眼と視力

私たちが生活する上で得ている必要な情報の80%以上を目(視力)から得ていると言われています。

また、視神経は脳神経の一番目で、「目は発生学的には脳の一部」といわれるほど脳機能とダイレクトにつながっています。

近視大国といわれる日本ですが、デジタル化やスマホによる眼精疲労や目のトラブルも増えています。

スマホ時代の正しい眼精疲労対策や近視予防改善など目の健康と目と脳のつながりについて、わかりやすく説明しています。

眼と視力

コンタクトやレーシックに頼らない本当の視力回復法【視力の仕組みとよくある勘違い】

モノは目で見ているのはありませんし、視力はメガネ・コンタクト・レーシックでは回復しません。 【モノを見る仕組み(視力)】【視力低下の原因】【人生を豊かにする視力回復方法】について整理してまとめました。 視力が良い方が人生が楽しい 人は80%以上の情報を視力から得ていますので、視力次第で日常生活のパフォーマンスは大きく変わりますし、スポーツなど動きながら多くの情報を処理しなければならない場合は視力低下は大きなデメリットになります。 更に、視力が低下すると遠く...
眼と視力

スマホ時代の正しい眼精疲労・近視対策

多くの現代人が悩んでいる眼精疲労や視力低下(近視・乱視)の本当の原因を理解して、効果的に改善・予防しませんか? 正しく眼精疲労対策をすれば、老け顔・クマ・疲れ顔も解消して、生き生きとした毎日が送れます。 眼精疲労の本当の原因 スマホは片時も手放せないし、仕事にはパソコン作業が必須。 【眼精疲労】はそんな現代人に共通する悩みのひとつ。 目が疲れているだけでも、視力は低下しますし、顔の印象も疲れて老けて見えますし、クマやたるみの原因にもなるので、眼精疲労やアイ...
眼と視力

眼科医がコンタクトを止めた理由 

最前線で働く眼科医がそれまで使っていたコンタクトレンズの使用を止めました。コンタクトレンズは医療機器なので、眼科医の処方がなければ使えません。コンタクトレンズを処方する立場の眼科医が自身でコンタクトレンズを使うことを止めた理由は一体何だったのでしょうか? 視力低下→メガネ→コンタクトレンズ 今も眼科の最前線で働く眼科医から聞いた話です。 コンタクトを装着するようになるまでの経緯は、ごくごく一般的。よくある話です。 小学生の頃から目が悪くなり(近視)、メガネを...
タイトルとURLをコピーしました