わたしのメンテナンス

わたしのメンテナンス記事一覧

  1. 正しい姿勢の修正方法と維持する方法

    良い『姿勢』の作り方『姿勢』が良いことのメリットとデメリット良い『姿勢』の基準良い『姿勢』の保ち方『姿勢』が良いと人生が良くなります。

  2. 首回しは危険?!首こりを解消効果的に解消する方法

    「首周りの筋肉」が凝ると、眼精疲労や頭痛、肩こりにもつながります。首こりの原因と効果が持続する根本的な解消方法、よくある勘違いや間違いについてもまとめました。

  3. ヨガ効果を高めてリスクを減らす【リセットポーズ】

    ヨガポーズは目的のポーズをやりっぱなしにしてはいけません。ポーズで生じた負荷や負担をリセットするポーズとセットで行うことで、リスクを予防して効果を最大限高めることにつながります。ヨガのリセットポーズについてまとめました。

  4. 効果的なヨガ練習方法とシークエンスの組み方

    「憧れのヨガポーズに挑戦したい」「早く上達したい」でも怪我せず安全に行いたいですよね。ヨガレッスン(シークエンス)の組み方やデザインの仕方次第で、実感できる効果も上達速度にも大きな違いが出ます。

  5. どこでも簡単にできる!怠けた身体を起こす【ウェイクアップエクササイズ】

    座りっぱなしの仕事、夏は猛暑とクーラーでだるいし、冬は寒くて動きたくない。「運動不足」を自覚していても、怠けることを覚えた身体はそう簡単に言うことを聞いてくれません。

  6. 【ヨガのバランスポーズ解剖学】ヨガのやり方と効果がわかるイラスト図解

    ヨガポーズの中にはバランス能力強化に優れたポーズがたくさんあります。バランス能力強化が期待できるヨガポーズの正しいやり方やできない時の効果的な軽減方法や注意事項についてまとめました。

  7. 【逆転ヨガポーズ解剖学】ヨガのやり方と効果がわかるイラスト図解

    【逆転ヨガポーズ】とは、背骨を普段生活している状態と上下反対(上半身や頭が下で下半身が上)になるポーズのことです。

  8. 【背骨(軸)を伸ばすヨガポーズ解剖学】ヨガのやり方と効果がわかるイラスト図解

    【背骨(軸)を伸ばすヨガポーズ】とは、背骨の生理的湾曲を整えながら運動軸として背骨の椎間を広げるように上下に伸ばす要素が含まれるため、あらゆるヨガポーズの土台(基礎)を作るポーズであるとも言えます。

  9. 【ヨガ解剖学】正しいヨガポーズの基本とよくある間違い

    【ヨガポーズ】は、ポーズを深めれば深めるほど、回数をやればやるほど効果が高まると「勘違い」していませんか?【ヨガポーズ】ではリスクとベネフィットは常に表裏一体です。

  10. 【側屈ヨガポーズ解剖学】ヨガのやり方と効果がわかるイラスト図解

    背骨の【側屈】は普段の生活ではほとんど意識しませんが、【側屈ヨガポーズ】を正しく行うことで、背骨や椎間組織の機能と呼吸機能を高める優れた効果があります。

  11. 【ツイスト(ひねり)ヨガポーズ解剖学】ヨガのやり方と効果がわかるイラスト図解

    「背骨にエネルギーを与える」効果があると表現される【ツイスト(ひねり)ヨガポーズ】は、背骨を回旋させることにより椎間組織の弾性を高め、背骨と肩甲帯、背骨と骨盤帯の連携を調整する効果に優れています。

  12. 【後屈ヨガポーズ解剖学】ヨガのやり方と効果がわかるイラスト図解

    【後屈ヨガポーズ】とは、猫背姿勢になりがちな姿勢の問題を解消してくれるストレッチと筋トレ要素が含まれ、正しく実践すれば優れた美容健康効果を期待できますが、腰や首を痛めるリスクも非常に高いヨガポーズです。

  13. *【前屈ヨガポーズ解剖学 & 運動学】ヨガのやり方と効果がわかるイラスト図解

    【前屈ヨガポーズ】とは、股関節から身体を折り曲げるように身体の上前面(胸やお腹)と下前面(太もも)を近づけていくポースで、やり方次第で様々な美容健康効果があります。

  14. 憧れの【180°開脚】を目指す!柔軟性を高めるストレッチの正しいやり方

    身体の柔らかさを象徴する【開脚】は、身体が柔らかくなりたいとトレーニングやエクササイズに励む誰もが憧れて目指したいポーズです。

  15. 【ウォーミングアップ】と【クールダウン】の正しいやり方

    スポーツ、運動、エクササイズを始める前には【ウォーミングアップ】、終わった後には【クールダウン】をしますが、正しいやり方や目的を理解していますか?正しいストレッチ方法と正しいタイミングで取り入れていますか?怪我や筋肉...

  16. 正しい【ストレッチ】とは?ストレッチの種類と効果の出るやり方

    【ストレッチ】は、運動のウォーミングアップやクールダウン、柔軟性を高めるための手段として取り入れられることが多いですが、目的を達成するために効果的な「ストレッチ」の種類を選んで正しいやり方で実践できていますか?【ストレッチ】...

  17. 【柔軟性とは?】身体を柔らかくするために重要なこと

    「身体が柔らかい」くなりたいとストレッチやヨガに励む人はたくさんいますが、そもそも身体が柔らかさ(柔軟性)とは何か理解して自分に適した効果的なエクササイズができている人はあまりいません。

  18. 【四十肩(五十肩)】とは?肩こりや腕の上がりにくさとの違い

    40代〜50代の肩が腕が上がりにくいとか腕を動かすと痛みがあると「四十肩」とか「五十肩」とか言われますが、これは病名や症状を表す正確な言葉ではありません。

  19. 脳のネットワーク

    100年に一度と言われる「コロナウィルス」の蔓延は年単位の戦いになり、世界中で働き方を始めとする生き方そのものを大きく変える必要性に迫られています。

  20. 自分に合った目的を達成できるエクササイズや運動メニューの選び方と正しいやり方

    希望通りの結果を出すための『運動方法』の選び方と正しいやり方「運動しなくちゃ!」と思うきかっけやエクササイズをすることで目指す理想の自分像が様々あるように、運動メニューの種類もたくさんあります。

  21. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑬深呼吸【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  22. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑫腕を振って脚を曲げ伸ばす運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  23. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑪両脚で跳ぶ運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできている人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  24. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑩体を倒す運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできている人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  25. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑨体をねじり反らせて斜め下に曲げる運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできている人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  26. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑧片脚跳びとかけ足・足踏み運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  27. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑦体をねじる運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできている人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  28. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑥体を前後に曲げる運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  29. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑤体を横に曲げる運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  30. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】④胸を反らす運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  31. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】③腕を前から開き回す運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  32. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】②腕と脚を曲げ伸ばす運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  33. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】①全身をゆする運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  34. 【ラジオ体操第一⑬深呼吸】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    「なにか運動しないと!」と思ったらまず選択肢に入れて欲しい【ラジオ体操第一】は、わかりやすいシンプルな体操の組み合わせで、たった3分で終わるのに、全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  35. 【ラジオ体操第一⑫腕を振って脚を曲げ伸ばす運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    たった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズである「ラジオ体操第一」は13項目の体操の並び順にもちゃんと効果を高める意図が組みこまれています。

  36. 【ラジオ体操第一⑪両脚で跳ぶ運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    シンプルだけど現代人の悩みにしっかりアプローチできる「ラジオ体操」は、たった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  37. 【ラジオ体操第一⑩体を回す運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    本気で丁寧にやればたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズである【ラジオ体操】。

  38. 【ラジオ体操第一⑨体を斜め下に曲げ胸を反らす運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    本気でやってみるとかなり効く(効果が高い)ことに気が付く「ラジオ体操」は、たった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  39. 【ラジオ体操第一⑧腕を上下に伸ばす運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    よく知っているいるようで、正しいやり方が意外とわかっていない「ラジオ体操」。「ラジオ体操」は正しく丁寧に実践すれば、たった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズになります。

  40. 【ラジオ体操第一⑦体をねじる運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    たった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズである【ラジオ体操第一】。シンプルで続けやすい体操だからこそ、正しいやり方を理解すれば嬉しい効果を実感できます。

  41. 【ラジオ体操第一⑥体を前後に曲げる運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    たった3分でも全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズなのに、正しくできている人が少なく真価が発揮されていない【ラジオ体操第一】。

  42. 【ラジオ体操第一⑤体を横に曲げる運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    私たちは自分が思っている以上に高い運動能力があるのですが、日常生活で動かす範囲は限られているため、お休みしてしまっている筋肉や機能(能力)が結構あります。

  43. 【ラジオ体操第一④胸を反らす運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズである「ラジオ体操」の4番目に登場する「④胸を反らす運動」は、胸郭や胸椎を柔軟に動かすことで、猫背を解消して姿勢を整えたり、呼吸を深める効果が高いので、現代人のよくある体...

  44. 【ラジオ体操第一③腕を回す運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    知らない人はいないくらい有名な国民体操「ラジオ体操」ですが、正しい動きで行って、優れた効果を最大限実感できている人は多くありません。

  45. 【ラジオ体操第一①伸びの運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    誰でもできるように構成されていてみんな1度はやったことがある【ラジオ体操第一】は、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強ダイエット運動メニューでもあるのですが、正しくできている人(効果を最大限に実感できている人...

  46. 【ラジオ体操】は最強ダイエット運動メニュー?!【イラスト図解付き解剖学】

    ラジオ体操とは「いつでも、どこでも、だれでも」がコンセプトの通り、老若男女誰でもやりやすく解剖学観点からみても本当によくできていると実感します。

  47. 【インナーユニットとは?】正しいコア(体幹)トレーニング(鍛え方)のためのイラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学

    【インナーユニット】は体幹(コア)最深層構造!背骨のアライメントを整えて姿勢を根本から改善し、下腹が凹んでくびれたウエストがある強くてキレイなコア(体幹)を作りたいならば、まず注目して鍛えるべきは【インナーユニット】です。

  48. 【なで肩 いかり肩とは?】タイプ別肩こりの治し方と筋トレ(ボディメイク)方法

    なで肩、いかり肩、巻き肩など、肩周りの筋肉の使い方で姿勢や見た目は大きく変わります。

  49. 【下半身トレ解剖学】お尻・股関節・脚を鍛えるトレーニングの正しいやり方

    【下半身(お尻・股関節・脚)】を鍛えるトレーニングやエクササイズ効果を最大限高める解剖学と運動学についてイラストを用いてわかりやすく解説しています。

  50. 【コア(体幹)筋トレイラスト解剖学】体幹の筋肉を鍛えるトレーニングの正しいやり方

    コア(体幹)の筋肉を正しく効果的に鍛えるための正しいやり方を解剖学で解説!「シックスパックを作りたい」「くびれたウエストが欲しい」「下腹を凹ませたい」などコア(体幹)を鍛える目的は人それぞれですが、筋力トレーニングを正しく効...

  51. 【上半身トレ解剖学】胸・肩・腕を鍛えるトレーニングの正しいやり方

    【上半身(胸・肩・腕)】を鍛えるトレーニングやエクササイズ効果を最大限高める解剖学と運動学についてイラストを用いてわかりやすく解説しています。

  52. 【腹式呼吸】【胸式呼吸】の違い【呼吸に作用する筋肉まとめ】

    【呼吸】は最高のコアトレ!呼吸を意識して健康になろう!普段無意識に行っている「呼吸」を意識的に整えれば、体幹(コア)を鍛え、姿勢を整え、ケガ予防、疲労の軽減、精神安定、集中のコントロール効果が期待できます。

  53. 【脳老化と認知症予防対策】脳機能を高めて豊かな人生を送る方法

    「脳老化」を抑制する脳トレで人生100年時代を元気に楽しむための具体的な方法について考えました。世界でもトップクラスの高齢化社会の真っ只中にある日本。

  54. こころの病気(精神疾患)は脳の障害〜心と身体のつながりを意識して健康維持

    【病は気(心持ち)から】と昔から言われていますが、心と身体が密接に繋がっているということは現代医学でも説明ができます。

  55. スマホ時代の正しい眼精疲労・近視対策!【視力の仕組みとよくある勘違い】コンタクトやレーシックに頼らない視力回復法

    スマホ時代の正しい眼精疲労・近視対策!モノは目で見ているのはありませんし、視力はメガネ・コンタクト・レーシックでは回復しません。

  56. 子供の脳発達や発育に関するよくある間違い〜将来スポーツ選手や世界で活躍する人材する教育方法〜

    身体、脳機能や神経経路、精神機能の発達過程を理解していると子供の成長やパフォーマンスアップのための適切な教育指導法も見えてきます。子供は日々の生活や遊びの中で様々なことを覚えて学びながら心身機能を発達させていきます。

  57. 【頭痛の特徴と原因】【現代人に最も多い頭痛と正しい解消法】

    頭は身体の司令塔である「脳」が収まっている人体の中でも最も重要な場所のひとつ。そして、「頭痛」は、脳卒中(脳出血・脳梗塞)など重篤な病気のサインでもあるので、どうしても過剰に心配になってしまいますよね。

  58. 「足す」よりも「やめる」ことで健康とお金を貯金していこう!

    「やめる」方が「やる」よりも効果的なことがたくさんある!健康状態を改善しようと思った時、一生懸命何かを足そうとしていませんか?その努力が健康状態を悪化させている原因かもしれません。

  59. ウィルス対策は「免疫力」が100% !感染症やアレルギー疾患と免疫力をアップする方法

    ウィルスや難病を克服する鍵である「免疫力」についてまとめました人間の身体の仕組みを考えた時、ウィルス感染やアレルギーなどの自己免疫疾患から効果的に自分を守れる方法はただひとつなので、その観点で情報を整理してまとめました。

  60. 『五感・痛覚・温度覚・深部感覚…』感覚の種類と感覚受容器まとめ

    感覚の種類(五感など)や感覚受容器など「感じる」仕組みについてまとめました。

  61. めまいはなぜ起こる?原因別対処法まとめ

    めまいやフラフラ感は日常のちょっとした変化(寝不足や血糖値の低下など)でも起こり得る症状ですが、重篤な病気(脳血管障害など)の症状である場合もあります。

  62. ストレスとはそもそも何?ストレス社会の正しい対処法

    イライラ・対人関係の問題・不安感・欲求不満…現代は「ストレス社会」と言われ多くの人が精神的・肉体的ストレスを感じ、ストレスは他人や周りの環境によって与えられるやっかいものだと考えていますが、ストレスは自分の身体を守るために自分が発生...

  63. ぐっすり眠りたい〜「スマホ疲れ」「脳疲れ」解消して毎日をスッキリ元気に過ごす方法

    現代人の生活はスマホやインターネットの普及などで便利になる一方で、 睡眠時間確保がおろそかになったり、質の高い睡眠を妨害する要素が増えたため、睡眠の悩みを持つ人が急増しています。

  64. 「頑張らないから成功するダイエット」痩せて元気になる超簡単なダイエット方法

    頑張らない『ダイエット』の方が成功確率は上がります!ダイエットは頑張ることだと誤解していませんか?ダイエットが成功しないのは意思が弱いせいだと思っていませんか?次々と登場する「新しい」ダイエットを追いかけ続ける「ダイ...

  65. 【アウターユニットとは?】正しい体幹トレーニング(鍛え方)のためのイラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学

    【アウターユニット】とは、体幹(コア)を安定させつつ運動開始をサポートする機能ユニット【アウターユニット】とは、「インナーユニット」を補強して体幹軸を安定させつつ、姿勢やバランスを維持しながら関節運動を起こす運動学的な筋肉の...

  66. 「手が温かい人は心も温かい」理由を医学的に解説!【手も心も温かい人になる方法】

    「手が温かい」人は高確率で「心が温かい」理由を医学で説明!「手が温かい人は心が冷たい」や「手が冷たい人は心が温かい」など手の温度(物理的な体温)と心の温度(マインドや態度)の関係を使った表現が使われることがあります。

  67. マッサージが不要になる正しい「コリ解消コンディショニング」方法

    慢性的な肩こり・首こり・腰痛を根本的に解消したいなら「筋トレ」しよう!多くの現代人が悩む肩こり・首こり・腰痛はマッサージや整体では解消できません。「筋トレを始めたら、肩こり・首こり・腰痛がすっかり消えた。

  68. 「野球選手のお尻が大きい理由」から学ぶ正しい筋肉の鍛え方 

    プロ野球キャンプに参加して実感した【野球選手のお尻が大きい理由】を医学的に解説します。あるプロ野球球団のキャンプのお手伝いをしたことがあるのですが、その際に改めて実感したことがあります。

おすすめカテゴリー記事