病気の教科書

病気の教科書記事一覧

  1. デジタルワーク時代にぐっすり眠る方法 「スマホ疲れ」「脳疲れ」解消法

    現代人特有の睡眠の悩み現代人の生活は、スマホやインターネットの普及で大きく変わりました。便利になる一方で、以下のような悩みを持つ人が急増しています。

  2. 「身体は間違えない」という前提で自分の生活を見直してみよう!

    今の生き方、辛くないですか?今、自分の生き方に満足していますか?自信を持って、「はい」と言えないあなた。きっと身体にも何か健康上の問題が出ているはずです。

  3. 先天異常【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    先天異常について説明できますか?先天異常について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  4. 脳性麻痺 【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    脳性麻痺について説明できますか?脳性麻痺について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  5. 分娩時損傷 ~分娩麻痺~【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    分娩麻痺について説明できますか?分娩麻痺【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  6. 先天性障害~二分脊椎~【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    二分脊椎について説明できますか?二分脊椎について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  7. 脳ヘルニアって何?? ヘルニアの定義

    脳ヘルニアについて説明できますか?『ヘルニア』というと、やを思い浮かべると思いますが、「ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態のことですので、体内のあらゆる場所で起こりえますし、頭蓋内でも起こ...

  8. 脳腫瘍 分類と局所症状

    脳腫瘍の分類や特徴を説明できますか?脳腫瘍は、頭蓋内という狭い空間の中に発生する腫瘍の総称で頭蓋内圧亢進症を引き起こす原因疾患にもなります。脳腫瘍の分類と特徴についてまとめます。

  9. 水頭症~脳脊髄液循環障害~ 脳脊髄液の仕組みと働き

    脳脊髄液の仕組みと働きについて説明できますか?脳は髄液という水に浸されています。この髄液は、脳室で産生されて脳表に現れ、脊髄くも膜下腔や脳表を循環最後は、くも膜顆粒ということろで吸収されるという髄液循環をしています。

  10. 髄膜炎【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    髄膜炎について説明できますか?髄膜炎について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  11. 脳炎(ウィルス性脳炎)【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    脳炎(ウィルス性脳炎)について説明できますか?脳炎(ウィルス性脳炎)について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  12. 遅発性ウィルス感染症 【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    遅発性ウィルス感染症について説明できますか?遅発性ウィルス感染症について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  13. 急性灰白髄炎 ポリオ 【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    急性灰白髄炎 ポリオについて説明できますか?急性灰白髄炎 ポリオについて、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  14. 後天性免疫不全症候群(エイズ) AIDS【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    後天性免疫不全症候群(エイズ)について説明できますか?後天性免疫不全症候群(エイズ)について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  15. ヒトTリンパ球向性ウィルス脊髄炎【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    ヒトTリンパ球向性ウィルス脊髄炎について説明できますか?ヒトTリンパ球向性ウィルス脊髄炎について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  16. 脳膿瘍(感染による化膿性病変) 【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    脳膿瘍(感染による化膿性病変)について説明できますか?脳膿瘍(感染による化膿性病変)について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  17. 神経梅毒 【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    神経梅毒について説明できますか?神経梅毒について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  18. 癌と腫瘍の違い 脳腫瘍と脊髄腫瘍 世界最大の腫瘍はなんと24キロ!

    世界最大の腫瘍の重さは?2010年8月アルゼンチンある女性から取り除かれた腫瘍18ヶ月間彼女の体内で成長し、手術時間なんと4時間もかけてとりだされたその腫瘍はなんと24キロ!!7才位の子の平均体重です...

  19. 末梢神経障害(ニューロパチー)【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    末梢神経障害(ニューロパチー)について説明できますか?末梢神経障害(ニューロパチー)【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  20. 筋疾患(ミオパチー)【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    筋疾患(ミオパチー)について説明できますか?多発性硬化症について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  21. 重症筋無力症 【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    重症筋無力症について説明できますか?重症筋無力症について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  22. 多発性硬化症 【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】

    多発性硬化症について説明できますか?多発性硬化症について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

  23. ALS (筋萎縮性側索硬化症) Vol.4【治療 予後】

    ALS (筋萎縮性側索硬化症)の治療・予後について説明できますか?ALS (筋萎縮性側索硬化症)について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療/予後】と4つの観点に分けて解説しています。

  24. ALS (筋萎縮性側索硬化症)Vol.3【検査 診断】

    ALS (筋萎縮性側索硬化症)の検査・診断について説明できますか?ALS (筋萎縮性側索硬化症)について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療/予後】と4つの観点に分けて解説しています。

  25. ALS (筋萎縮性側索硬化症)Vol.2 【原因 病理】

    ALS (筋萎縮性側索硬化症)の原因・病理について説明できますか?ALS (筋萎縮性側索硬化症)について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療/予後】と4つの観点に分けて解説しています。

  26. ALS (筋萎縮性側索硬化症)Vol.1【症状】

    ALS (筋萎縮性側索硬化症)の症状について説明できますか?ALS (筋萎縮性側索硬化症)について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療/予後】と4つの観点に分けて解説しています。

  27. 脊髄の構造と脊髄神経路

    中枢神経系である脊髄から全身へ人間の全ての仕組みの司令塔である脳からの司令は同じく中枢神経である脊髄を通りして全身へ伝えられ、全身のあらゆる器官を通じて得た情報は脊髄神経を通じて脳へ届けられ統合、処理されます。

  28. 排尿障害 ~排尿の仕組みと神経因性膀胱~

    毎日の排尿に関わる神経の働きとは?排尿は体内の老廃物を体外に排出する仕組みで健康な生命体を維持するためには必要不可欠です。この排尿の仕組みも全ての脳から始まる神経系によって制御されています。

  29. 錐体外路障害って何? 錐体外路の働きと仕組み

    錐体外路と錐体外路障害運動障害は、損傷部位や損傷の仕方によって症状の出方が異なります。・・ということは、症状から損傷部位をある程度特定する事も損傷の状況から症状を予測することも可能です。

  30. 運動麻痺の分類3 ~末梢性障害(下位運動ニューロン障害)の部位別症状~

    運動麻痺について正しく評価できていますか?運動麻痺は損傷部位や損傷の仕方によって症状の出方が異なります。・・ということは、症状から損傷部位をある程度特定する事も損傷の状況から症状を予測することも可能です。

  31. 運動麻痺の分類2 ~中枢性障害(上位運動ニューロン障害)の部位別症状~ 

    運動麻痺について正しく評価できていますか?運動麻痺は損傷部位や損傷の仕方によって症状の出方が異なります。・・ということは、症状から損傷部位をある程度特定する事も損傷の状況から症状を予測することも可能です。

  32. 運動麻痺の分類1 ~中枢性と末梢性麻痺 上位と下位運動ニューロン~ 

    運動麻痺について正しく評価できていますか?運動麻痺は損傷部位や損傷の仕方によって症状の出方が異なります。・・ということは、症状から損傷部位をある程度特定する事も損傷の状況から症状を予測することも可能です。

  33. スマホ時代の正しいアイケア〜目の悩み、眼精疲労を解消して、若返る方法〜

    近視・眼精疲労の本当の理由スマホは片時も手放せない。仕事にはパソコン作業が必須。眼精疲労や視力低下はほとんどの現代人の悩みです。

  34. 画像診断の特徴 レントゲン 超音波 CT  MRI 

    画像診断の種類と特徴について説明できますか?病気やケガの診断や腫瘍や病変の早期発見に重要な役割を果たす画像診断。現在最も有効に活用されていますがそれぞれの画像診断方法の特徴について説明します。

  35. 部位別知覚障害の特徴 ~症状から原因を探る!~

    知覚障害の症状から原因部位が推定できますか?感覚に問題がある、その症状の現れ方は原因部位により様々です。原因別の症状の特徴について整理できていますか?知覚障害の症状と原因が整理できます。

  36. 薬という名の麻薬

    その薬があなたの身体を壊している可能性に気がついていますか?現代の医学は、基本的に症状に対する対処療法が主流です。

  37. シンプルに理解 病理学とは? 

    病理学をシンプルに説明できますか?病理学とは、病気の発生の過程を知る学問です。もう少し専門的に説明すると、以下のようになります。

  38. 知覚伝道路のしくみ ~知覚を伝える求心性経路~

    感じる仕組みを経路で説明できますか?「感じる」という機能は、皮膚や関節などの感覚器官を通じて得た情報を脳が認識して初めて完成します。

  39. 反射の種類と仕組み

    反射って何?「反射神経が良い」とか「反射的に逃げた」とか反射という言葉は、日常生活でも使われますが、医療の現場でも、膝蓋腱反射、対光反射などなど反射は、神経学的検査としてとても重要です。

  40. 脳血管障害 ~脳卒中の症状と原因部位~

    脳卒中は正式な病名ではないって知っていますか?『脳卒中』という言葉は、脳血管障害の一般的な呼び方です。脳血管に起因する病名があり、それらを全て総称した表現です。

  41. 中枢神経系(脊髄)への血流 (血管支配)と血流障害

    膨大なエネルギーを使う中枢神経への血流の仕組みとは?脳と脊髄は、中枢神経と呼ばれ、人間のあらゆる活動の司令塔になっています。

  42. 中枢神経系(脳)への血流(血管支配)と血流障害

    人体の司令塔である脳に安定して血流を送るためのシステムとは?例えば、突然停電が起こり、一切電気が使えなくなったら、あなたの文化生活は一瞬して終了しますよね。

  43. 意識を保つ仕組みと意識障害のみかた

    もし目の前の人が突然意識を失ったらどうしますか?眼の前の人が突然「意識」を失ったら・・・・とても慌ててしまいますし、「怖い」と思いますよね。

  44. 運動麻痺のみかた1 ~正常の運動神経路(錐体路)の仕組み~

    運動麻痺について説明できますか?麻痺 まひ マヒこの言葉の意味を正しく理解していますか?この章を読むと、麻痺と運動神経路の仕組みについて整理できるようになります。

  45. 頭痛の原因 ~頭痛に潜む危険な病~

    頭痛は、命に関わる病気のサイン?頭部ここは、身体の司令塔である、「脳」が収まっている最も重要な場所。

  46. 球麻痺と仮性球麻痺の違い 上位運動ニューロン障害と下位運動ニューロン障害

    "球麻痺と仮性球麻痺"の違い、"上位運動ニューロンと下位運動ニューロン"の違いを説明できますか?球麻痺と仮性球麻痺の違いについて説明できますか?"球麻痺と仮性球麻痺"の違い、"上位運動ニューロンと下位運動ニューロン"の違いが理解でき...

  47. めまいとめまい感 めまいに潜む病気とは?

    めまいの原因を症状からスクリーニングできますか?めまいは、日常の些細な変化でも起こり得る症状ですが、重篤な病気の前触れである場合もあります。

  48. 言語障害 失語症と構音障害の違いと分類  

    失語症と構音障害の違いを説明できますか?言語障害という言葉を聞いた事がありますか?言語障害には、大きく分けて2つの種類があります。『失語症』と『構音障害』です。

  49. 被殻出血と高次脳機能障害

    脳出血の後発部位「被殻」とその症状について説明できますか?脳出血の好発部位、つまり最も起こりやすい部位として、被殻があります。どの程度良く発生するかをパーセントで表すと全脳出血の40パーセント。

  50. 認知症 ~脳組織の病的変化~

    認知症の脳の病的変化について説明できますか??脳の生理学的な老化が『認知症』の定義と一致しないのは、こちらの記事でもお話していますが、今回は脳の病的変化と認知症の原因疾患についてより詳しく解説していきます。

  51. 高次脳機能障害 責任病巣と症状のまとめ 失行 失認 失語症

    高次脳機能障害 責任病巣と症状を結び付けられますか?脳の機能は高次に分類されています。症状と責任病巣を結び付けて考えられますか?この章を読むと、責任病巣と症状の関係性を理解できるようになります。

  52. パーキンソン症候群 パーキンソン症候を示すパーキンソン病以外の病気

    パーキンソン症候群について説明できますか?パーキンソン症候群:パーキンソン症候を示すパーキンソン病以外の病気について解説しています。この章ではパーキンソン症候群について解説します。

  53. 大脳基底核の役割とパーキンソン病 その5 【予後】

    パーキンソン病の予後について説明できますか?パーキンソン病について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。この章ではパーキンソン病の予後について解説します。

  54. 大脳基底核の役割とパーキンソン病 その4 【治療】

    パーキンソン病の治療について説明できますか?パーキンソン病について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。この章ではパーキンソン病の治療について解説します。

  55. 大脳基底核の役割とパーキンソン病 その3 【検査 診断】

    パーキンソン病の検査と診断について説明できますか?パーキンソン病について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。この章ではパーキンソン病の検査と診断について解説します。

  56. 大脳基底核の役割とパーキンソン病 その2 【原因 病理】

    パーキンソン病の原因 病理について説明できますか?パーキンソン病について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。この章ではパーキンソン病の 原因と 病理について解説します。

  57. 大脳基底核の役割とパーキンソン病 その1 【症状】

    パーキンソン病の症状について説明できますか?パーキンソン病について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。この章ではパーキンソン病の症状について解説します。

カテゴリー

スポンサーリンク