脳と神経

脳と神経記事一覧

  1. 脳のネットワーク

    100年に一度と言われる「コロナウィルス」の蔓延は年単位の戦いになり、世界中で働き方を始めとする生き方そのものを大きく変える必要性に迫られています。

  2. 脳性麻痺とは?先天異常とは?原因、症状、種類、リハビリ、赤ちゃんから大人までのリハビリなど

    先天異常(出生前に要因あり)、出生前後の障害、および新生児(生後4週間以内)までの間に生じた障害についての概要と、疾患例として【ダウン症候群(21トリソミー)】【二分脊椎(脊柱管閉鎖不全症)】【分娩損傷】【脳性麻痺】の概要を整理してまと...

  3. 【ミオパチー】とは?顔貌、症状、寿命など【ニューロパチー】との違いは?

    【ミオパチー】は、筋肉自体に原因があって起こる骨格筋疾患の総称で、全身全て合わせれば人体最大の臓器になり、あらゆる活動(運動)に不可欠な筋肉がやせたり、力が弱くなっていく筋肉の病気です。

  4. プリオン病とは〜脳みそを食べるとどうなる?原因や症状、感染予防ガイドライン

    プリオン病とは、大脳や小脳などの中枢神経系に異常なプリオン蛋白が蓄積して脳機能が障害され、脳組織の海綿(スポンジ)状変変性を特徴とする疾患群です。

  5. 【重症筋無力症】とは〜初期症状、禁忌、原因、治療、予後、リハビリ、ALSとの違い

    重症筋無力症は、神経と筋肉が接する場所(神経筋接合部)の障害により、神経から筋肉への指令が伝わりにくくなるため、筋肉に力が入らなくなったり疲れやすくなったりする病気です。

  6. AIDS(エイズ)とは〜特徴、エイズ感染経路や感染率、潜伏期間と初期症状、HIVとエイズの違いなど

    ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が適切に治療されないことが原因で生じる、後天性免疫不全症候群(エイズ・AIDS)の【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療・予後】について整理してまとめました。

  7. 多発性硬化症とは〜症状、治療、診断基準、進行速度や余命など簡単にまとめ

    多発性硬化症は、神経細胞の軸索を覆っている「ミエリン」が障害(脱髄)される疾患で、【難病】に指定されています。多発性硬化症の【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療・予後】について整理してまとめました。

  8. 中枢神経(脳と脊髄)の炎症性・化膿性疾患の症状や治療法などのまとめ

    中枢神経(脳と脊髄)の炎症性・化膿性病変の【原因・症状】【検査・診断】【治療・予後】について整理してまとめました。

  9. 【脳腫瘍】【脊髄腫瘍】とは〜中枢神経に腫瘍ができる原因、症状、治療法、余命などまとめ

    中枢神経(脳と脊髄)系に発生する腫瘍の【分類】【症状】【検査・診断・治療】について整理してまとめました。

  10. 脳ヘルニアとは〜種類、症状、兆候、余命、回復などの簡単まとめ

    「脳ヘルニア」は、何らかの病変や原因により局所的に頭蓋内圧が亢進した結果、脳の一部がゆがんだり偏倚したりする状態(組織が正しい位置からはみ出した病態)で、中枢神経系の正常な構造に影響を与えるため、重篤な神経障害や意識障害をきたします。

  11. 意識障害鑑別方法〜原因、症状、回復、種類(分類)や評価方法も!

    「意識」は私たちの意図的な活動の前提となる脳機能です。意識が正常な状態と意識障害の判別、意識の程度を客観的に状態を把握できる評価(指標)について整理してまとめました。

  12. 中枢神経(脳・脊髄)血流の仕組み

    人間のあらゆる活動の司令塔として24時間365日休まず働く脳と脊髄(中枢神経)は膨大なエネルギーを消費するため、常に安定した血流が必要です。

  13. 脳卒中とは?【脳血管障害の症状と原因部位】

    『脳卒中』とは脳血管障害を総称した通称で、大きく【脳出血】と【脳梗塞】の2つに分類できます。脳血管障害の原因や症状の特徴について整理してまとめました。

  14. こころの病気(精神疾患)は脳の障害〜心と身体のつながりを意識して健康維持

    【病は気(心持ち)から】と昔から言われていますが、心と身体が密接に繋がっているということは現代医学でも説明ができます。

  15. スマホ時代の正しい眼精疲労・近視対策!【視力の仕組みとよくある勘違い】コンタクトやレーシックに頼らない視力回復法

    スマホ時代の正しい眼精疲労・近視対策!モノは目で見ているのはありませんし、視力はメガネ・コンタクト・レーシックでは回復しません。

  16. 排尿の仕組みと排尿障害〜排尿に関わる器官と神経〜

    排尿とは体内の老廃物を尿として体外に排出することで、排尿をコントロールしているのは脳を含めた神経系です。排尿の仕組みと排尿に関わる器官や神経の働き、排尿の神経経路の問題で起こる排尿障害(神経因性膀胱)について整理してまとめています。

  17. 【頭痛の特徴と原因】【現代人に最も多い頭痛と正しい解消法】

    頭は身体の司令塔である「脳」が収まっている人体の中でも最も重要な場所のひとつ。そして、「頭痛」は、脳卒中(脳出血・脳梗塞)など重篤な病気のサインでもあるので、どうしても過剰に心配になってしまいますよね。

  18. 『五感・痛覚・温度覚・深部感覚…』感覚の種類と感覚受容器まとめ

    感覚の種類(五感など)や感覚受容器など「感じる」仕組みについてまとめました。

  19. 【バランス(平衡機能)とは?】バランス機能と効果的な鍛え方

    【バランス】の明確な定義と効果的なバランス強化方法についてまとめました。

  20. めまいはなぜ起こる?原因別対処法まとめ

    めまいやフラフラ感は日常のちょっとした変化(寝不足や血糖値の低下など)でも起こり得る症状ですが、重篤な病気(脳血管障害など)の症状である場合もあります。

  21. ストレスとはそもそも何?ストレス社会の正しい対処法

    イライラ・対人関係の問題・不安感・欲求不満…現代は「ストレス社会」と言われ多くの人が精神的・肉体的ストレスを感じ、ストレスは他人や周りの環境によって与えられるやっかいものだと考えていますが、ストレスは自分の身体を守るために自分が発生...

  22. 『脳の認知機能(知的神経機能)』とは?「認知機能障害(認知症や高次脳機能障害)」と「加齢による脳老化(健忘や遂行機能低下など)」の違い

    「生理学的に誰でにも起こる脳老化」と「認知機能障害(認知症や高次脳機能障害)」を明確に区別しながら、脳の認知機能について整理しよう!「認知症」や「高次脳機能障害」などの認知機能障害とは脳の器質的な病変による病気であり、知的発...

  23. 神経の構造と神経路(知覚伝導路・錐体路・錐体外路)まとめ

    神経路とは身体に張り巡らされた「神経」でつなぐネット回線のようなもので、脳と皮膚・目・耳・筋肉・関節などの各末梢器官が常に神経路を通じて互いに連絡を取り合っているから感覚や運動機能が正常に働き、日常生活が問題なく送れるようになります...

  24. ぐっすり眠りたい〜「スマホ疲れ」「脳疲れ」解消して毎日をスッキリ元気に過ごす方法

    現代人の生活はスマホやインターネットの普及などで便利になる一方で、 睡眠時間確保がおろそかになったり、質の高い睡眠を妨害する要素が増えたため、睡眠の悩みを持つ人が急増しています。

  25. 末梢神経『脳神経・脊髄神経(感覚神経と運動神経)・自律神経』の構造と役割まとめ

    末梢神経『脳神経・脊髄神経(感覚神経と運動神経)・自律神経』の構造と役割についてまとめています。

  26. 中枢神経脳の役割分担「大脳皮質」「間脳(視床と視床下部)」「大脳基底核」「大脳辺縁系」「脳幹」

    大脳は様々な機能が統合された心身の中枢ですが、その脳の役割もパーツごとに細かく分かれています。大脳の役割分担を「大脳皮質」「間脳(視床と視床下部)」「大脳基底核」「大脳辺縁系」「脳幹」と大きく分けて概要を説明します。

  27. 大脳基底核の役割とパーキンソン病【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療】【予後】

    パーキンソン病について【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療】【予後】と5つの観点に分け、キーとなる大脳基底核の役割とともに説明しています。

  28. 【中枢性麻痺と末梢性麻痺】上位運動ニューロンと下位運動ニューロンの違い~ 

    中枢性麻痺(上位運動ニューロン障害)と末梢性麻痺(下位運動ニューロン障害)に大きく分けて運動麻痺を分類しています。上位運動ニューロンと下位運動ニューロンの違いと合わせて整理しましょう。

  29. ALS(筋萎縮性側索硬化症)【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療・予後】

    アイスバケツチャレンジで世界中に病名が広く病名が知られるようになり、最近は美容家佐伯チズさんの公表でも注目された原因不明の難病ASL(筋萎縮性側索硬化症)。

  30. ムーンウォークとロボットダンスの違いからわかる小脳の機能と小脳機能障害

    マイケルジャクソンのムーンウォークとロボットダンスの違いは、小脳の働きを理解すると説明できます。小脳の機能と小脳障害によって生じる症状を結びつけて理解しましょう。

  31. 「手が温かい人は心も温かい」理由を医学的に解説!【手も心も温かい人になる方法】

    「手が温かい」人は高確率で「心が温かい」理由を医学で説明!「手が温かい人は心が冷たい」や「手が冷たい人は心が温かい」など手の温度(物理的な体温)と心の温度(マインドや態度)の関係を使った表現が使われることがあります。

おすすめカテゴリー記事