背筋(背中の筋肉)

背筋(背中の筋肉)記事一覧

  1. 【肋骨挙筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(起始停止や作用)

    【肋骨挙筋】は、胸郭背面で胸椎と肋骨をつなぐように走行する小さな呼吸補助筋で、背筋最深層部にあります。【肋骨挙筋】はについてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  2. 【僧帽筋】筋トレやストレッチのための【イラスト図解ででわかりやすい筋肉解剖学(起始停止や作用)】

    【僧帽筋】とは、肩甲骨周囲から背中上部と首後面まで菱形状に覆う大きな筋肉で、肩や腕の運動に強力に作用します。

  3. 【棘間筋(頸棘間筋・胸棘間筋・腰棘間筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【棘間筋】は、椎骨棘突起と直上の棘突起を近接させる作用を持つ背骨のインナーマッスルで、最深層にある小さい筋肉ながら姿勢調整と背骨の安定に重要な役割を果たしています。

  4. 【横突間筋(内側横突間筋・外側横突間筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【横突間筋】は、椎骨横突起間を走行する細い筋肉束で、筋紡錘の数が多く脊椎間の動きを感知して運動を調整する背骨のセンサーのような働きをする最深層部にあるインナーマッスルです。

  5. 【肩甲挙筋】肩こり解消ストレッチや筋膜リリースのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【肩甲挙筋】とは、「頭板状筋」「胸鎖乳突筋」「僧帽筋」の下にある細長い筋肉で、「僧帽筋」「菱形筋」「前鋸筋」「後鋸筋」と一緒に肩甲骨運動に作用します。

  6. 【背筋(背中と背骨の筋肉)まとめ】トレーニングやストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    【背筋】は、背中、ウエスト、肩のバックラインを構成すると共に、背骨を含む姿勢や運動に関与する筋肉と上肢(肩甲骨)や肋骨(呼吸)運動に作用する筋肉を含みます。

  7. 【菱形筋(大菱形筋・小菱形筋)】ストレッチと筋トレのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【菱形筋】とは肩甲骨と背骨の間を走行する外来性の背筋で、猫背になりがちな姿勢を修正したり、懸垂や腕立て伏せ (プッシュアップ)などの自重筋力トレーニングなどで肩甲骨を安定させるなどの役割があります。

  8. 【多裂筋(頚多裂筋・胸多裂筋・腰多裂筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【多裂筋】は、椎骨間をつないで背骨の安定とスムースな動きをサポートする靭帯のような構造の背中のインナーマッスルです。

  9. 【半棘筋(頭半棘筋・頸半棘筋・胸半棘筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【半棘筋】は、回旋筋や多裂筋の表層、脊柱起立筋の深層に位置し、脊髄の保護・脊柱のスムースな動きに関与する背中のインナーマッスル。

  10. 【回旋筋(頚回旋筋・胸回旋筋・腰回旋筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【回旋筋】は椎骨間を短い間隔でつなぐように走行するインナーマッスルで、姿勢の保持や運動時に背骨の安定を微調整する役割があります。【回旋筋】の解剖学構造をイラスト図解でわかりやすく解説しています。

  11. 【脊柱起立筋(棘筋・最長筋・腸肋筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【脊柱起立筋】とは、内因性背筋群として背骨の安定と運動に最も面積が広く強力に作用する筋肉群で、「腸肋筋」「最長筋」「棘筋」と3つの縦層構造になっています。

  12. 【広背筋】筋トレとストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【広背筋】は、肩甲骨の下(脇の下)から骨盤まで背筋下部2/3に広がり、背中の逆三角形やくびれを作っているアウターマッスルです。

  13. 【後鋸筋(上後鋸筋と下後鋸筋)】呼吸を補助する肋骨背面の筋肉【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【後鋸筋】は背面肋骨上にある鋸状の筋肉で、呼吸補助や胸郭の安定に作用します。【後鋸筋】の解剖学構造(作用や起始停止など)をイラスト図解を用いてわかりやすく説明しています。

  14. 【後頭下筋(大後頭直筋・小後頭直筋・上頭斜筋・下頭斜筋)】イラスト図解わかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【後頭下筋】とは首の後ろの最も深層(骨の近く)にある4つの小さな筋肉(大後頭直筋・小後頭直筋・上頭斜筋・下頭斜筋)の総称です。

おすすめカテゴリー記事