顎・舌・喉の筋肉

顎・舌・喉の筋肉記事一覧

  1. 【甲状舌骨筋(舌骨下筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【甲状舌骨筋】は、嚥下時の舌骨引き下げの他、高音を出す時の咽頭の動きにも作用します。【甲状舌骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  2. 【胸骨甲状筋(舌骨下筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【胸骨甲状筋】は舌骨下筋群深層部の筋肉で、甲状腺など頸部の神経血管および腺など重要な多数の器官と隣接しています。【胸骨甲状筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  3. 【肩甲舌骨筋(舌骨下筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【肩甲舌骨筋】は、二つの筋腹を中間腱を介して結合して肩甲骨から舌骨まで走行している筋肉で、嚥下後に舌骨と咽頭を押し下げて嚥下中に閉じた気道を再開通する役割があります。

  4. 【胸骨舌骨筋(舌骨下筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【胸骨舌骨筋】は舌骨を鎖骨と胸骨に接続し、嚥下中に挙上された舌骨を元の位置に戻して気道(呼吸)を再開する作用があります。【胸骨舌骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  5. 【側頭筋】頭痛や噛み合わせ問題解消マッサージの正しいやり方【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    【側頭筋】は、側頭から下顎骨を引き挙げ咀嚼運動(口を閉じる)で活躍する側頭部ある面積の広い筋肉です。

  6. 【茎突舌骨筋(舌骨上筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【茎突舌骨筋】は、側頭骨と舌骨をつなぐように走行し、嚥下や呼吸時の舌骨および舌の動きに作用します。【茎突舌骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  7. 【顎舌骨筋(舌骨上筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【顎舌骨筋】は口腔底を構成するシート状の筋肉で、口腔底と舌骨を挙上と下顎の引き下げに作用して咀嚼嚥下をサポートしています。【顎舌骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  8. 【オトガイ舌骨筋(舌骨上筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【オトガイ舌骨筋】は、舌骨挙上(嚥下)と咀嚼(開口)に関与する舌骨上筋群のひとつで、舌を前方に突き出す運動にも重要な役割をしてます。【オトガイ舌骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  9. 【顎二腹筋(舌骨上筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【顎二腹筋】は名前の通り二腹で顎の下から側頭骨まで走行し、咀嚼嚥下の補助筋として作用します。【顎二腹筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  10. 【咀嚼嚥下(顎・舌・喉)筋肉】種類一覧まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    咀嚼嚥下や発声など口腔と喉を介した運動に作用する側頭部・顎・舌・喉(頸胸部深層)の筋肉をまとめました。それぞれの筋肉の起始・停止・作用・神経支配などは各筋肉の詳細ページをご確認ください。

  11. 【内側翼突筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【内側翼突筋】は下顎骨内側から下顎を内側から強く引く軸を作るような走行で、他の咀嚼筋群と相乗的に作用して咀嚼運動を円滑にする様々な下顎の動きに作用します。

  12. 【外側翼突筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【外側翼突筋】は「側頭筋」と「咬筋」の深層で蝶形骨と顎関節をつなぐように走行していて、顎関節を保護しながら咀嚼運動に作用します。【外側翼突筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  13. 【咬筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【咬筋】は頬骨と下顎骨をつなぐ咀嚼筋(顎を引き上げて口を閉じ、歯を噛み合わせて咀嚼する時に作用)で、特に閉口に強力に作用します。【咬筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

おすすめカテゴリー記事