骨格と関節

骨格と関節記事一覧

  1. 『人体の柱:骨(ほね)』構造(解剖学)と役割(生理学)

    骨(ホネ)の解剖学と生理学二本足歩行をする人間が重力に対して安定した生命体構造を維持するためには、筋肉と骨による筋骨格系が軸となります。まずは、姿勢や運動の軸となる骨の基本的な役割について整理しましょう。

  2. 【顎関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【顎関節】は頭蓋(頭および顔部分)唯一の可動関節で、摂食および咀嚼、発声などにおいて重要な役割があります。【顎関節(側頭下顎関節)】の運動方向や可動域(ROM)】についてイラスト図解を用いてわかりやすくまとめました。

  3. 関節とは?関節の種類と運動方向(運動面)の基礎知識まとめ

    『関節』の構造がわかると運動がわかる! 【関節】は、骨と骨をつないで人体の姿勢や運動軸を作り、筋肉の収縮による運動方向や可動域を決める重要な要素です。

  4. 【手首・手・手指関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【手部(手首〜ゆび先まで)】は、片手で27個(両手合わせると54個)構成されていて、それぞれの骨結合ごとに関節面があります。

  5. 【肩甲骨とは?】肩の運動と姿勢のバロメーター【イラスト図解でわかりやすい骨解剖学】

    【肩甲骨】は肩関節の主要な構成要素で肩関節可動域や姿勢評価の指標!【肩甲骨】は、胸郭背面(背中上部)に左右対称ある薄い三角形の骨で、「天使の羽」と呼ばれたりもします。

  6. 【肩甲上腕リズム】肩関節における腕と肩甲骨の動きの関係

    上腕骨と肩甲骨の運動学的相互作用である【肩甲上腕リズム】について整理しよう!【肩甲上腕リズム】とは、【肩関節複合体(肩甲帯)】作用(運動)おいて、上腕骨と肩甲骨の運動学的相互作用のことです。

  7. 【仙腸関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【仙腸関節】は、【骨盤】の構成要素でもあり、脊柱(椎間関節)および股関節(下半身)の動きに連動する衝撃を吸収し、姿勢やバランス調整に重要な役割を果たす人体の関節のひとつです。

  8. 【頭蓋】頭蓋骨(頭と顔を作る骨)構造がイラスト図解でわかりやすい骨解剖学

    頭と顔を構成する人体で一番上にある骨構造である【頭蓋】と頭蓋を構成する【頭蓋骨】ついてイラスト図解付きでわかりやすく解説しています。【頭蓋】は、ひとつの骨ではなく、15種類(23個)の【頭蓋骨】で構成されています。

  9. 【寛骨(腸骨・坐骨・恥骨)】と【骨盤(寛骨・仙骨・尾骨)】骨構造がイラスト図解でわかりやすい骨解剖学

    「骨盤矯正」「骨盤チェック」「骨盤の歪み」「骨盤底筋群」など姿勢矯正(整体など)場面や、ヨガポーズ、スポーツや運動メニューのやり方説明をする時なども含めて【骨盤】という言葉をよく聞きますが、そもそも【骨盤】とはどんな骨構造か正しくイ...

  10. 【脊椎(脊柱・背骨)〜頸椎・胸椎・腰椎・仙骨・尾骨〜】構造がイラスト図解でわかりやすい骨解剖学

    集合体を支える人(物)のことを【大黒柱】と言いますが、人体(骨格)の大黒柱は背骨(脊柱)です。

  11. 【大腿骨】太もも骨構造【イラスト図解でわかりやすい骨解剖学】

    【大腿骨】は人体のふともも部分を構成する管状の長く強い骨であり、股関節と膝関節の一部として姿勢や運動に関与しています。

  12. 【股関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【股関節】とは、骨盤と大腿骨で構成される関節です。名前の通り、人体の中心にある「股」を構成する大きな関節であり、上半身を支えて姿勢を保持したり、歩行や立位での下半身(脚)運動に大きな役割を果たしています。

  13. 【足根骨・中足骨・足趾骨】イラスト図解でわかりやすい骨解剖学

    【足根骨・中足骨・足趾骨】は、立位歩行においては唯一地面と直接面する骨です。

  14. 【脊柱(椎間関節)】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【背骨(脊柱)】は椎骨同士の関節(椎間関節)が連なった構造で、背骨(脊柱)全体としての運動方向を、頸椎・胸椎・腰椎の構造の違いや動きの特徴を含めて理解することで、正しい姿勢評価やヨガなどの運動メニューが行えるようになります。

  15. 【足関節(足部関節)と足趾関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【足部(かかとや足首〜足のゆび先まで)】には左右で56個の骨で構成されていて、それぞれの骨結合ごとに関節面があります。

  16. 【膝関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【膝関節】は、人体最大の滑膜関節で強力な靭帯や軟骨を含む構造になっています。怪我や関節症などを起こしやすい【膝関節】の正常な運動方向についてイラストでわかりやすく解説しています。

  17. 【骨盤】傾きと運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【骨盤】は上半身と下半身をつなぐ骨構造で、複数の関節や骨構造を含みます。

  18. 【肩関節(肩甲帯)複合体】可動域と運動方向【イラストわかりやすい解剖運動学】

    「肩関節」複合体としての動きや関節可動域について整理【肩関節】とは体幹を起点に腕(上肢)を大きく広範囲に動かす関節で、人体の関節の中でも最も広範囲な可動域を持っています。

  19. 【肘関節】可動域と運動方向【イラスト図解でわかりやすい運動解剖学】

    【肘関節】は、大きく力強い運動をする肩関節と細かい作業を行う手関節の間にある上肢関節のひとつです。【肘関節】の正常な運動方向や役割についてイラスト図解を用いてわかりやすく整理しました。

  20. 【胸郭(肋骨・胸骨・胸椎)と鎖骨】構造と役割【イラスト図解でわかりやすい骨解剖学】

    【胸郭(および胸腔)】と【鎖骨】の骨格構造としての解剖学や役割についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説【胸郭】とは、肋骨・胸骨・胸椎・横隔膜で作られる胸部に空間(胸腔)を作る構造で、胸腔には心臓や肺など、生命維持に重要な...

  21. 【手根骨・中手骨・手指骨】イラスト図解でわかりやすい骨解剖学

    【手根骨・中手骨・手指骨】は、手首〜指先までの範囲にある骨です。料理や工作など細かい作業ができるように複数の骨が連なっている手や指の骨の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  22. 【上腕骨】二の腕骨の構造【イラスト図解でわかりやすい骨解剖学】

    【上腕骨】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説【上腕骨】は上肢と体幹を繋ぐ「二の腕」の骨で、肩関節や肘関節の構成要素となります。

  23. 【橈骨と尺骨】前腕の骨〜イラスト図解でわかりやすい骨解剖学

    【橈骨と尺骨】は前腕(肘から手首まで)】部分の骨で、近位端は上腕骨と肘関節、遠位端は手根骨を手関節を作っている骨です。上肢の中間にある二本の骨の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  24. 【脛骨・腓骨・膝蓋骨】下腿骨の構造〜イラスト図解でわかりやすい骨解剖学

    膝下から足首までを構成する下腿の骨(脛骨・腓骨・膝蓋骨)の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。下腿の骨(脛骨・腓骨・膝蓋骨)とは?どこにあるどんな骨?【下腿】は膝〜足首までの範囲です。

おすすめカテゴリー記事