足と足趾の筋肉

足と足趾の筋肉記事一覧

  1. 【小趾対立筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【小趾対立筋】は、足底外側部にある小さな筋肉で第5趾の外転と屈曲に作用します。【小趾対立筋】の構造についてイラスト動画を使ってわかりやすく説明しています。

  2. 【短母趾伸筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短母趾伸筋】は足背筋群最内側の筋肉で、「長母趾伸筋」や「短趾伸筋」と一緒に働いて、歩行やランニングの際につま先が地面に引っかからないように作用しています。

  3. 【短趾伸筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短趾伸筋】は足背筋肉群に分類される筋肉で、他の筋肉群をサポートしながら、足趾(つま先)伸展に作用しています。【短趾伸筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  4. 【短母趾屈筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短母趾屈筋】は、足裏の母趾球を構成する筋肉のひとつで、足の縦アーチ形成や母趾屈曲運動に作用して、安定した立位や歩行をサポートしている筋肉です。【短母趾屈筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  5. 【母趾内転筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【母趾内転筋】は、足の縦アーチにも横アーチにも関与している足裏内側にある筋肉です。【母趾内転筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

  6. 【足と足趾の筋肉】種類一覧まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    足部(足底と足背)内在筋肉を一覧にまとめました。全身を支える足において重要な土踏まず(足のアーチ)を構成したり、二本足歩行を獲得した人間特有の機能を調整し高めるために重要な役割をしている筋肉群です。

  7. 【小趾外転筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【小趾外転筋】は、足の外側縦アーチを作る足裏の筋肉で、小趾の独立した外転・屈曲運動に作用して立位バランス能力や運動パフォーマンス安定に貢献しています。

  8. 【足の骨間筋(背側骨間筋と掌側骨間筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【足の骨間筋】は、足のゆびの間の筋肉で、アキレス腱(ふくらはぎの筋につく)だけでも歩行ができると言われるくらい二本足歩行を行う人間にとって重要筋肉です。

  9. 【母趾外転筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【母趾外転筋】は、土踏まずを作るように足裏内側に存在する筋肉で、母趾外転に作用して母趾の位置を整え、スムースな歩行や動作をサポートしています。【母趾外転筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  10. 【短趾屈筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短趾屈筋】は足底筋膜直下の足底筋肉第1層に分類される筋肉で、足趾の屈曲(曲げる運動)に作用して、足裏の踏ん張り力、ジャンプ、ダッシュなど、スポーツや運動に力強いパワーを与えてくれます。

  11. 【足の虫様筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【足の虫様筋】は、つま先部分の伸展と屈曲という相反する両方の作用を持つ構造も名前もユニークな足裏の筋肉で、足の微妙な位置や動きを調整・制御したり、足の横アーチ保持する重要な役割があります。

  12. 【短小趾屈筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短小趾屈筋】は、小趾屈曲に特化して作用する足裏の小さい筋肉で、足の外側縦アーチを構成して立位での負荷分散に貢献しています。

  13. 【足底方形筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【足底方形筋】は、足裏中央部にある四角形の筋肉で、底屈時に「長趾屈筋」を踵へまっすぐ向かう方向へひっぱることで歩行時における「足趾を屈曲する」動作を補強しています。

おすすめカテゴリー記事