日が送れます。 眼精疲労の本当の原因 スマホは片時も手放せないし、仕事にはパソコン作業が必須。 【眼精疲労】はそんな現代人に共通する悩みのひとつ。 目が疲れているだけでも、視力は低下しますし、顔の印象も疲れて老けて見えますし、クマやたるみの原因にもなるので、眼精疲労やアイ...
病気の教科書

【アレルギー】のメカニズムと根本解消法

現代病ともいわれ、近年急速に罹患者が急増している【アレルギー】 医療系や飲食関係だけでなく、美容院などでもアレルギーの有無を確認されますし、食品にはアレルギーの可能性のある原材料はきちんと明記されています。 花粉症は、罹患していない人を探す方が難しいくらい現代【アレルギーの代表】です。 根本的な【アレルギー】解決法を見つけるために、そもそも【アレルギー】とは何なのかについて整理してまとめました。 アレルギーは自分で自分を壊す病気 花粉症 食物アレルギー...
脳と神経

反射の種類とみかた【命を守る迅速な神経回路の仕組み】

「反射神経が良い」とか「反射的に逃げた」とか反射という言葉は日常生活でも使われますが、医療の現場では、膝蓋腱反射や対光反射など【反射を神経学的検査】としてみます。 『反射』のメカニズムと種類を整理してまとめました。 ちなみに、「反射神経」という神経はありません。 反射の定義 反射とは、生体に与えられる刺激(痛み・摩擦・光など)を感受し、それに対応して生体が示す一定の反応のことです。 反射をみる検査は、比較的簡単に行えて、意識にコントロールされない反応とし...
体温と健康

【酷暑と冷えすぎが同居する夏】を健康的に乗り切る方法

地球温暖化で毎年深刻化している【熱中症】問題に加えて、【冷房病】という冷え問題もある過酷な夏。 年々平均気温は上昇して猛暑が続く期間も長くなり、外の暑さにバテてしまうだけでなく、冷房がききすぎた室内との温度差や冷えにより体調を崩す人も増えていて、夏を上手に過ごすことが難しくなってきています。 【酷暑と冷えすぎが同居する現代の夏】を健康的に乗り切る正しい方法について整理してまとめました。 熱中症とは? 熱中症とは【暑さや激しい運動などで、体温の調整が困難な状...
血液と循環

血液と血管が作る血流の役割

血液は全身に張り巡らされた血管という専用通路を使って、細胞や臓器に必要な様々な物質の運搬を担う全身をめぐるライフラインです。 血液のめぐりが良いと健康で冷え性、むくみ、肩こりや関節痛、肌荒れなどの悩みが起こりにくくなります。 全身をめぐる血液と血液の通り道となる血管の仕組みと血流を改善する効果的な方法について説明します。 血流(血液の流れ)とは? 血流とは血液の流れのことで、心臓から始まり心臓に戻る血管という全身に張り巡らされた専用通路内をめぐる血液の流れ(...
競技とメンテナンス

野球選手の「お尻が大きい」理由 

プロ野球キャンプに参加して実感した【野球選手のお尻が大きい理由】を医学的に解説します。 プロ野球選手を目前に改めて実感 あるプロ野球球団のキャンプのお手伝いをしたことがあるのですが、その際に改めて実感したことがあります。 野球選手のお尻って「大きい!!」 選手の身長が高いため、自分の目線が野球選手のお尻のあたりになる、いうこともあるのですが、少し離れたところから見ても、まず目が行かざるを得ないほど大きいのです。 TVなどでみていてもわかるくらいなので...
病気の教科書

脳ヘルニアとは〜種類、症状、兆候、余命、回復などの簡単まとめ

「脳ヘルニア」は、何らかの病変や原因により局所的に頭蓋内圧が亢進した結果、脳の一部がゆがんだり偏倚したりする状態(組織が正しい位置からはみ出した病態)で、中枢神経系の正常な構造に影響を与えるため、重篤な神経障害や意識障害をきたします。 【頭蓋内構造】と【脳ヘルニアが起こるメカニズムと特徴的な症状】について整理してまとめました。 頭蓋内の基本的構造 硬い頭蓋骨に囲まれた頭蓋内腔(頭蓋内のスペース)には、脳実質、脳を包む膜(軟膜・くも膜・硬膜)、血液、脳脊髄液が存在...
病気の教科書

【脳腫瘍】【脊髄腫瘍】とは〜中枢神経に腫瘍ができる原因、症状、治療法、余命などまとめ

中枢神経(脳と脊髄)系に発生する腫瘍の【分類】【症状】【検査・診断・治療】について整理してまとめました。 人体の司令塔である脳と脊髄(中枢神経系)に影響する範囲に腫瘍ができると、生命維持や身体機能の制限や停止に直結するため、早急な対応が必要です。 腫瘍とは 腫瘍は身体の表面や体の中に発生するかたまりの総称で、良性・悪性、生まれつきのもの(先天性)・生まれてからできるもの(後天性)、形状も平らなものや盛り上がってくるものなど様々な種類があります。 世界最大の腫瘍...
病気の教科書

中枢神経(脳と脊髄)の炎症性・化膿性疾患の症状や治療法などのまとめ

中枢神経(脳と脊髄)の炎症性・化膿性病変の【原因・症状】【検査・診断】【治療・予後】について整理してまとめました。 【髄膜炎】【ウィルス性脳炎】【亜急性硬化性全脳炎】【進行性多巣性白質脳症】【ヒトTリンパ球向性ウィルス脊髄炎】【神経梅毒】【脳膿瘍】 髄膜炎 髄膜炎は、脳を覆う硬膜・くも膜・軟膜のうち最外層に位置して頭蓋骨と接している硬膜を除く部分に対する病原体(ウィルス・細菌・真菌・スピロヘータ属)の侵襲により引き起こされる炎症性の疾患で、重篤な機能障害を...
病気の教科書

多発性硬化症とは〜症状、治療、診断基準、進行速度や余命など簡単にまとめ

多発性硬化症は、神経細胞の軸索を覆っている「ミエリン」が障害(脱髄)される疾患で、【難病】に指定されています。 多発性硬化症の【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療・予後】について整理してまとめました。 多発性硬化症の由来 多発性硬化症は、亡くなった患者さんの脳や脊髄を手で触ると固く感じるような病変が多数あることからこの病名がつけられたそうです。 英語では、Multiple(多発する)Sclerosis(硬化)と表現され、頭文字をとってMS(エムエス)と呼ば...
病気の教科書

プリオン病とは〜脳みそを食べるとどうなる?原因や症状、感染予防ガイドライン

プリオン病とは、大脳や小脳などの中枢神経系に異常なプリオン蛋白が蓄積して脳機能が障害され、脳組織の海綿(スポンジ)状変変性を特徴とする疾患群です。 社会問題として広く認知された狂牛病と呼ばれる牛海綿状脳症(BSE)、人間に発症するヒトプリオン病としてクロイツフェルト・ヤコブ病(CDJ)などが代表的な疾患です。 プリオン病について整理してまとめました。 プリオン病とは プリオン(Prion)とは、蛋白質性感染粒子(proteinaceous infectious ...
病気の教科書

AIDS(エイズ)とは〜特徴、エイズ感染経路や感染率、潜伏期間と初期症状、HIVとエイズの違いなど

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が適切に治療されないことが原因で生じる、後天性免疫不全症候群(エイズ・AIDS)の【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療・予後】について整理してまとめました。 後天性免疫不全症候群(エイズ)とは 後天性免疫不全症候群(エイズ・Aids:Acquired immune deficiency syndrome)は、レトロウィルスに属するヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染後、適切な治療がされなかったために免疫機能が低下し、健康で...
病気の教科書

【重症筋無力症】とは〜初期症状、禁忌、原因、治療、予後、リハビリ、ALSとの違い

重症筋無力症は、神経と筋肉が接する場所(神経筋接合部)の障害により、神経から筋肉への指令が伝わりにくくなるため、筋肉に力が入らなくなったり疲れやすくなったりする病気です。 重症筋無力症について、【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療・予後】を整理してまとめました。 重症筋無力症とは 重症筋無力症は、脳からの指令を筋肉に伝える末梢神経と筋肉のつなぎ目(神経筋接合部)において、筋肉側の情報受信機である受容体が自己免疫が原因で破壊されてしまう自己免疫疾患です。 ...
病気の教科書

【ミオパチー】とは?顔貌、症状、寿命など【ニューロパチー】との違いは?

【ミオパチー】は、筋肉自体に原因があって起こる骨格筋疾患の総称で、全身全て合わせれば人体最大の臓器になり、あらゆる活動(運動)に不可欠な筋肉がやせたり、力が弱くなっていく筋肉の病気です。 筋肉の機能に影響を及ぼす疾患には、【ミオパチー(筋原性)】の他に、神経原性または神経筋接合部の原因による疾患もありますが、それらとの違いも含めて整理してまとめました。 筋肉の病気の原因 筋の病気の原因を大きく分類すると、筋自体に原因があるもの、筋を動かす作用を持つ神経系に...
病気の教科書

【病理学】とは?病気が発信する異常サインから病気が見えるようになる勉強法

病理学は病気の原因や発生機序を明らかにしていく学問で、正常の身体の構造や仕組みを理解した上で病理学を学べば、病気のサインに早く気がつけるため、早期に適切な対処ができます。 病理学と正常の人間の仕組みを学んで、病気が発信する異常サインを正しく読み取り、病気の予防や早期改善に役立てましょう! 病気はサインを送っている 病気は、あるとき突然やってくる訳ではありません。 ほとんどの病気では、ごく初期の段階からあなたの身体を通じて【異常のサイン】を送っています。 病気が発...
病気の教科書

脳性麻痺とは?先天異常とは?原因、症状、種類、リハビリ、赤ちゃんから大人までのリハビリなど

先天異常(出生前に要因あり)、出生前後の障害、および新生児(生後4週間以内)までの間に生じた障害についての概要と、疾患例として【ダウン症候群(21トリソミー)】【二分脊椎(脊柱管閉鎖不全症)】【分娩損傷】【脳性麻痺】の概要を整理してまとめています。 先天異常とは 先天異常とは、出生前に要因があり、出生時すでに存在する機能あるいは形態異常の総称で、先天性神経疾患、先天性筋疾患、血液疾患、免疫異常、先天性代謝異常、先天奇形などがあり、乳幼児期からの発達や成長に応じた総...
脳と神経

記憶力をあげる方法 〜「記憶にございません」の真相を脳科学で説明

そもそも積極的に「忘れる」仕組みになっている脳を理解し、嫌なことや不要なことだけ忘れて、本当に必要なことだけを効率よく記憶する【記憶力を高める脳科学に基づく効果的な方法】を整理してまとめました。 記憶は3種類 生物学的・脳科学的に記憶は3種類に分類できます。 【感覚記憶(感覚情報保存)】:目・耳・鼻・皮膚などの感覚器官から常に得ている膨大な感覚情報のうち、特に意識していないために1秒程度で消滅する記憶 【短期記憶・ワーキングメモリー(作業記憶)】:特定の...
体温と健康

「手が温かい人は心も温かい」理由を医学的に解説

「手が温かい人は心が冷たい」または「手が冷たい人は心が温かい」と言われることがありますが、医学的には「手が温かい」人は「心が温かい」確率が高いと言えます。 「手の温かさと心の温かさの関係」と「手が温かいことのメリット」を医学的に考えます。 手と心の温度に関係はあるの? 手と心の温度を結び付けて表現されることがよくあります。 「手が温かい人は心が冷たい」 「手が冷たい人は心が温かい」 「手が冷たい人は心が冷たい」 「手が温かい人は心が温かい」 ス...
眼と視力

眼科医がコンタクトを止めた理由 

最前線で働く眼科医がそれまで使っていたコンタクトレンズの使用を止めました。コンタクトレンズは医療機器なので、眼科医の処方がなければ使えません。コンタクトレンズを処方する立場の眼科医が自身でコンタクトレンズを使うことを止めた理由は一体何だったのでしょうか? 視力低下→メガネ→コンタクトレンズ 今も眼科の最前線で働く眼科医から聞いた話です。 コンタクトを装着するようになるまでの経緯は、ごくごく一般的。よくある話です。 小学生の頃から目が悪くなり(近視)、メガネを...
競技とメンテナンス

清原和博選手にケガが多かった理由からわかる筋肉の正しい鍛え方

清原選手に怪我が多かった理由は筋肉の鍛え方に問題があったからだと言われていますが、その問題とは一体なんだったのでしょうか? 筋肉は鍛え方次第で見た目も運動機能もデザインできます。ただし、目的にあった筋肉にデザインするには正しい解剖学や運動学の知識が必要です。 鍛えた筋肉が邪魔をした? 元野球界の番長と呼ばれた清原和博選手は、アメリカ大リーグの選手にもひけをとらないほど立派な筋肉を持っていることでも有名でしたが、ケガが非常に多い選手でもありました。 日本人であ...
病気の教科書

【中枢性麻痺と末梢性麻痺】上位運動ニューロンと下位運動ニューロンの違い~ 

中枢性麻痺(上位運動ニューロン障害)と末梢性麻痺(下位運動ニューロン障害)に大きく分けて運動麻痺を分類しています。上位運動ニューロンと下位運動ニューロンの違いと合わせて整理しましょう。 運動麻痺は損傷部位や損傷の仕方によって症状の出方が異なりますので、症状から損傷部位をある程度特定する事も損傷の状況から症状を予測することも可能です。 中枢性麻痺と末梢性麻痺 意識・無意識に関わらず、すべての活動は中枢神経系(脳・脊髄)に制御され、伝達役である末梢神経(運動神...
ストレスとメンタル

【社会的時差ボケ】を解消!スッキリ目覚めて充実した1週間にする方法

「週末にしっかり寝ているはずなのに疲れが抜けない」「いつも忙しい割りに仕事が捗らない」と感じているなら、1週間のスケジュールの組み立てに問題があり、【社会的時差ボケ】になっているかもしれません。 人間の生体リズムに合わせて朝気持ちよく目覚め、充実した1週間にする秘訣を紹介します。 社会的時差ボケとは 社会的時差ボケとは、生活リズムの乱れによって海外旅行の時の時差ぼけのような状態になってしまい、頭がスッキリしなかったり、日中眠くなったりして、仕事、勉強、日常...
病気の教科書

脳卒中とは?【脳血管障害の症状と原因部位】

『脳卒中』とは脳血管障害を総称した通称で、大きく【脳出血】と【脳梗塞】の2つに分類できます。 脳血管障害の原因や症状の特徴について整理してまとめました。 脳血管障害の分類 脳血管障害(脳卒中)は大きく以下の2つに分類できます。 出血性疾患(脳出血) 出血性疾患(脳出血)は、脳を栄養する血管がなんらかの原因で切れて脳組織内で出血し、破れた血管に栄養されていた脳部位に血流が不足することや出血で組織が圧迫されることで、脳の機能障害が生じる病気で、高血圧性脳内出血や...
病気の教科書

大脳基底核の役割とパーキンソン病【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療】【予後】

パーキンソン病について【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療】【予後】と5つの観点に分け、キーとなる大脳基底核の役割とともに説明しています。 パーキンソン病の【症状】 1817年にイギリスのジェームス・パーキンソンという医師がこの病気を「振戦麻痺」として発表したことに由来して名前がついたパーキンソン病の【症状】について概要を説明します。 好発年齢 好発年齢は40歳以降。遺伝性で20歳代から発症するレアケースも報告されています。 ...
病気の教科書

【身体を折り曲げると楽になる腹痛】と【ならない腹痛】の違い

お腹が痛くなると【お腹を抱えて身体を折り曲げた姿勢】になりますよね。 でもなぜ私たちは、お腹が痛くなると自然と身体を曲げるんでしょうか? 身体を曲げてみたら少し腹痛がおさまる....試行錯誤の上得た経験が意識的・無意識的に記憶にあるのでそうするのだと思いますが、身体を曲げてみてもどうにも楽にならない腹痛を経験したことがある人もいると思います。 身体を折り曲げると楽になる腹痛とならない腹痛の違いはどこにあるのでしょうか? 身体を折り曲げると楽になる腹痛 食...
病気の教科書

【頭痛の特徴と原因】【現代人に最も多い頭痛と正しい解消法】

頭は身体の司令塔である「脳」が収まっている人体の中でも最も重要な場所のひとつ。 そして、「頭痛」は、脳卒中(脳出血・脳梗塞)など重篤な病気のサインでもあるので、どうしても過剰に心配になってしまいますよね。 実際、脳神経外科を訪れる患者80%の主訴は「頭痛」ですが、手術が必要な重篤な病気である場合はそのうちの5%以下で、現代人が悩む頭痛のほとんどが頭とは直接関係ないことが原因で起きています。 少し予備知識があれば、過剰に不安になったりすることなく適切に対処できるようにな...
病気の教科書

【レントゲン】【CT】【エコー】【MRI】画像診断比較(長所・短所)

病気やケガの診断、腫瘍や病変の早期発見などに重要な役割を果たす画像診断の仕組みや特徴にを整理。 【レントゲン(X線)検査】【エコー(超音波検査)】【CT(コンピューター断層撮影)】【MRI(磁気共鳴画像法)】の仕組みと長所・短所をまとめています。 レントゲン検査(エックス線)の特徴 レントゲンの仕組み X線で体の中の構造を確認する一番古くからある画像診断。 身体の組織のうち骨のようにX線が通り抜けにくいところほぼ白く写る、という性質を活用して画像の濃淡から体...
血液と循環

血圧の仕組み〜【健康寿命】を伸ばして2025年も元気な日本へ

多くの高齢者が問題視する【高血圧】を改善するために必要なのは【降圧剤】ではありません。 血圧の仕組みを正しく理解して【高血圧】を予防改善し、【健康寿命】を伸ばしましょう。 寿命よりも【健康寿命】 日本国の経済を大きく圧迫している「医療費」の中でも特に大きな比重を占めるのが高齢者を対象とする介護費用を含む保険医療費で、その額は国内総生産(GDP)の1割(先進国の平均以上)を超えています。 医療技術が発達して新生児の死亡率や病気や怪我になった場合の死亡率も大幅に...
血液と循環

【肉体年齢】を決める水分量の真実〜筋肉も骨もほとんどが水分!

肉体年齢を決める重要な視点のひとつとして体内の70%を占める水分に注目する必要があります。 水分量が多いほど若い印象を与えるのは、赤ちゃんとお年寄りの肌を比較すると容易にイメージがつくかと思いますが、人体の約7割が水分というのは知識としては知っていても、人体の6割近くを占める骨や筋肉などが水分のイメージと結びつきにくく、いまいちピンとこない人が多いと思います。 体内の水分量が70%であることと、なぜ若さに影響するのかいうことをわかりやすく整理してまとめました。 ...
ストレスとメンタル

年齢を重ねるほど早く過ぎ去ってしまう1年を充実させる方法

アッという間に過ぎていく1年、そして年々その1年が短く感じる....と感じることはありませんか? 1年はいつも同じ365日なのに、なぜ年齢を重ねると1年が速く過ぎ去るように感じるのでしょうか? 日々を充実させて、毎年「良い1年だった」と振り返れるように、年齢を重ねると時間が早く感じる理由と健康で充実した1年を送るコツをまとめました。 ジャネーの法則:「時間の心理的長さは年齢に反比例する」 年々加速するように感じる月日の経つ速さは、19世紀にフランスの心理学...
脳と神経

シナプスとは?人体の連絡網「神経」の構造

人体の司令塔である『脳』は神経の集合体で、人体はコントロールセンターである脳と各身体パーツを神経でつないでいるひとつの巨大なネットワークシステムのようなもの。 各器官が神経を通じた【報・連・相】で協力し合って、ひとつの生命体(あなた)を作り上げています。 そんな人体の連絡網である神経を細胞レベルまで分解し、神経伝達を理解する上で重要な【ニューロン、シナプス、神経伝達物質】について整理して説明します。 神経は人体をめぐる情報の配達屋さん 情報の伝達【報・連・...
脳と神経

バランスを調整する身体機能【まとめ】

人体におけるバランスとは単純な平衡機能ではなく、運動を円滑に行うすべての調整機能を含みます。 バランスに関与する器官と機能についてまとめました。 5つのバランスを司る器官と役割 バランス機能を司る器官は大きく分けて以下の5つの脳部位です。 バランス能力は運動機能ですが、脳の機能を高めることでバランス能力を向上させることにつながるので、バランスを鍛えるということは脳力を総合的に鍛えるということとも言えます。 位置覚(深部感覚) 位置覚(深部感覚)と...
病気の教科書

めまいはなぜ起こる?原因別対処法まとめ

めまいやフラフラ感は日常のちょっとした変化(寝不足や血糖値の低下など)でも起こり得る症状ですが、重篤な病気(脳血管障害など)の症状である場合もあります。 めまいが起こった際に原因別に適切な対応ができるか否かは非常に重要なので、めまいの種類と起こり得る原因について整理しました。 めまいとは 「めまい」とは頭や体の位置を認知する機能の一部が障害されて起こる症状で、自分自身や周囲が動いていないにも関わらず、バランスを保つ三半規管などの異常により動いているような違...
病気の教科書

薬をサボったひとほど治りが早い?

病院で処方されるお薬が欲しくてお医者さんにいく人も多いと思いますが、気がつけばどんどん薬の種類が増えていて、薬なしでは不安で仕方なくなっているのに症状は良くならなずになんかおかしいな...と思ったことはないですか? 薬局で買えて常用しやすい頭痛薬や湿布薬にも違法ドラックと同じように中毒性と恐ろしい副作用があるのでむやみな利用は危険です。 治療薬と違法ドラックの違い お医者さんで処方される薬は治療という明確な目的があり合法ではありますが、根本的に身体の中で起...
ストレスとメンタル

現代人の体調不良の原因は脳のキャパオーバー?【正しい3つの脳疲労対策】

その辛さの原因は脳疲労かもしれません.... インターネットの普及により、いつでもどこでも情報が手に入り、世界中の誰とでもコミュニケーションをとったり仕事もできるようになりました。 農業や一次産業が主体だった時代と比べると、肉体的な負荷(疲労)は大幅に減っている(むしろ運動不足でマイナス)のですが、反比例するように脳への負荷が増大しているのが現代の特徴です。 そして脳への過負荷が原因で、睡眠障害・うつ病・花粉症・アトピー・アレルギー・慢性的な内臓疾患などに悩まされ、病...
ストレスとメンタル

お酒でよくある勘違い〜お酒は身体を冷やす飲み物?寝酒も注意!

「お酒を飲むと身体が温まる」「夜お酒を飲むと熟睡できる」 これはお酒にまつわるよくある勘違いTOP2で、実際お酒は身体を冷やすし熟睡も妨げます。 なぜ多くの人はこの勘違いをしているのか、そして実際身体の中ではどんな変化が起こっているかを理解して、お酒ともっと上手に付き合えるようになりましょう。 お酒を飲むと身体が温まる? 寒い冬の夜は「お酒でも飲んで温まろうか?」 そんな声がどこからともなく聞こえてきます。 酔っぱらうと服を脱ぎたくなってしまう人も多いよう...
睡眠と疲労回復

生産性をあげたいならまず眠れ!〜日本の睡眠不足による経済損失は3兆円超!

睡眠不足による日本の経済損失は3兆円超というデータが出ています。 仕事が忙しかったり、資格取得のために勉強を頑張っていたり何からの理由で一時的に睡眠を犠牲にせざるをえないことは誰にもありますが、仕事の生産性を向上させるために睡眠を犠牲にするのは逆効果ということに気がついていますか? もし今仕事や勉強で思うような成果を出せていなかったり、なかなか治らない体調不良を抱えていたりして毎日が辛くて仕方ないなら、その原因は睡眠不足や睡眠の質の低下かもしれません。 睡眠時間が無...
ストレスとメンタル

ストレスとはそもそも何?ストレス社会の正しい対処法

イライラ・対人関係の問題・不安感・欲求不満…現代は「ストレス社会」と言われ多くの人が精神的・肉体的ストレスを感じ、ストレスは他人や周りの環境によって与えられるやっかいものだと考えていますが、ストレスは自分の身体を守るために自分が発生させている反応です。 ストレスに対する正しい知識を持つこと、ストレスに対する耐性を高める身体作りを普段から心がけることで、毎日の生活の質を大幅に改善できます。 ストレス社会を賢く生きる方法を一緒に考えましょう。 そもそもストレスとは...
病気の教科書

認知症(知的神経機能障害)と生理学的脳の老化の違いとまとめ

認知症は脳の器質的な病変による病気であり、知的発育が一度完成した成人に知能障害が発生します。 生理学的に誰でにも起こる脳老化でも認知症と似たような症状が出ることもありますが、認知症の生理学的脳老化は明確に区別する必要があります。 【脳の基本的な役割】・【生理学的脳老化と認知症の違い】・【認知症の種類】について関連つけてわかりやすく説明します。 脳の役割 最近は日本国でも国を挙げて起業を応援するようになってきているように、時代の変化スピードがとても早い現代に...
脳と神経

神経路(知覚伝導路・錐体路・錐体外路)まとめ

神経路とは身体に張り巡らされた「神経」でつなぐネット回線のようなもので、脳と皮膚・目・耳・筋肉・関節などの各末梢器官が常に神経路を通じて互いに連絡を取り合っているから感覚や運動機能が正常に働き、日常生活が問題なく送れるようになります。 正常の神経路を理解しておくことで、障害や病状の理解に役立ちます。 例えば、交叉の前で障害された場合傷害側と麻痺側は反対になりますが、脳卒中の際に右脳の傷害で左の手足に麻痺が出るのはこのような神経路の構造によるものです。 また、障害部位が上...
脳と神経

脊髄の構造と役割〜脳と末梢神経をつなぐ中枢神経〜

脊髄は脳と同じく中枢神経に分類される神経で、脳からの指令を末梢神経に伝達する経路と末梢神経からの情報を脳へ伝える際の経路を構成したり、反射の中枢になっています。 脳と末梢神経をつなぐ中枢神経である脊髄の構造と役割についてまとめました。 脊髄とは 脊髄神経は人体の大黒柱である「背骨」の中を通る神経の束で、人体の司令塔である「脳」から伸びて末梢神経に分岐して全身へ指令を届けたり、末梢神経が伝達する外からの刺激を「脳」へフィードバックする役割をします。 脳と...
睡眠と疲労回復

ぐっすり眠りたい〜「スマホ疲れ」「脳疲れ」解消法

現代人の生活はスマホやインターネットの普及で大きく変わりましたが、便利になる一方で、 眠りたいのに眠れない、眠っても疲れが取れないという睡眠の悩みを持つ人が急増しています。 時間も場所も問わず働ける自由が生まれた反面で睡眠がおろそかになった結果、仕事のパフォーマンスが低下するだけでなく、心身の健康に異常を来たし日常生活もままならない状態になっている人も非常に増えて来ているように感じます。 もし、あなたが睡眠に関して問題を抱えていたり、睡眠不足で健康上のトラブルを抱えて...
脳と神経

末梢神経〜【脳神経】【脊髄神経】【自律神経】

末梢神経とは中枢神経以外の神経の総称で、中枢神経(統括的な働きをする脳と脊髄)から枝を伸ばすように出て身体の細部に届いている神経のこと。 【脳から直接出ている脳神経】【脊髄から直接出ている脊髄神経】【無意識の生命活動を司る自律神経】の3つに大きく分類して説明しています。 脳神経〜脳から直接出ている末梢神経 脳神経は解剖学的に大脳や脳幹に出入りする末梢神経のことであり、左右12対の神経があります。 脳神経の基本的構成と役割 脳神経12対の名称 ...
脳と神経

脳の役割分担「大脳皮質」「間脳(視床と視床下部)」「大脳基底核」「大脳辺縁系」「脳幹」

大脳は様々な機能が統合された心身の中枢ですが、その脳の役割もパーツごとに細かく分かれています。 大脳の役割分担を「大脳皮質」「間脳(視床と視床下部)」「大脳基底核」「大脳辺縁系」「脳幹」と大きく分けて概要を説明します。 大脳皮質〜機能発動コントロール〜 大脳皮質全体の構造と役割 大脳皮質は神経細胞の情報を持っている部分「細胞体」の集まりである灰白質で構成され、大脳の働きを管理している場所です。 大脳皮質の役割は、運動機能の発動と知覚情報の収集と分析で...
病気の教科書

言語障害【失語症と構音障害の違いと分類】 

言葉はコミュニケーションを行う際に重要な道具ですが、何らかの原因で【言葉という道具】が思うように使えなくなる【言語障害】が発生することがあります。 言葉という道具がどのような仕組みで生成され届けられるのかを理解しておくと、 言葉という道具の使用に不具合が生じても他の手段で補うなどの適切な対応を取ることができます。 ここでは言語障害を『失語症』と『構音障害』に分けて説明しています。 何が問題で何ができないのかを正しく理解しておけば、適切な配慮や対策でコミュニケーションを円...
病気の教科書

高次脳機能障害〜責任病巣と症状のまとめ【失行と失認】

高次脳機能障害は、脳の最高中枢である脳の機能の中でも特に高次である統合機能が何らかの原因で障害された場合に起こります。 症状と責任病巣(問題を引き起こしている脳部位)を関連付け、症状から病巣の推測や確認もできますので整理して理解しましょう。 高次脳機能障害の症状と責任病巣 あらゆる機能を司る最高中枢である脳の中にも役割分担があり、それぞれが相互に協力しあい抑制し合っています。 全身の器官を通じて得た情報は神経を通じて脳に届きますが、脳ではさらにその情報を整...
病気の教科書

「球麻痺と仮性球麻痺の違い」「上位運動ニューロン障害と下位運動ニューロン障害」

「球麻痺と仮性球麻痺」の違いを「解剖生理学構造の観点」から理解し、上位運動ニューロン障害と下位運動ニューロン障害の違いも理解しましょう。 球麻痺と仮性球麻痺の違いは? 構音障害(しゃべりにくい、呂律がまわらない)や嚥下障害(食べ物や飲み物が飲み込みにくい)が出る病態に、『球麻痺』がありますが、よく似た名前の『仮性(偽性)球麻痺』という病態もあります。この2つの違いは一体何でしょうか? 『上位運動ニューロン』と『下位運動ニューロン』 球麻痺と仮性球...
病気の教科書

ALS(筋萎縮性側索硬化症)【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療・予後】

アイスバケツチャレンジで世界中に病名が広く病名が知られるようになり、最近は美容家佐伯チズさんの公表でも注目された原因不明の難病ASL(筋萎縮性側索硬化症)。 ALS (筋萎縮性側索硬化症)について、【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療・予後】と 4つの観点に分けて病理学的に解説しています。 ALS(筋萎縮性側索硬化症)の症状 特徴 ALSの症状は個々により様々ですが、症状が限局的にはじまり、全身に波及していくという特徴があります。 好発年...
病気の教科書

【被殻出血】被殻の機能と症状の特徴を整理

高血圧性脳出血の好発部位である被殻。被殻は、運動調節・認知機能・感情・動機づけや学習などさまざまな機能を司どる大脳基底核を構成する要素のひとつで、被殻出血の臨床症状は出血の状態により多彩です。被殻の構造や機能と起こり得る症状とリンクさせて解説します。 脳出血の好発部位:被殻 高血圧性の脳出血の60%以上が、被殻出血です。 被殻を栄養している血管(外側線条体動脈)が細く、高血圧や動脈硬化などで破裂しやすいためです。 被殻出血は発生頻度が大変高く、重要な機能を持...
健康ダイエット

心と身体の【断捨離】で健康になろう

「断捨離」にはたくさんのメリットがあるということで、近年ますます注目されています。人間のこころやからだも「断捨離」するといいことがたくさんあります。 「断捨離」とはそもそも何をすることなのかから、健康で人生を楽しむための心と身体のあり方について考えてみます。 そもそも断捨離とは何? 断捨離とはもともとヨガの哲学を応用したもの 断行(だんぎょう):要らないもの入手を断つ 捨行(しゃぎょう):今持っている不要物を捨てる 離行(りぎょう):物への執着から...
タイトルとURLをコピーしました