血液と循環

細胞の集合体である私たちの身体の隅々まで栄養や酸素を送るのが血液やリンパ液など体内を循環する液体成分です。

身体の循環の仕組みや役割についてまとめています。

血液と循環

血液と血管が作る血流の役割

血液は全身に張り巡らされた血管という専用通路を使って、細胞や臓器に必要な様々な物質の運搬を担う全身をめぐるライフラインです。 血液のめぐりが良いと健康で冷え性、むくみ、肩こりや関節痛、肌荒れなどの悩みが起こりにくくなります。 全身をめぐる血液と血液の通り道となる血管の仕組みと血流を改善する効果的な方法について説明します。 血流(血液の流れ)とは? 血流とは血液の流れのことで、心臓から始まり心臓に戻る血管という全身に張り巡らされた専用通路内をめぐる血液の流れ(...
血液と循環

血圧の仕組み〜【健康寿命】を伸ばして2025年も元気な日本へ

多くの高齢者が問題視する【高血圧】を改善するために必要なのは【降圧剤】ではありません。 血圧の仕組みを正しく理解して【高血圧】を予防改善し、【健康寿命】を伸ばしましょう。 寿命よりも【健康寿命】 日本国の経済を大きく圧迫している「医療費」の中でも特に大きな比重を占めるのが高齢者を対象とする介護費用を含む保険医療費で、その額は国内総生産(GDP)の1割(先進国の平均以上)を超えています。 医療技術が発達して新生児の死亡率や病気や怪我になった場合の死亡率も大幅に...
血液と循環

【肉体年齢】を決める水分量の真実〜筋肉も骨もほとんどが水分!

肉体年齢を決める重要な視点のひとつとして体内の70%を占める水分に注目する必要があります。 水分量が多いほど若い印象を与えるのは、赤ちゃんとお年寄りの肌を比較すると容易にイメージがつくかと思いますが、人体の約7割が水分というのは知識としては知っていても、人体の6割近くを占める骨や筋肉などが水分のイメージと結びつきにくく、いまいちピンとこない人が多いと思います。 体内の水分量が70%であることと、なぜ若さに影響するのかいうことをわかりやすく整理してまとめました。 ...
タイトルとURLをコピーしました