下腿(ふくらはぎ)の筋肉

下腿(ふくらはぎ)の筋肉記事一覧

  1. 【足底筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【足底筋】は、「腓腹筋」とほぼ同じ走行で「腓腹筋」深層を走行する細長い筋肉です。【足底筋】 の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  2. 【長母趾伸筋(下腿前面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長母趾伸筋】は、「前脛骨筋」「長趾伸筋」の間にある細い筋肉で、母趾と足部関節の運動調整に作用することで、歩行時に足のつま先がひっかからないようにし、スムースな歩行や重心移動に貢献しています。

  3. 【下腿(膝下)筋肉】種類一覧まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(起始停止・作用)】

    【下腿(膝下)に筋腹を持つ筋肉】を一覧にまとめました。【下腿(膝下)筋肉】は、二本足動物としてのパフォーマンスを高めるために重要な役割をしています。

  4. 【長腓骨筋と短腓骨筋(下腿外側面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長腓骨筋と短腓骨筋】は下腿外側面にある二本足歩行動物である人間固有に進化した筋肉群で、内反優位になりがちな足部関節を安定させ、不安定な場所での立位バランス保持や捻挫予防に非常に重要な役割があります。

  5. 【第三腓骨筋(下腿前面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【第三腓骨筋】は下腿前外側下方にある小さな筋肉で、内反位にひっぱられやすい足首のバランスを調整し捻挫予防や立位動作安定に貢献している筋肉です。【第三腓骨筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  6. 【長趾伸筋(下腿前面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長趾伸筋】は、下腿(スネ部分)前側にある筋肉のひとつで、足部と足趾に作用して、歩行時などに足のつま先が床にひっかからないように調整してくれています。

  7. 【前脛骨筋(下腿前面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【前脛骨筋】は、下腿前面(スネ部分)外側から母趾骨へ走行して、主に足首や足部の運動に作用します。【前脛骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  8. 【長趾屈筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長趾屈筋】は下腿後面深層の筋肉に分類され、名前の通り足趾屈曲運動を起こす筋肉で、立位バランスや歩行などの運動に重要な役割があります。【長趾屈筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  9. 【長母趾屈筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長母趾屈筋】は、ふくらはぎの深層に筋腹を持ち、足裏を経由して母趾まで伸びている筋肉で、歩行のしなやかさやダッシュのときの蹴り出す力に作用します。

  10. 【後脛骨筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【後脛骨筋】は、ふくらはぎ(下腿後面)最深層にある筋肉で、足のアーチや足首の安定に作用して立位での全身バランス調整に重要な役割があります。【後脛骨筋】 解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

  11. 【膝窩筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【膝窩筋】は膝関節を安定させつつ、ロックした膝を解除(屈曲開始)に作用する筋肉で、立位保持やスムースな歩行や動作開始に重要な役割があります。【膝窩筋】 の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  12. 【下腿三頭筋(腓腹筋とヒラメ筋)】ふくらはぎの筋肉【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【腓腹筋とヒラメ筋】は【下腿三頭筋】と呼ばれ、「ふくらはぎ」の形を決めるアウターマッスルであり、アキレス腱になって踵に付着し、立位・歩行動作はもちろん、循環や全身の健康にも関与しています。

おすすめカテゴリー記事