【食べる】を解剖学で理解する

私たちは「食べる」ことで栄養を摂取し、生命活動を維持しています。

生きるために不可欠の「食べる」という行為に関与する身体の器官や仕組みについてまとめています。

ストレスとメンタル

こころと身体の健康を支える【腸の働き】

消化や排泄に関わる人体最長の臓器である腸と脳の働きはリンクして全身の健康に大きく影響することがわかってきているため、腸の働きや腸内環境への意識が高まっています。 心と身体の健康を維持するためのキーとなる腸機能と腸内環境について整理してまとめました。 腸の働き 腸の働きは大きく分けて以下の7つ。 消化 吸収 免疫 浄血 排泄 合成 解毒 口から摂取し、唾液や胃で分解された食べ物や水分を、消化・吸収して全身に送ったり、全身から集まった不要なものを排泄す...
嚥下と消化器官

摂食嚥下のメカニズム〜【食べる】5つの工程

「食べる」ことは「生きる」こと。 「人は食べたもので作られる」と言われるほど健康にダイレクトに影響しますし、おいしい食事を誰かと一緒に楽しむことで精神的な安定や豊かな人間関係を育むことにもつながりますし、そしてもちろん日々の楽しみとしても「食べる」ことは欠かせません。 「食べる」を医学的に分解してわかりやすく整理してまとめました。 生きる基本:「食べる」行為のメカニズム 「食べる」という行為は、医学的には【摂食・嚥下】と呼ばれ、以下の5つの工程に分解できま...
タイトルとURLをコピーしました