競技とメンテナンス

スポーツ競技など特殊なパフォーマンス能力を高めるためのトレーニングを行う場合は、怪我予防対策やメンテナンスなどを含めたより深い配慮が必要になります。

運動負荷が偏って大きくなる競技や種目の特製を理解して、怪我を予防しながらパフォーマンスを高めるための考え方や対応についてまとめています。

競技とメンテナンス

痛みには『温める』と『冷やす』どっちが効果的?

『痛み』はとても辛くて不快なので、痛みを伴う症状に対してはできるだけ早く対処をしたいですよね。 痛みの対処法として『温める』と『冷やす』があると思いますが、『痛み』を伴う辛い症状に対して、温めた方がいいのか、それとも冷やした方がいいのかの見極めに関する基本原則や考え方を整理してまとめました。 痛みに対する対処方の原則 腰が痛い 肩が痛い 膝が痛い 足首が痛い 手首が痛い 関節が痛い リンパ節が痛い まず前提として、『痛み』を伴う症状がある時、痛みを感じ...
競技とメンテナンス

将来スポーツ選手になるためにはできるだけ低年齢から始めた方がいい?

オリンピックに出場したり、プロスポーツ選手になったり、将来活躍するスポーツ選手になるためには、とにかく小さい頃から本格的な練習を始めることが重要だと思っている人は多いかもしれません。 もちろん低年齢から本格的なトレーニングを始めるメリットはありますが、忘れてはいけない重要な視点があります。 幼少期に特殊トレーニングを行うリスク 幼少期から本格的なトレーニングを始めると、経験をより多く積める、変なクセやこだわりがないので伸びやすいなど、メリットはたくさんあり...
正しいストレッチ

「筋トレ」「ストレッチ」「マッサージ」の違いと効果的な正しいやり方

「ヨガ」「ピラティス」「フィットネス」「有酸素運動」「ラジオ体操」「筋トレ」「痩せるダンス」など何か運動を始めようと思った時にはいろんなエクササイズ方法があります。 更に、運動の前後には「ストレッチ」や「マッサージ」が推奨さています。 それぞれのエクササイズにはどんな目的や効果があり、どんな違いがあるのかを知れば、正しく効果的に実践する方法や自分にあったエクササイズの選び方がかわるようになります。 全てのエクササイズ、運動、体操の共通点 「ヨガ」「ピラティス...
競技とメンテナンス

野球選手の「お尻が大きい」理由 

プロ野球キャンプに参加して実感した【野球選手のお尻が大きい理由】を医学的に解説します。 プロ野球選手を目前に改めて実感 あるプロ野球球団のキャンプのお手伝いをしたことがあるのですが、その際に改めて実感したことがあります。 野球選手のお尻って「大きい!!」 選手の身長が高いため、自分の目線が野球選手のお尻のあたりになる、いうこともあるのですが、少し離れたところから見ても、まず目が行かざるを得ないほど大きいのです。 TVなどでみていてもわかるくらいなので...
競技とメンテナンス

清原和博選手にケガが多かった理由からわかる筋肉の正しい鍛え方

清原選手に怪我が多かった理由は筋肉の鍛え方に問題があったからだと言われていますが、その問題とは一体なんだったのでしょうか? 筋肉は鍛え方次第で見た目も運動機能もデザインできます。ただし、目的にあった筋肉にデザインするには正しい解剖学や運動学の知識が必要です。 鍛えた筋肉が邪魔をした? 元野球界の番長と呼ばれた清原和博選手は、アメリカ大リーグの選手にもひけをとらないほど立派な筋肉を持っていることでも有名でしたが、ケガが非常に多い選手でもありました。 日本人であ...
タイトルとURLをコピーしました