運動メニューを正しい効果的なやり方を解説しています。

筋トレ、ヨガ、ストレッチ、ラジオ体操、自宅でできるながらトレーニングなど様々な運動メニューがありますが、ただポーズや姿勢を真似するのと解剖学を理解して効果をイメージしながら取り組むのでは結果に大きさな差が出ます。

せっかくトレーニングをするのなら、確実に結果を出したいですよね?

人気の運動メニューやオススメのトレーニングやエクササイズを正しく効果的に実践する方法をイラストや動画を使ってわかりやすく説明しています。

正しいヨガポーズ

後屈ヨガポーズ解剖学【ヨガのやり方と効果がわかるイラスト図解】

【後屈ヨガポーズ】とは、猫背姿勢になりがちな姿勢の問題を解消してくれるストレッチと筋トレ要素が含まれ、正しく実践すれば優れた美容健康効果を期待できますが、腰や首を痛めるリスクも非常に高いヨガポーズです。 【後屈ヨガポーズ】の解剖学および運動学に基づく正しい姿勢の作り方、注意点、様々な応用ポーズの種類や効果、軽減方法などについてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。 後屈とは?日常の後屈と【後屈ヨガポーズ】 【後屈ヨガポーズ】は、達成感や見た...
正しいヨガポーズ

前屈ヨガポーズ解剖学【ヨガのやり方と効果がわかるイラスト図解】

【前屈ヨガポーズ】とは、股関節から身体を折り曲げるように身体の上前面と下前面を近づけていくポースで、背面筋肉群の筋膜のつながり(SBL)に沿った深いストレッチ効果に加え、ソフトな逆転ポーズ効果などが期待できます。 【前屈ヨガポーズ】の解剖学および運動学に基づく正しい姿勢の作り方、注意点、様々な応用ポーズの種類や効果、軽減方法などについてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。 前屈とは?日常の前屈と【前屈ヨガポーズ】 【前屈】は、スボンや靴下...
機能連結

【柔軟性とは?】身体を柔らかくするために重要なこと

「身体が柔らかい」くなりたいとストレッチやヨガに励む人はたくさんいますが、そもそも身体が柔らかさ(柔軟性)とは何か理解して自分に適した効果的なエクササイズができている人はあまりいません。 「身体が硬い」人と「身体が柔らかい」人の身体にはどんな違いがあるのかを、イラスト図解を用いて解剖学と運動学の観点からわかりやすく解説しています。 「柔軟性」を正しく理解することで、自分の身体の柔軟性を効果的に高める方法がわかるようになります。 【柔軟性】とは?柔...
姿勢の解剖学

そのストレッチでは肩こりと腰痛が悪化?正しい姿勢改善ストレッチとは?

現代人のほぼ全員が悩んでいると言われる【肩こり&腰痛】セットの原因は、普段の姿勢の悪さと間違ったストレッチや運動(動作)が原因です。 肩こりと腰痛がセットで起こる原因は背骨の構造と普段の姿勢を理解すると明確になり、同時に、肩こりと腰痛を根本からまとめて解消する正しいストレッチ方法もわかります。 肩こり解消のための「上体反らし(ストレッチ)」が腰痛の原因!? スマホやパソコンの長時間使用でどうしても猫背になりがちな現代人。 猫背が肩こりや首こりの...
正しいヨガポーズ

V字腹筋 筋トレ効果【船のポーズ(ナヴァーサナ)】 効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【船のポーズ(ナヴァーサナ)】は、船のように身体を折り曲げてバランスをとることで体幹を強化できるヨガポーズで、V字腹筋としても知られているように体幹や下半身の筋力強化(筋トレ)効果に優れています。 バランス力と強い筋力が必要な難易度が高めのヨガポーズですが、ヨガの解剖学構造を理解して軽減したポーズから挑戦することで効果的なコアトレができるようになります。 ポーズの名前と英語 「Nava(ナヴァ)」は、船を意味するサンスクリット語で、お尻を支点として全身で作るV字を水面...
正しいストレッチ

自分に合う!理想の自分になれる!効果的なエクササイズ・筋トレ・ストレッチ方法の選び方

「運動したい!」と思う目的や目指す理想の自分像が様々あるように、フィットネスやエクササイズにもたくさんの種類があります。 「どれが自分にとって一番効果的なのか?」それがわかれば目的達成に近づきます。 それぞれの運動の目的や目指す効果の違いを知れば、正しく効果的に実践する方法や自分にあったエクササイズの選び方がかわるようになります。 たくさんある運動方法の違いは何? 「ヨガ」「ピラティス」「フィットネス」「有酸素運動」「ラジオ体操」「痩せるダンス...
正しいヨガポーズ

理想のくびれを作る正しい腹部ツイスト!【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

ウェストのくびれが欲しいなら絶対にマスターしたいツイスト(上半身ねじり・体幹回旋) 背骨の解剖学構造を正しく理解して、効果的にウエストシェイプや全身機能改善などツイスト効果を120%楽しみましょう。 ツイスト(上半身ねじり・体幹回旋)の効果 ウェストシェイプ効果も全身のストレッチ効果も高いツイスト(上半身ねじり・体幹回旋) ツイストは体幹(上半身)をねじる(回旋する)姿勢を作ることで、以下のような効果が期待できます。 全身のストレッチ効果 全身の循環...
正しいストレッチ

【ウォーミングアップ】と【クールダウン】の正しいやり方

スポーツ、運動、エクササイズを始める前には【ウォーミングアップ】、終わった後には【クールダウン】をしますが、正しいやり方や目的を理解していますか? 正しいストレッチ方法と正しいタイミングで取り入れていますか? 怪我や筋肉痛を予防して、運動効果を最大限に高める正しい【ウォーミングアップ】と【クールダウン】のやり方について整理してまとめました。 正しい【ウォーミングアップ】とは? 【ウォーミングアップ】とは、文字通り身体を温める(warm-up)こ...
正しいヨガポーズ

長坐位・杖のポーズ(ダンダ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

杖のポーズ(ダンダ・アーサナ)は、両脚を伸ばして体幹と下肢でL字になる坐位姿勢で、関節への負担が少なく姿勢を整えたり体幹を鍛える効果が期待できます。 長坐位として知られる基本坐法のひとつでもあり、体幹の強さや下半身筋肉の柔軟性のバロメーターにもなります。 ポーズの名称 長坐位・杖のポーズ(Staff Pose) ダンダ・アーサナ( Dandasana) 期待できる効果 背骨のラインを整える 体幹強化 骨盤調整 脚の裏側のストレッチ 3D...
正しいヨガポーズ

【ツイスト】バラドヴァージャアーサナ I(Bharadvaja’s Twist)【ヨガの3D解剖学】

バラドヴァージャアーサナIは、代表的なツイストポーズのひとつで、背骨のしなやかな動きを促しつつ腹部マッサージ効果もあり、全身の血流改善や内臓機能改善など様々な健康・美容効果が期待できます。 背骨や筋肉解剖学的構造を理解しつつ、ひとつひとつの椎間を開くようにすると回旋を深めやすく、低下していた身体の機能が蘇ってくるのを感じられます。 胸の開きを十分に感じられると開放感があり、リフレッシュ効果も高められ、精神安定効果もあります。 期待できる効果 血液循環の改善 内臓...
正しいストレッチ

正しい【ストレッチ】とは?ストレッチの種類と効果の出るやり方

【ストレッチ】は、運動のウォーミングアップやクールダウン、柔軟性を高めるための手段として取り入れられることが多いですが、目的を達成するために効果的な「ストレッチ」の種類を選んで正しいやり方で実践できていますか? 【ストレッチ】を効果的に取り入れると、柔軟性向上だけでなく様々な効果が期待できますが、間違った方法や手段を選んでしまうと怪我や関節の問題を引き起こすリスクもあります。 正しく効果的に【ストレッチ】を実践できるように、【ストレッチ】の基礎知識と正しい...
正しいストレッチ

憧れの【180°開脚】を目指す!柔軟性を高めるストレッチの正しいやり方

身体の柔らかさを象徴する【開脚】は、身体が柔らかくなりたいとトレーニングやエクササイズに励む誰もが憧れて目指したいポーズです。 でも、【開脚】ができることとあなたが望む柔軟性やボディスタイルを獲得することは必ずしもイコールではなく、最適な柔軟性強化のためのポーズでもありません。 【開脚】とはどんな能力が必要なポーズで、どうすれば【開脚】ができるようになるのかについてわかりやすく解説します。 【開脚】って本当にすごいの? 脚を前後または左右に18...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第一①伸びの運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

誰でもできるように構成されていてみんな1度はやったことがある【ラジオ体操第一】は、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強ダイエット運動メニューでもあるのですが、正しくできている人(効果を最大限に実感できている人)はほとんどいません。 「【ラジオ体操第一】でまず一番最初に行う①伸びの運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、うまくできない時の軽減方法や更に効果を高めるためのコツを紹介します。 「ダイエットやボディメイクをしたいけれど何から始めたらよい...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第一⑬深呼吸】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

「なにか運動しないと!」と思ったらまず選択肢に入れて欲しい【ラジオ体操第一】は、わかりやすいシンプルな体操の組み合わせで、たった3分で終わるのに、全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。 13の体操で構成される【ラジオ体操第一】の仕上げは深呼吸。 毎日休むことなくしている呼吸に意識を向けることはあまりありませんが、深呼吸はとても美容健康効果の高いインナーマッスル筋トレでもあり、意識すればするほどその効果は高められます。 「【ラジオ体操第一】⑬深呼...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第一⑫腕を振って脚を曲げ伸ばす運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

たった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズである「ラジオ体操第一」は13項目の体操の並び順にもちゃんと効果を高める意図が組みこまれています。 【ラジオ体操第一】12番目と13番目は整理体操(クールダウン)です。 「【ラジオ体操第一】⑫腕を振って脚を曲げ伸ばす運動」は2番目にも登場する体操と同じなので、呼吸を整えつつ身体の変化(体操の効果)をわかりやすく実感できます。 「【ラジオ体操第一】⑫腕を振って脚を曲げ伸ばす運動」を解剖学と運動学の視点か...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第一⑪両脚で跳ぶ運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

シンプルだけど現代人の悩みにしっかりアプローチできる「ラジオ体操」は、たった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。 「ラジオ体操第一」のクライマックスとなる11番目は、2種類のジャンプで全身の血流を促進させる運動です。 これまでの運動でしっかりとこりをほぐして姿勢を整えているからこそ、疲労や老廃物をスッキリ流して心身をリフレッシュする効果が最大限発揮できます。 「【ラジオ体操第一】⑪両脚で跳ぶ運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、正しく...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第一⑩体を回す運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

本気で丁寧にやればたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズである【ラジオ体操】。 10番目に登場する「体を回す運動」は伸ばした腕に誘導されるように上半身を大きく回す運動(股関節と背骨の連動)で、下半身強化と上半身ほぐし効果に優れています。 「【ラジオ体操第一】⑩体を回す運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、正しく実践するための考え方(コツ)、よくある間違いやできやない時の軽減方法、更に効果を高めるアレンジ方法などを提案します。 「ダイエッ...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第一⑨体を斜め下に曲げ胸を反らす運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

本気でやってみるとかなり効く(効果が高い)ことに気が付く「ラジオ体操」は、たった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。 終盤に向かってこれまでの体操の要素を複合的に組み合わせた運動になっていきますが、9番目に登場するのは「斜め前屈」と「胸反らし」の組み合わせ。 「【ラジオ体操第一】⑨体を斜め下に曲げ胸を反らす運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、効果的に実践するための考え方(コツ)、よくある間違いやできない時の軽減方法、更に効果を高める...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第一⑧腕を上下に伸ばす運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

よく知っているいるようで、正しいやり方が意外とわかっていない「ラジオ体操」。 「ラジオ体操」は正しく丁寧に実践すれば、たった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズになります。 日常生活で凝り固まりやすい筋肉がこれまでの体操で十分にほぐれた8番目からは、より流れ(リズム)のある複数の関節運動を組み合わせたエクササイズが登場してきます。 名前こそ「腕を上下に伸ばす運動」ですが、腕だけでなく全身を使った動作の素早い切り替えがポイントとなる脳トレ効果も...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第一⑦体をねじる運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

たった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズである【ラジオ体操第一】。 シンプルで続けやすい体操だからこそ、正しいやり方を理解すれば嬉しい効果を実感できます。 7番目に登場する「体をねじる運動」は、小さな椎骨が積木のように重なって身体の中心を作っている背骨を回旋させるエクササイズで、姿勢を根本から整える効果やウエストシェイプ効果が期待できます。 「【ラジオ体操第一】⑦体をねじる運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、正しくやるための考え方、良く...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第一⑥体を前後に曲げる運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

たった3分でも全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズなのに、正しくできている人が少なく真価が発揮されていない【ラジオ体操第一】。 6番目に登場する「⑥体を前後に曲げる運動」では、股関節から上半身全体を前後に曲げて身体の柔軟性を高め、姿勢を整える効果(特に背中美人効果や美尻効果)のあるエクササイズです。 「【ラジオ体操第一】⑥体を前後に曲げる運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、正しく行うためのコツやよくある間違いと対処法、更に効果を高めるアレンジ方...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第一⑤体を横に曲げる運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

私たちは自分が思っている以上に高い運動能力があるのですが、日常生活で動かす範囲は限られているため、お休みしてしまっている筋肉や機能(能力)が結構あります。 もともとバランスよく配置されている筋肉の一部が休んでしまうと身体が歪んで姿勢が悪くなり、様々な体調不良、関節痛、肩こりや腰痛の原因になってしまいます。 「ラジオ体操」は、たった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズで、5番目に登場する「体を横に曲げる運動」は日常生活ではほぼやらない側屈運動な...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第一④胸を反らす運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズである「ラジオ体操」の4番目に登場する「④胸を反らす運動」は、胸郭や胸椎を柔軟に動かすことで、猫背を解消して姿勢を整えたり、呼吸を深める効果が高いので、現代人のよくある体調不良(肩こり・腰痛・自立神経失調症など)改善に最適です。 「【ラジオ体操第一】④胸を反らす運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、正しく体操をするためのコツや考え方、よくある間違いやできない時の軽減方法、より効果を高めるアレンジなどを提案...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第一③腕を回す運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

知らない人はいないくらい有名な国民体操「ラジオ体操」ですが、正しい動きで行って、優れた効果を最大限実感できている人は多くありません。 「ラジオ体操」はたった3分で終わるシンプルな体操なのに、全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。 「【ラジオ体操第一】③腕を回す運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、うまくできない時の軽減方法や更に効果を高めるコツやアレンジ方法を提案します。 「【ラジオ体操第一】③腕を回す運動」は、パソコン仕事やスマホが手放せな...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第一②腕を振って脚を曲げ伸ばす運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

日本人ならみんな知っている運動【ラジオ体操】。 特に【ラジオ体操第一】は老若男女誰でもできるように作られている体操なので、軽い運動効果しかないと思っている人も多いのですが、【ラジオ体操第一】を正しく理解して丁寧に実践すれば、たった3分でも全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズになります。 「【ラジオ体操第一】②腕を振って脚を曲げ伸ばす運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、うまくできない時の軽減方法や効果を高めるためのコツや上級者向けアレンジ...
正しいラジオ体操

最強ダイエット運動メニュー?!【ラジオ体操】効果を倍増させる【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

「ラジオ体操」はシンプルな動きの組み合わせでたった3分で終わる続けやすい運動メニューとして「だれでもできる」ことを目的に作られていますが、解剖学や運動学を意識して本気で丁寧に取り組めば、全身をバランスよく整える姿勢調整効果に優れた最強の筋トレ有酸素運動メニューになり得る本当に優れた運動メニューです。 「ラジオ体操」を正しく理解して毎日運動メニューとして取り入れると様々な体型の悩みや現代人に多い体調不良(肩こり、腰痛、猫背、便秘、肌荒れ、ストレス、うつ、など)の予防解消効果...
健康ダイエット

自宅でできる応用加圧トレーニング

芸能人にも人気の加圧トレーニングは専用の設備や環境の整った場所でしかできないので、興味があっても体験できない人も多いと思います。 でも、実は既に多くの人が取り入れている【あのトレーニングや習慣】にも加圧トレーニングと同じ効果を狙った要素が取り入れられているし、加圧トレーニングのメソッドを日常でもできる範囲に応用することは可能です。 ここでは、加圧トレーニングの原理を解説して、加圧トレーニングのメゾットを、リスクの低い、器具を使わずに、自宅でできるトレーニング応用してみた...
正しいヨガポーズ

花輪のポーズ (マラーサナ)効果と正しいやり方【3Dヨガ解剖学】

上半身と下半身をつなぎ内臓を納める箇所でもある骨盤。 骨盤周囲の筋肉をストレッチして股関節の柔軟性を高め、骨盤の位置を整える効果があります。 骨盤の位置が整うことで、姿勢改善や便秘解消も期待できる嬉しいポーズです。 ポーズの名称 花輪のポーズ (Garland Pose) マラーサナ (Malasana) 期待できる効果 股関節の柔軟性向上 骨盤調整 便秘解消 姿勢改善 3D動画でポーズを解剖学的に理解 ポーズの作り方 両足を肩...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑬深呼吸【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。 「【ラジオ体操第二】⑬深呼吸」を解剖学と運動学の視点から分析し、うまくできない時の軽減方法やなりたいスタイルや目的に合わせたアレンジも提案します。 「ダイエットやボディメイクをしたいけれど何から始めたらよいかわからない」「運動を始めたいけど難しいのは続かない」なら、まず「ラジオ体操」を極めてみることをオススメ...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑫腕を振って脚を曲げ伸ばす運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。 「【ラジオ体操第二】⑫腕を振って脚を曲げ伸ばす運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、うまくできない時の軽減方法やなりたいスタイルや目的に合わせたアレンジも提案します。 「ダイエットやボディメイクをしたいけれど何から始めたらよいかわからない」「運動を始めたいけど難しいのは続かない」なら、まず「ラジオ体操」を極...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑪両脚で跳ぶ運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

みんなやったことがあるけれど正しくできている人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。 「【ラジオ体操第二】⑪両脚で跳ぶ運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、うまくできない時の軽減方法やなりたいスタイルや目的に合わせたアレンジも提案します。 「ダイエットやボディメイクをしたいけれど何から始めたらよいかわからない」「運動を始めたいけど難しいのは続かない」なら、まず「ラジオ体操」を極めてみることを...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑩体を倒す運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

みんなやったことがあるけれど正しくできている人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。 「【ラジオ体操第二】⑩体を倒す運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、うまくできない時の軽減方法やなりたいスタイルや目的に合わせたアレンジも提案します。 「ダイエットやボディメイクをしたいけれど何から始めたらよいかわからない」「運動を始めたいけど難しいのは続かない」なら、まず「ラジオ体操」を極めてみることをオ...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑨体をねじり反らせて斜め下に曲げる運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

みんなやったことがあるけれど正しくできている人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。 「【ラジオ体操第二】⑨体をねじり反らせて斜め下に曲げる運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、うまくできない時の軽減方法やなりたいスタイルや目的に合わせたアレンジも提案します。 「ダイエットやボディメイクをしたいけれど何から始めたらよいかわからない」「運動を始めたいけど難しいのは続かない」なら、まず「ラジオ体...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑧片脚跳びとかけ足・足踏み運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。 「【ラジオ体操第二】⑧片脚跳びとかけ足・足踏み運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、うまくできない時の軽減方法やなりたいスタイルや目的に合わせたアレンジも提案します。 「ダイエットやボディメイクをしたいけれど何から始めたらよいかわからない」「運動を始めたいけど難しいのは続かない」なら、まず「ラジオ体操」を極...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑦体をねじる運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

みんなやったことがあるけれど正しくできている人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。 「【ラジオ体操第二】⑦体をねじる運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、うまくできない時の軽減方法やなりたいスタイルや目的に合わせたアレンジも提案します。 「ダイエットやボディメイクをしたいけれど何から始めたらよいかわからない」「運動を始めたいけど難しいのは続かない」なら、まず「ラジオ体操」を極めてみることを...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑥体を前後に曲げる運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。 「【ラジオ体操第二】⑥体を前後に曲げる運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、うまくできない時の軽減方法やなりたいスタイルや目的に合わせたアレンジも提案します。 「ダイエットやボディメイクをしたいけれど何から始めたらよいかわからない」「運動を始めたいけど難しいのは続かない」なら、まず「ラジオ体操」を極めてみる...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑤体を横に曲げる運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。 「【ラジオ体操第二】⑤体を横に曲げる運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、うまくできない時の軽減方法やなりたいスタイルや目的に合わせたアレンジも提案します。 「ダイエットやボディメイクをしたいけれど何から始めたらよいかわからない」「運動を始めたいけど難しいのは続かない」なら、まず「ラジオ体操」を極めてみるこ...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第2の正しいやり方】④胸を反らす運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。 「【ラジオ体操第二】④胸を反らす運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、うまくできない時の軽減方法やなりたいスタイルや目的に合わせたアレンジも提案します。 「ダイエットやボディメイクをしたいけれど何から始めたらよいかわからない」「運動を始めたいけど難しいのは続かない」なら、まず「ラジオ体操」を極めてみることを...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第2の正しいやり方】③腕を前から開き回す運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。 「【ラジオ体操第二】③腕を前から開き回す運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、うまくできない時の軽減方法やなりたいスタイルや目的に合わせたアレンジも提案します。 「ダイエットやボディメイクをしたいけれど何から始めたらよいかわからない」「運動を始めたいけど難しいのは続かない」なら、まず「ラジオ体操」を極めてみ...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第2の正しいやり方】②腕と脚を曲げ伸ばす運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。 「【ラジオ体操第二】②腕と脚を曲げ伸ばす運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、うまくできない時の軽減方法やなりたいスタイルや目的に合わせたアレンジも提案します。 「ダイエットやボディメイクをしたいけれど何から始めたらよいかわからない」「運動を始めたいけど難しいのは続かない」なら、まず「ラジオ体操」を極めてみ...
正しいラジオ体操

【ラジオ体操第2の正しいやり方】①全身をゆする運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。 「【ラジオ体操第二】①全身をゆする運動」を解剖学と運動学の視点から分析し、うまくできない時の軽減方法やなりたいスタイルや目的に合わせたアレンジも提案します。 「ダイエットやボディメイクをしたいけれど何から始めたらよいかわからない」「運動を始めたいけど難しいのは続かない」なら、まず「ラジオ体操」を極めてみること...
正しいヨガポーズ

【ねじった体側を伸ばすポーズ(パリヴリッタパールシュヴァコーナーサナ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【ねじった体側を伸ばすポーズ(パリヴリッタパールシュヴァコーナーサナ)】は、上半身をねじって体側を伸ばすヨガポーズです。 戦士のポーズ2(英雄のポーズ2)のように脚を大きく開いて全身を支え、ねじった三角のポーズ(三角ねじりのポーズ)よりも深いねじりを加えたポーズなので、より高いバランス感覚や柔軟性が必要になります。 土台が安定して柔軟性が向上してくると、足や手の位置で負荷や効かせたい場所をアレンジした応用バリエーションも楽しめます。 ポーズの名前と英語 「パリヴリッタ...
正しいヨガポーズ

【ねじった三角のポーズ(三角ねじりのポーズ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【ねじった三角のポーズ(三角ねじりのポーズ)】は、ヨガの代表的なポーズ三角のポーズに股関節とウエストのねじりを加えて気になるウエストや下半身の引き締め効果を高めたヨガポーズです。 腹部をねじって刺激を与えることにより内臓の働きを活性化させる効果もあり、足先から手先までのストレッチで全身リフレッシュできますが、「三角のポーズ」より難易度はだいぶ高くなるので、基礎となる三角のポーズが正しく安定してできていれば、より優れた美容健康効果が期待できるので、是非挑戦して欲しいヨガポー...
正しいヨガポーズ

【半月のポーズ(アルダチャンドラアーサナ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【半月のポーズ(アルダチャンドラアーサナ)】は、普段の生活では意識しにくい太もも周り(内側と裏側)、横腹、胸筋をしっかりストレッチしつつ、全身でバランスを取りながら体幹強化できるヨガポーズで、姿勢調整や骨盤調整効果も期待できます。 「上に引き上げた手先」「体幹の延長線上に上げた脚の足先」「支持脚の足」「床についた手」を結ぶと弧を描いた半月のように見えることから半月のポーズと呼ばれていますので、自分の身体の感覚を手先から足先まで研ぎ澄ませてバランス感覚(深部感覚)を鍛えられ...
正しいヨガポーズ

【三角のポーズ(トリコナーサナ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【三角のポーズ(トリコナーサナ)】は、安定した立位下半身の土台から身体を大きく側屈させつつ胸を開いて全身で三角形を作るヨガの代表的なポーズのひとつです。 横腹やウェスト周り、ふともも内側の内転筋群、ふともも裏側のハムストリングスなど日常生活ではなかなか意識が向かない筋肉やスマホやパソコン姿勢で短縮しがちな大胸筋を効果的にストレッチでき、姿勢の歪みや左右差を整える効果に優れています。 3D動画でポイントとなる筋肉の働きを理解して、気持ちよく全身が伸びるヨガポーズを最大限楽し...
正しいヨガポーズ

【鋤のポーズ(ハラーサナ)】 効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】逆転のポーズ

【鋤のポーズ(ハラーサナ)】は肩から骨盤まで上半身を逆転させた前屈のポーズで、首から背中にかけての深いストレッチ効果、腹部内臓や甲状腺機能を高める効果、背骨や骨盤の調整効果が期待できます。 日常とは逆の方向へ重力がかかり、肩関節まわりの柔軟性がキーとなるポーズのため、十分にほぐれた身体でシャバーサナの前に組み込むのがオススメです。 肩や首回りに違和感を感じたり、足が床につかないなどポーズがうまくできない場合は、3D動画でポーズの正しい構造を確認して身体に負担をかけずにヨガ...
正しいヨガポーズ

【椅子のポーズ(ヨガのチェアポーズ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【椅子のポーズ(ヨガのチェアポーズ)】は、体幹と下半身の筋肉を日常で使う筋肉運動パターンで強化できるスクワットのような筋トレ効果に加えて、背中や肩周りの運動も加えた全身運動ができる比較的筋肉への負荷が大きいヨガポーズです。 安定した下半身と体幹のある身体を作り、日常動作のパフォーマンス改善につなげやすいポーズなので、筋肉の働きやポーズの構成を3D動画で正しいフォームを確認して安全にヨガポーズを楽しみましょう。 ポーズの名前と英語 「Utkatasana(ウトゥカターサナ...
正しいヨガポーズ

【鷲のポーズ (ガルダーサナ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【鷲のポーズ(ガルダーサナ)】は、太いリンパや血管が通る股関節や肩関節周りをバランスよくストレッチしながら適度な刺激を与えて全身の循環を促しつつ、姿勢調整や骨盤調整効果に優れたヨガポーズです。 難しい上級者向けのヨガポーズと言われがちな【鷲のポーズ(ガルダーサナ)】ですが、ヨガポーズの解剖学を理解して丁寧に段階を踏んでポーズの練習をしていくことで誰でも正しいポーズでヨガの効果を実感できるようになります。 ポーズの名前と英語 片脚立位でバランスを安定させつつ腕と脚を組んだ...
正しいヨガポーズ

【木のポーズ(立木のポーズ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【木のポーズ(立木のポーズ)】は、ヨガ立位バランスポーズで一番シンプルですが、身体の軸を感じることに集中できるため、安定した体幹と綺麗な姿勢や美脚ラインを作る効果に優れています。 身体の軸が意識できるようになると、上半身に余計な力が入らず静かな呼吸とともにバランスがとれ、姿勢や立位での脚のラインが整って引き締まるだけでなく、より複雑なバランスポーズの安定感も向上して、より難易度の高いポーズにも挑戦できる基礎ができます。 肩こりや腰痛など姿勢が原因の体調不良から開放されたい...
正しいヨガポーズ

【英雄のポーズ 3 (戦士のポーズ3) 】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【英雄のポーズ 3 (戦士のポーズ3) 】は、全身でT字を作るバランス系ポーズで全身を引き締めつつ身体の軸を感じるバランス能力や集中力を鍛える効果に優れています。 ウォーリアワンやウォーリアツーと比べても難易度の高いポーズですが、集中力と深部感覚を鍛えることで無駄のない身体の使い方ができるようになるので、ポーズを正しく習得していくと同時に、疲れにくく引き締まった綺麗なボディラインに変化していくことを感じられます。 ポーズの名前と英語 「ヴィーラバドラ」はインドの三大神...
正しいヨガポーズ

【英雄のポーズ 2 (戦士のポーズ2) 】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【英雄(戦士)のポーズ2】は、両脚と両腕を左右に大きく広げて安定させた状態から前になる脚と首を回旋させて敵に挑む戦士(英雄)のような勇ましさを表現した下半身を中心に全身を鍛える筋トレ系のヨガポーズです。 このヨガポーズを通して、下半身と身体の軸を安定させることでリラックスした状態で上半身を動かせる身体の使い方を学ぶと、日常生活動作でも肩の力が抜けた高いパフォーマンスができるようになります。 ポーズの名前と英語 「ヴィーラバドラ」は、インドの三大神であるシバ神の化身(英...
正しいヨガポーズ

【シルシャーサナ(頭立ちのポーズ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【シルシャーサナ(頭立ちのポーズ)】は、立位を重力に対して逆転させて頭頂部と前腕のみで全身を支えるヨガポーズ。 「アーサナの王(キング)」と呼ばれて、ヨガを象徴するポーズとしても有名ですが、頭の先から爪先まで一直線に逆転させる逆立ちポーズなので、強い体幹と腕の筋力、重心バランスをとるための深部感覚が重要になる難易度が高いポーズです。 首に負担をかけずに憧れのヨガポーズをマスターするために、ヨガポーズ解剖学の十分な理解と必要な筋トレや柔軟体操などの準備をしてから取り組みまし...
正しいヨガポーズ

【肩立ちのポーズ(ショルダースタンド)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

ヨガの女王とも呼ばれる【肩立ちのポーズ(ショルダースタンド)】は、肩で全身を支える逆転立位ポーズなので立位とは異なる姿勢保持システムが作用し、重力や不良姿勢の影響をリセットする効果があるため、全身の血流や機能を促進して様々な美容、健康効果が期待できます。 逆転の状態で全身バランスをとるために、自分の身体の中心と手足の位置を明確に認識すること(固有受容感覚)が必要ですが、身体感覚を研ぎ澄ませて自分の身体の深部感覚を鍛える効果もあります。 ポーズの名前と英語 「Slamba...
正しいヨガポーズ

安楽座( スカ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

安楽座( Easy Pose)スカ・アーサナ( Sukhasana )はヨガの伝統的な坐法のひとつで、日本では「あぐら」として親しまれています。 比較的簡単に取れる坐法ですが、安定感を保つために全身の筋肉を使うので姿勢調整効果や体幹を鍛える効果が優れています。 ポーズの名称 安楽座( Easy Pose) スカ・アーサナ( Sukhasana )) 期待できる効果 心身のリラックス 背骨アライメント調整 骨盤調整 体幹強化 3D動画でポーズ...
正しいヨガポーズ

正座・金剛座 (ヴァジラ・アーサナ) 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

「正座」は日本でも古くから親しまれている基本坐法のひとつで、ヨガでは金剛座 (Diamond Pose) ヴァジラ・アーサナ( Vajrasana)と呼ばれます。 脚の前側(大腿四頭筋や前脛骨筋)のストレッチ効果が高く、正しく姿勢が取れれば骨盤や背骨のラインを整える姿勢調整効果が期待できるので、股関節・骨盤・背骨の解剖学的構造と連動を理解して安全に姿勢を整えましょう。 ポーズの名称 正座・金剛座 (Diamond Pose) ヴァジラ・アーサナ( Vajrasa...
正しいヨガポーズ

割り座・英雄座(ヴィラ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

【割り座】は基本坐法のひとつで、ヨガでは英雄座(Hero Pose)ヴィラ・アーサナ( Virasana )としてリラックスポーズのひとつになっています。 お尻の下に踵がある【正坐】と比べ、お尻の横に踵を置く【割り座】は、特に膝関節内側への負担が大きくなります。 3D動画を使って解剖学的構造を正しく理解して、安全で安定した坐位を楽しみましょう。 ポーズの名称 割り座・英雄座(Hero Pose) ヴィラ・アーサナ( Virasana ) 期待できる効果...
正しい筋トレ

自宅トレーニングに最適!【マウンテンクライマー】有酸素運動効果 & 体幹筋トレ【3D筋トレ動画】

マウンテンクライマーは、プランクの姿勢を保ちつつ脚を左右交互に前に出す筋力トレーニング。 【体幹強化+有酸素運動】のいいところどりのエクササイズで、自宅でも場所を取らずにでき、1日数分のトレーニングで効果を実感できるので、忙しい現代人にオススメの筋トレです。 マウンテンクライマーの3D動画 マウンテンクライマーの効果 マウンテンクライマーでは以下の効果が期待できます。 【有酸素運動の効果】 脂肪燃焼効果 呼吸循環器系強化 ダイエット効果 ...
正しい筋トレ

寝ながらできる腹筋トレ・骨盤調整〜ヒップアップ・姿勢改善に効果あり!【3D筋トレ動画】

美しい姿勢の土台である骨盤と背骨の柔軟性を高め、骨盤底筋群・臀筋を鍛えて締まったヒップを作りつつ、しっかり腹筋のトレーニングができる寝たままエクササイズを紹介します。 うつ伏せで関節運動が少なく、ターゲットマッスルに集中しやすいので、リハビリトレーニングなどにもオススメです。 期待できる効果 腹筋強化 ヒップアップ 骨盤調整 体幹強化 背骨の柔軟性向上 3D動画で解剖学的に理解 ポーズの作り方(Stage1) うつ伏せになり手をおでこ下に置く...
正しい筋トレ

「三角筋と上腕三頭筋」を効果的に鍛える腕立て伏せ【ダイヤモンド(ナロー)・プッシュアップ】とは【筋トレ動画】

ダイヤモンドプッシュアップは、上腕三頭筋と三角筋(前部)をターゲットにした腕立て伏せです。 二の腕の引き締めたり、負荷を強くして太い上腕や肩を作って逆三角形ボディメイクに有効です。 ダイヤモンド(ナロー)・プッシュアップ【3D動画解説】 ダイヤモンド(ナロー)・プッシュアップのやり方 両手を胸の真下におき、両手の人差し指と親指を合わせて三角形か「ひし形」の形を作るようにおいて、プッシュアップポジションを作ります。 脇を閉めて腕を体側に近づけ...
正しい筋トレ

正しいスクワットとは〜効果がでるやり方とフォーム(姿勢)【3D筋トレ動画】

下半身の筋トレの代名詞「スクワット」ですが、解剖学的に正しく理解して行わないと効果がないだけでなく、膝や腰を痛めてしまうケースも。 下半身の筋トレの代名詞「スクワット」の動きを解剖学的&運動学的な視点で3D動画を使って解説します。 スクワットで強化できる筋肉 スクワットのターゲットとなる筋肉をメインターゲット、補助的に作用する筋肉、トレーニング姿勢作りの筋肉に分けると以下のようになります。 メイン 大腿四頭筋(太ももの表側の筋肉) 大殿筋(お尻の筋肉) ...
正しい筋トレ

正しい腕立て伏せ・「大胸筋を鍛える」のプッシュアップ 【3D筋トレ動画】

腕立て伏せやプッシュアップを、どの姿勢で、どの筋肉にどんな刺激が入っているか意識して行っていますか? ターゲットとなる筋肉とポジショニングを意識しないと間違った運動になりやすい「腕立て伏せ(大胸筋をターゲットするプッシュアップ)」について、3Dの動画を用いて正しい方法をわかりやすく解説しています。 姿勢で効果(ターゲットマッスル)が変わる腕立て伏せ 腹筋と並ぶ筋トレの代名詞 「腕立て伏せ」ですが、使っている筋肉を意識してポジションを調整するだけで結果に大きな...
正しい筋トレ

シットアップやクランチだけじゃない!正しい腹筋トレーニング【3D筋トレ動画】

ダイエットやボディメイク目的で人気の腹筋を鍛える筋力トレーニングを正しく効果的に行えていますか? 鍛えるべき筋肉に正しく効果的な刺激を入れて、理想のくびれやシックスパックを手に入れるために、3D動画で正しい腹筋トレーニング方法を確認しましょう。 その腹筋運動でどこを鍛えていますか? シックスパックを作りたい くびれたウエストが欲しい お腹を凹ませたい いわゆる「腹筋」を鍛える筋力トレーニングに励む目的は人それぞれ。 そもそも鍛えたい腹筋がどこにあ...
正しい筋トレ

プランク(前腕プランク)【3D筋トレ・解剖学】正しく理解したい体幹強化トレーニングの基本姿勢!【3D筋トレ動画】

フロントブリッジとも呼ばれる前腕プランクは体幹強化に最適。 まずは正しい姿勢をマスターし、保持できる時間を伸ばしていきましょう。 基本を正しくマスターすれば、様々な応用トレーニングでより自分の希望にあったボディメイクを楽しめるようになります! 期待できる効果 体幹強化 ウェスト引き締め 姿勢改善 代謝アップ 上記に伴う様々な健康・美容効果 3D動画で解剖学的に理解 ポーズの作り方 うつ伏せになり、肘とつま先...
正しい筋トレ

【バードドッグ(ハンドニー)】〜体幹バランストレーニング【3D筋トレ動画】

バードドッグは、プランク同様に体幹の筋肉をバランスよく強化できる筋トレ。 四つ這いの姿勢から行い、負荷を調整しやすいためリハビリからハードなコアトレまで幅広く応用できます。 まずは基本の姿勢とターゲットマッスルを3D動画で理解し、結果が出るトレーニングを実践しましょう。 バードドッグのターゲットマッスル バードドッグのターゲとは【体幹】です。 【体幹】を安定させる筋肉を強化するためのトレーニングで、支えが不安定な状態でも体幹の前後の筋肉群をバランスよく協調さ...
タイトルとURLをコピーしました