わたしのトリセツ

わたしのトリセツ記事一覧

  1. 【ディープフロントライン(深前線:DFL)】アナトミートレイン・イラスト図解解剖学⑥

    【ディープフロントライン(深前線:DFL)】についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説筋膜の機能的なつながりである「アナトミートレイン」のうち、コアで空間を作って姿勢軸を支える【ディープフロントライン(深前線:DFL)】に...

  2. 【アームライン(AL)】アナトミートレイン・イラスト図解解剖学⑤

    【AL(アームライン)】についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説筋膜の機能的なつながりである「アナトミートレイン」のうち、体幹軸から肩甲帯を経由して、上肢(腕・手・指)へつながる4つの筋膜ラインを含む【AL(アームライン...

  3. 【機能線(ファンクショナルライン:FL)】アナトミートレイン・イラスト図解解剖学⑤

    運動のパフォーマンスアップに機能する【FL(ファンクショナルライン:機能線)】についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説筋膜の機能的なつながりである「アナトミートレイン」のうち、アームラインや下肢(脚と足)を体幹をつなぐよ...

  4. 【ラセン線(SPL)】アナトミートレイン・イラスト図解解剖学④

    【SPL(スパイラルライン:ラセン線)】についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説筋膜の機能的なつながりである「アナトミートレイン」のうち、足底から頭部まで身体の周りを左右2つの対抗するラセンで包み込む【SPL(スパイラル...

  5. 【外側線(LL:ラテラルライン)】アナトミートレイン・イラスト図解解剖学③

    【LL(ラテラルライン:外側線)】についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説筋膜の機能的なつながりである「アナトミートレイン」のうち、身体の外側を走行して他の筋膜ラインの統合と調整に機能する【LL(ラテラルライン:外側線)...

  6. 【スーパーフィシャルフロントライン(SFL:浅前線)】アナトミートレイン・イラスト図解解剖学②

    【SFL(スーパーフィシャルフロントライン:浅前線)】についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説筋膜の機能的なつながりである「アナトミートレイン」のうち、足背から頭皮まで身前面を2本のラインでつなぐ【SFL(スーパーフィシ...

  7. 『人体の柱:骨(ほね)』構造(解剖学)と役割(生理学)

    骨(ホネ)の解剖学と生理学二本足歩行をする人間が重力に対して安定した生命体構造を維持するためには、筋肉と骨による筋骨格系が軸となります。まずは、姿勢や運動の軸となる骨の基本的な役割について整理しましょう。

  8. 【柔軟性とは?】身体を柔らかくするために重要なこと

    「身体が柔らかい」くなりたいとストレッチやヨガに励む人はたくさんいますが、そもそも身体が柔らかさ(柔軟性)とは何か理解して自分に適した効果的なエクササイズができている人はあまりいません。

  9. 【甲状舌骨筋(舌骨下筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【甲状舌骨筋】は、嚥下時の舌骨引き下げの他、高音を出す時の咽頭の動きにも作用します。【甲状舌骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  10. 【胸骨甲状筋(舌骨下筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【胸骨甲状筋】は舌骨下筋群深層部の筋肉で、甲状腺など頸部の神経血管および腺など重要な多数の器官と隣接しています。【胸骨甲状筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  11. 【肩甲舌骨筋(舌骨下筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【肩甲舌骨筋】は、二つの筋腹を中間腱を介して結合して肩甲骨から舌骨まで走行している筋肉で、嚥下後に舌骨と咽頭を押し下げて嚥下中に閉じた気道を再開通する役割があります。

  12. 【胸骨舌骨筋(舌骨下筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【胸骨舌骨筋】は舌骨を鎖骨と胸骨に接続し、嚥下中に挙上された舌骨を元の位置に戻して気道(呼吸)を再開する作用があります。【胸骨舌骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  13. 【虫様筋(手内在筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【虫様筋】は、屈筋腱から起始して伸筋腱に停止するユニークな構造の筋肉で、中手指節関節(MCP)の屈曲と指節間(IP)関節の伸展に作用します。【虫様筋】解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  14. 【小指伸筋(前腕後面表層筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【小指伸筋】は「総指伸筋」の内側を走行して、第5指(小指)の独立した伸展運動に作用する筋肉です。【小指伸筋】の解剖学構造をイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

  15. 【小趾対立筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【小趾対立筋】は、足底外側部にある小さな筋肉で第5趾の外転と屈曲に作用します。【小趾対立筋】の構造についてイラスト動画を使ってわかりやすく説明しています。

  16. 【短母趾伸筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短母趾伸筋】は足背筋群最内側の筋肉で、「長母趾伸筋」や「短趾伸筋」と一緒に働いて、歩行やランニングの際につま先が地面に引っかからないように作用しています。

  17. 【短趾伸筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短趾伸筋】は足背筋肉群に分類される筋肉で、他の筋肉群をサポートしながら、足趾(つま先)伸展に作用しています。【短趾伸筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  18. 【足底筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【足底筋】は、「腓腹筋」とほぼ同じ走行で「腓腹筋」深層を走行する細長い筋肉です。【足底筋】 の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  19. 【錐体筋】ストレッチと筋トレのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【錐体筋】は、白線の両側にある三角形の小さな筋肉で、「腹直筋」と共に腹壁を強化して内臓を保護したり、腹圧が必要な活動(呼吸・排泄・発声など)を司る役割があります。

  20. 【肋下筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【肋下筋】は、内肋間筋と同じ走行で2-3肋骨をまたぐように走行している呼吸補助筋(胸郭深層筋)です。【肋下筋】の解剖学的構造イラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  21. 【胸横筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【胸横筋】は胸郭前面深層で、胸骨と肋骨を繋ぐように走行している呼吸補助筋です。【胸横筋】の解剖学的構造イラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  22. 【鎖骨下筋】筋トレやストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【鎖骨下筋】は鎖骨下にある小さな筋肉ですが、鎖骨を肩甲帯に安定させ、鎖骨下の神経や血管を守る役割があります。【鎖骨下筋】の解剖学的構造イラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  23. 【肋骨挙筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(起始停止や作用)

    【肋骨挙筋】は、胸郭背面で胸椎と肋骨をつなぐように走行する小さな呼吸補助筋で、背筋最深層部にあります。【肋骨挙筋】はについてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  24. 【顎関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【顎関節】は頭蓋(頭および顔部分)唯一の可動関節で、摂食および咀嚼、発声などにおいて重要な役割があります。【顎関節(側頭下顎関節)】の運動方向や可動域(ROM)】についてイラスト図解を用いてわかりやすくまとめました。

  25. 関節とは?関節の種類と運動方向(運動面)の基礎知識まとめ

    『関節』の構造がわかると運動がわかる! 【関節】は、骨と骨をつないで人体の姿勢や運動軸を作り、筋肉の収縮による運動方向や可動域を決める重要な要素です。

  26. 【手首・手・手指関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【手部(手首〜ゆび先まで)】は、片手で27個(両手合わせると54個)構成されていて、それぞれの骨結合ごとに関節面があります。

  27. 【肩甲骨とは?】肩の運動と姿勢のバロメーター【イラスト図解でわかりやすい骨解剖学】

    【肩甲骨】は肩関節の主要な構成要素で肩関節可動域や姿勢評価の指標!【肩甲骨】は、胸郭背面(背中上部)に左右対称ある薄い三角形の骨で、「天使の羽」と呼ばれたりもします。

  28. 【肩甲上腕リズム】肩関節における腕と肩甲骨の動きの関係

    上腕骨と肩甲骨の運動学的相互作用である【肩甲上腕リズム】について整理しよう!【肩甲上腕リズム】とは、【肩関節複合体(肩甲帯)】作用(運動)おいて、上腕骨と肩甲骨の運動学的相互作用のことです。

  29. 【表情筋(顔の筋肉)種類まとめ】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学

    【表情筋】(表情を作る顔の筋肉)は20種類以上あり、顔の印象は表情筋の使い方やコンディション(柔軟性や筋力)で大きく変わります。

  30. 【頭の筋肉まとめ】種類と構造〜イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学

    頭皮(フケや匂い対策)や髪の毛(抜け毛、薄毛、白髪予防など)トラブルのケアについては熱心な人でも、【頭の筋肉】のケア(コリ解消)はピンと来ないかもしれません。

  31. 【側頭筋】頭痛や噛み合わせ問題解消マッサージの正しいやり方【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    【側頭筋】は、側頭から下顎骨を引き挙げ咀嚼運動(口を閉じる)で活躍する側頭部ある面積の広い筋肉です。

  32. 【後頭筋】眼精疲労や頭のコリをリフレッシュする方法【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    【後頭筋】は、頭部後面にある筋肉で、筋膜を介して表情や目を閉じる運動などに作用します。【後頭筋】機能が低下すると目を閉じにくくなったり、逆に過緊張状態が続くと頭痛や歯痛、目尻のシワ増加、眼精疲労につながる場合があります。

  33. 【前頭筋】おでこのシワをほぐすマッサージのやり方【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【前頭筋】は、眉毛を挙上しておでこに横皺を作る筋肉で、考え事や心配事が多かったり、パソコン作業やスマホの長時間使用で緊張して硬直しやすい傾向があります。

  34. 【帽状腱膜】ケアで頭皮・髪・顔のトラブル解消【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    【帽状腱膜】は、人体最上部にある筋膜で、頭頂部から後頭部にかけて帽子のように頭蓋骨を覆っています。頭部の筋肉である前頭筋・後頭筋・側頭筋と直接的につながり、足裏から背面を通る背面筋肉のつながり(SBL)の上端でもあります。

  35. 【大殿筋】筋トレとストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【大臀筋】は、お尻の丸みと脚と境目を作る人体最大のアウターマッスルす。歩行、ランニングなどの運動に大きな力を発揮する他、姿勢保持においても骨盤と股関節を安定させる重要な役割があります。

  36. 【大腿筋膜張筋】ストレッチと筋トレのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    【大腿筋膜張筋】とは、骨盤前外側面に筋腹があり、大腿筋膜や腸脛靭帯と結合して骨盤安定や股関節運動に大きな影響を及ぼす筋肉です。

  37. 【仙腸関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【仙腸関節】は、【骨盤】の構成要素でもあり、脊柱(椎間関節)および股関節(下半身)の動きに連動する衝撃を吸収し、姿勢やバランス調整に重要な役割を果たす人体の関節のひとつです。

  38. 【頭蓋】頭蓋骨(頭と顔を作る骨)構造がイラスト図解でわかりやすい骨解剖学

    頭と顔を構成する人体で一番上にある骨構造である【頭蓋】と頭蓋を構成する【頭蓋骨】ついてイラスト図解付きでわかりやすく解説しています。【頭蓋】は、ひとつの骨ではなく、15種類(23個)の【頭蓋骨】で構成されています。

  39. 【寛骨(腸骨・坐骨・恥骨)】と【骨盤(寛骨・仙骨・尾骨)】骨構造がイラスト図解でわかりやすい骨解剖学

    「骨盤矯正」「骨盤チェック」「骨盤の歪み」「骨盤底筋群」など姿勢矯正(整体など)場面や、ヨガポーズ、スポーツや運動メニューのやり方説明をする時なども含めて【骨盤】という言葉をよく聞きますが、そもそも【骨盤】とはどんな骨構造か正しくイ...

  40. 【脊椎(脊柱・背骨)〜頸椎・胸椎・腰椎・仙骨・尾骨〜】構造がイラスト図解でわかりやすい骨解剖学

    集合体を支える人(物)のことを【大黒柱】と言いますが、人体(骨格)の大黒柱は背骨(脊柱)です。

  41. 【大腿骨】太もも骨構造【イラスト図解でわかりやすい骨解剖学】

    【大腿骨】は人体のふともも部分を構成する管状の長く強い骨であり、股関節と膝関節の一部として姿勢や運動に関与しています。

  42. 【股関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【股関節】とは、骨盤と大腿骨で構成される関節です。名前の通り、人体の中心にある「股」を構成する大きな関節であり、上半身を支えて姿勢を保持したり、歩行や立位での下半身(脚)運動に大きな役割を果たしています。

  43. 【深層外旋六筋】イラスト図解!ストレッチとトレーニングのための【筋肉解剖学(作用や起始停止)】

    【深層外旋六筋】とは、お尻の深層にあるインナーマッスル6筋:【梨状筋】【内閉鎖筋】【外閉鎖筋】【下双子筋】【上双子筋】【大腿方形筋】の総称です。

  44. 【縫工筋】ストレッチとトレーニングのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    【縫工筋】は腸骨から大腿前面を斜めに脛骨内側部まで走行する人体最長の筋肉で、股関節(骨盤)と膝関節運動に作用します。

  45. 【大腿(太もも)筋肉】全種類まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    大腿(太もも)にメインとなる筋腹がある筋肉は、前ももの筋肉(膝関節伸筋群:大腿四頭筋)、後もも(膝関節屈筋群:ハムストリング)、内もも(股関節内転筋群)の3つに大きく分けられます。

  46. 【股関節内転筋群】内ももの筋肉【ストレッチと筋トレのためのイラスト図解剖学】

    【股関節内転筋群】とは大腿(太もも)内側(お腹側)にある5筋:「恥骨筋」「長内転筋」「短内転筋」「大内転筋」「薄筋」の総称です。

  47. 【大腿四頭筋】前ももの4つの筋肉【ストレッチと筋トレのためのイラスト図解剖学】

    【大腿四頭筋】とは、大腿前面(太ももの前側)にある4筋:「大腿直筋」「中間広筋」「外側広筋」「内側広筋」の総称です。

  48. 【ハムストリング】ダッシュや柔軟に重要なもも裏筋肉【ストレッチと筋トレのためのイラスト図解剖学】

    【ハムストリング】とは太もも裏側に筋腹がある3筋(4頭):「大腿二頭筋」「半腱様筋」「半膜様筋」の総称です。

  49. 【腸腰筋】を正しく鍛えて100歳まで腰が曲がらず元気に歩く!【腸腰筋ストレッチと筋トレのためのイラスト図解剖学】

    【腸腰筋】は上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉であり、最強の股関節屈筋として強い力を発揮したり、立位姿勢保持筋としても重要な役割をしています。

  50. 【腹直筋】割りたい腹筋【わかりやすいイラスト筋肉解剖学と正しいトレーニングのやり方】

    【腹直筋】とは、一般的に腹筋と呼ばれるお腹前表面にあるシックスパックや腹部縦ラインとして意識されている魅せ筋肉(アウターマッスル)の正式名称です。

  51. 【足根骨・中足骨・足趾骨】イラスト図解でわかりやすい骨解剖学

    【足根骨・中足骨・足趾骨】は、立位歩行においては唯一地面と直接面する骨です。

  52. 血液と血管が作る血流の役割と血圧の仕組み

    血管と血液による血流の仕組みと血圧の仕組みについてまとめました。血液は全身に張り巡らされた血管という専用通路を使って、細胞や臓器に必要な様々な物質の運搬を担う全身をめぐるライフラインです。

  53. 脳のネットワーク

    100年に一度と言われる「コロナウィルス」の蔓延は年単位の戦いになり、世界中で働き方を始めとする生き方そのものを大きく変える必要性に迫られています。

  54. 【インナーユニットとは?】正しいコア(体幹)トレーニング(鍛え方)のためのイラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学

    【インナーユニット】は体幹(コア)最深層構造!背骨のアライメントを整えて姿勢を根本から改善し、下腹が凹んでくびれたウエストがある強くてキレイなコア(体幹)を作りたいならば、まず注目して鍛えるべきは【インナーユニット】です。

  55. 【筋膜とアナトミートレイン】筋膜リリースや筋膜はがしのためのイラスト図解解剖学

     筋膜の構造と全身の筋膜のつながりをマッピングした「アナトミートレイン」についてイラストを使ってわかりやすく解説「筋膜リリース」や「筋膜はがし」という言葉が流行していますが、そもそも「筋膜」とはどんな構造や役割を持っているも...

  56. 【スーパーフィシャルバックライン(SBL:浅後線)】アナトミートレイン・イラスト図解解剖学①

    【SBL(スーパーフィシャルバックライン:浅後線)】についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説足底から頭頂部まで背面を一直線につなぐ【SBL(スーパーフィシャルバックライン:浅後線)】は、直立二本足歩行を獲得した人間の機能...

  57. 【骨盤底筋とは?】ヨガとトレーニングのための【筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    骨盤底筋ヨガ、骨盤底筋を鍛えるグッズなど骨盤底筋トレーニングや骨盤底筋体操が女性のみならず男性にも人気ですが、【骨盤底筋】とはどんな問題を解決してくれるどんな筋肉でしょうか?【骨盤底筋】の解剖学構造(起始停止)や作用を意識し...

  58. 【脊柱(椎間関節)】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【背骨(脊柱)】は椎骨同士の関節(椎間関節)が連なった構造で、背骨(脊柱)全体としての運動方向を、頸椎・胸椎・腰椎の構造の違いや動きの特徴を含めて理解することで、正しい姿勢評価やヨガなどの運動メニューが行えるようになります。

  59. 【前鋸筋】筋トレやストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【前鋸筋】は、肋骨から脇の下を経由して肩甲骨へと走行する鋸状のインナーマッスルで、肩甲骨を肋骨面に安定させる姿勢筋として、呼吸を補助する呼吸筋として、そして、ボクサーのパンチ、野球のピッチング、バレーボールのスパイク時などのように腕...

  60. 【僧帽筋】筋トレやストレッチのための【イラスト図解ででわかりやすい筋肉解剖学(起始停止や作用)】

    【僧帽筋】とは、肩甲骨周囲から背中上部と首後面まで菱形状に覆う大きな筋肉で、肩や腕の運動に強力に作用します。

  61. 【足関節(足部関節)と足趾関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【足部(かかとや足首〜足のゆび先まで)】には左右で56個の骨で構成されていて、それぞれの骨結合ごとに関節面があります。

  62. 【膝関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【膝関節】は、人体最大の滑膜関節で強力な靭帯や軟骨を含む構造になっています。怪我や関節症などを起こしやすい【膝関節】の正常な運動方向についてイラストでわかりやすく解説しています。

  63. 【骨盤】傾きと運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【骨盤】は上半身と下半身をつなぐ骨構造で、複数の関節や骨構造を含みます。

  64. 【肋間筋(外肋間筋・内肋間筋・最内肋間筋】肋骨を動かす呼吸筋【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【肋間筋】とは肋骨間を埋める様に走行している筋肉で、胸郭を広げたり狭めたりして横隔膜を補助する呼吸(補助)筋です。【肋間筋】についてイラスト図解(解剖図)を使ってわかりやすく説明しています。

  65. 【肩関節(肩甲帯)複合体】可動域と運動方向【イラストわかりやすい解剖運動学】

    「肩関節」複合体としての動きや関節可動域について整理【肩関節】とは体幹を起点に腕(上肢)を大きく広範囲に動かす関節で、人体の関節の中でも最も広範囲な可動域を持っています。

  66. 【横隔膜】呼吸筋 & 最強コアマッスル【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(起始停止と働き)】

    【横隔膜】とは、膜という名称がついていますが胸郭と腹腔を隔てる位置にあるメインの呼吸筋(骨格筋)であり、インナーユニットとして運動や姿勢維持でも最もコア(中心)になる筋肉です。

  67. 【腹式呼吸】【胸式呼吸】の違い【呼吸に作用する筋肉まとめ】

    【呼吸】は最高のコアトレ!呼吸を意識して健康になろう!普段無意識に行っている「呼吸」を意識的に整えれば、体幹(コア)を鍛え、姿勢を整え、ケガ予防、疲労の軽減、精神安定、集中のコントロール効果が期待できます。

  68. 脳性麻痺とは?先天異常とは?原因、症状、種類、リハビリ、赤ちゃんから大人までのリハビリなど

    先天異常(出生前に要因あり)、出生前後の障害、および新生児(生後4週間以内)までの間に生じた障害についての概要と、疾患例として【ダウン症候群(21トリソミー)】【二分脊椎(脊柱管閉鎖不全症)】【分娩損傷】【脳性麻痺】の概要を整理してまと...

  69. 『筋肉の機能障害』種類まとめ:「ミオパチー」と「ニューロパチー」の違い

    「筋肉(主に骨格筋)」の機能低下を引き起こす病気を原因別:「筋原性」「神経性」「神経筋接合部の問題」:に分類して整理!筋の病気の原因を大きく分類すると、筋自体に原因があるもの、筋を動かす作用を持つ神経系に原因があるも、筋肉と...

  70. 『中枢神経(脳と脊髄)疾患』症状や治療法などのまとめ

    『中枢神経(脳と脊髄)疾患』症状や治療法などのまとめ中枢神経(脳と脊髄)の病変について整理してまとめました。

  71. 意識障害鑑別方法〜原因、症状、回復、種類(分類)や評価方法も!

    「意識」は私たちの意図的な活動の前提となる脳機能です。意識が正常な状態と意識障害の判別、意識の程度を客観的に状態を把握できる評価(指標)について整理してまとめました。

  72. 「中枢神経系(脳と脊髄)」血流の仕組みと血管障害

    中枢神経系(脳と脊髄)を栄養する血液循環の仕組みと血管障害についてまとめています。

  73. こころの病気(精神疾患)は脳の障害〜心と身体のつながりを意識して健康維持

    【病は気(心持ち)から】と昔から言われていますが、心と身体が密接に繋がっているということは現代医学でも説明ができます。

  74. スマホ時代の正しい眼精疲労・近視対策!【視力の仕組みとよくある勘違い】コンタクトやレーシックに頼らない視力回復法

    スマホ時代の正しい眼精疲労・近視対策!モノは目で見ているのはありませんし、視力はメガネ・コンタクト・レーシックでは回復しません。

  75. 排尿の仕組みと排尿障害〜排尿に関わる器官と神経〜

    排尿とは体内の老廃物を尿として体外に排出することで、排尿をコントロールしているのは脳を含めた神経系です。排尿の仕組みと排尿に関わる器官や神経の働き、排尿の神経経路の問題で起こる排尿障害(神経因性膀胱)について整理してまとめています。

  76. 子供の脳発達や発育に関するよくある間違い〜将来スポーツ選手や世界で活躍する人材する教育方法〜

    身体、脳機能や神経経路、精神機能の発達過程を理解していると子供の成長やパフォーマンスアップのための適切な教育指導法も見えてきます。子供は日々の生活や遊びの中で様々なことを覚えて学びながら心身機能を発達させていきます。

  77. 【頭痛の特徴と原因】【現代人に最も多い頭痛と正しい解消法】

    頭は身体の司令塔である「脳」が収まっている人体の中でも最も重要な場所のひとつ。そして、「頭痛」は、脳卒中(脳出血・脳梗塞)など重篤な病気のサインでもあるので、どうしても過剰に心配になってしまいますよね。

  78. 【レントゲン】【CT】【エコー】【MRI】画像診断比較(長所・短所)

    病気やケガの診断、腫瘍や病変の早期発見などに重要な役割を果たす画像診断の仕組みや特徴にを整理。

  79. ウィルス対策は「免疫力」が100% !感染症やアレルギー疾患と免疫力をアップする方法

    ウィルスや難病を克服する鍵である「免疫力」についてまとめました人間の身体の仕組みを考えた時、ウィルス感染やアレルギーなどの自己免疫疾患から効果的に自分を守れる方法はただひとつなので、その観点で情報を整理してまとめました。

  80. 『五感・痛覚・温度覚・深部感覚…』感覚の種類と感覚受容器まとめ

    感覚の種類(五感など)や感覚受容器など「感じる」仕組みについてまとめました。

  81. 【バランス(平衡機能)とは?】バランス機能と効果的な鍛え方

    【バランス】の明確な定義と効果的なバランス強化方法についてまとめました。

  82. めまいはなぜ起こる?原因別対処法まとめ

    めまいやフラフラ感は日常のちょっとした変化(寝不足や血糖値の低下など)でも起こり得る症状ですが、重篤な病気(脳血管障害など)の症状である場合もあります。

  83. ストレスとはそもそも何?ストレス社会の正しい対処法

    イライラ・対人関係の問題・不安感・欲求不満…現代は「ストレス社会」と言われ多くの人が精神的・肉体的ストレスを感じ、ストレスは他人や周りの環境によって与えられるやっかいものだと考えていますが、ストレスは自分の身体を守るために自分が発生...

  84. 『脳の認知機能(知的神経機能)』とは?「認知機能障害(認知症や高次脳機能障害)」と「加齢による脳老化(健忘や遂行機能低下など)」の違い

    「生理学的に誰でにも起こる脳老化」と「認知機能障害(認知症や高次脳機能障害)」を明確に区別しながら、脳の認知機能について整理しよう!「認知症」や「高次脳機能障害」などの認知機能障害とは脳の器質的な病変による病気であり、知的発...

  85. 【姿勢とは?】正しい姿勢で効率的な運動や活動を行うための基礎知識

    『姿勢』を解剖学で理解しよう!そもそも『姿勢』とは?『姿勢』を決める主要要素:背骨とコア『姿勢』と『運動(活動)』の関係『良い姿勢』を維持する方法「姿勢」はあらゆる活動や運動の基本軸です!...

  86. 神経の構造と主要神経路まとめ(感覚神経・運動神経・反射など)

    神経の構造と情報伝達の仕組みや主要な神経路についてまとめました。人体の司令塔である『脳』は神経の集合体で、人体はコントロールセンターである脳と各身体パーツを神経でつないでいるひとつの巨大なネットワークシステムのようなもの。

  87. ぐっすり眠りたい〜「スマホ疲れ」「脳疲れ」解消して毎日をスッキリ元気に過ごす方法

    現代人の生活はスマホやインターネットの普及などで便利になる一方で、 睡眠時間確保がおろそかになったり、質の高い睡眠を妨害する要素が増えたため、睡眠の悩みを持つ人が急増しています。

  88. 末梢神経『脳神経・脊髄神経(感覚神経と運動神経)・自律神経』の構造と役割まとめ

    末梢神経『脳神経・脊髄神経(感覚神経と運動神経)・自律神経』の構造と役割についてまとめています。

  89. 中枢神経(脳と脊髄)の基本構造と役割分担

    中枢神経(脳の脊髄)の役割分担や構造についてまとめました。脳と脊髄は私たちの心身をコントロールする神経の中でも中枢(高次の統合や発動)機能を持つ中枢神経に分類されます。

  90. 大脳基底核の役割とパーキンソン病【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療】【予後】

    パーキンソン病について【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療】【予後】と5つの観点に分け、キーとなる大脳基底核の役割とともに説明しています。

  91. 「上位運動ニューロンと下位運動ニューロンの違い」と「中枢性麻痺と末梢性麻痺の見分け方」

    神経が中枢神経と末梢神経に分けられるのに付随してニューロンも上位と下位に分類され、機能や構造にも違いがあります。

  92. 【アウターユニットとは?】正しい体幹トレーニング(鍛え方)のためのイラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学

    【アウターユニット】とは、体幹(コア)を安定させつつ運動開始をサポートする機能ユニット【アウターユニット】とは、「インナーユニット」を補強して体幹軸を安定させつつ、姿勢やバランスを維持しながら関節運動を起こす運動学的な筋肉の...

  93. 【棘間筋(頸棘間筋・胸棘間筋・腰棘間筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【棘間筋】は、椎骨棘突起と直上の棘突起を近接させる作用を持つ背骨のインナーマッスルで、最深層にある小さい筋肉ながら姿勢調整と背骨の安定に重要な役割を果たしています。

  94. 【横突間筋(内側横突間筋・外側横突間筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【横突間筋】は、椎骨横突起間を走行する細い筋肉束で、筋紡錘の数が多く脊椎間の動きを感知して運動を調整する背骨のセンサーのような働きをする最深層部にあるインナーマッスルです。

  95. 【長母趾伸筋(下腿前面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長母趾伸筋】は、「前脛骨筋」「長趾伸筋」の間にある細い筋肉で、母趾と足部関節の運動調整に作用することで、歩行時に足のつま先がひっかからないようにし、スムースな歩行や重心移動に貢献しています。

  96. 【短母趾屈筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短母趾屈筋】は、足裏の母趾球を構成する筋肉のひとつで、足の縦アーチ形成や母趾屈曲運動に作用して、安定した立位や歩行をサポートしている筋肉です。【短母趾屈筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  97. 【母趾内転筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【母趾内転筋】は、足の縦アーチにも横アーチにも関与している足裏内側にある筋肉です。【母趾内転筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

  98. 【茎突舌骨筋(舌骨上筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【茎突舌骨筋】は、側頭骨と舌骨をつなぐように走行し、嚥下や呼吸時の舌骨および舌の動きに作用します。【茎突舌骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

おすすめカテゴリー記事