運動と姿勢

運動と姿勢記事一覧

  1. 『人体の柱:骨(ほね)』構造(解剖学)と役割(生理学)

    骨(ホネ)の解剖学と生理学二本足歩行をする人間が重力に対して安定した生命体構造を維持するためには、筋肉と骨による筋骨格系が軸となります。まずは、姿勢や運動の軸となる骨の基本的な役割について整理しましょう。

  2. 【柔軟性とは?】身体を柔らかくするために重要なこと

    「身体が柔らかい」くなりたいとストレッチやヨガに励む人はたくさんいますが、そもそも身体が柔らかさ(柔軟性)とは何か理解して自分に適した効果的なエクササイズができている人はあまりいません。

  3. 関節とは?関節の種類と運動方向(運動面)の基礎知識まとめ

    『関節』の構造がわかると運動がわかる! 【関節】は、骨と骨をつないで人体の姿勢や運動軸を作り、筋肉の収縮による運動方向や可動域を決める重要な要素です。

  4. 【インナーユニットとは?】正しいコア(体幹)トレーニング(鍛え方)のためのイラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学

    【インナーユニット】は体幹(コア)最深層構造!【インナーユニット】とは、体幹のうち骨格構造で保護されていない腹腔(腹部臓器が収まる空間)を囲む4つの筋肉による機能ユニットです。

  5. 【姿勢とは?】正しい姿勢で効率的な運動や活動を行うための基礎知識

    『姿勢』を解剖学で理解しよう!そもそも『姿勢』とは?『姿勢』を決める主要要素:背骨とコア『姿勢』と『運動(活動)』の関係『良い姿勢』を維持する方法「姿勢」はあらゆる活動や運動の基本軸です!...

  6. 【アウターユニットとは?】正しい体幹トレーニング(鍛え方)のためのイラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学

    【アウターユニット】とは、体幹(コア)を安定させつつ運動開始をサポートする機能ユニット【アウターユニット】とは、「インナーユニット」を補強して体幹軸を安定させつつ、姿勢やバランスを維持しながら関節運動を起こす運動学的な筋肉の...

  7. 『筋肉』とは?自分の身体を思い通りにデザインするための基礎知識

    骨格筋は人体で唯一自分の思い通りにサイズやパフォーマンスレベルを調整できる組織ですが、筋繊維を太くして見た目を大きく変えることと、必要なパフォーマンスや力を出すこととは必ずしも同じではありません。

  8. 「手が温かい人は心も温かい」理由を医学的に解説!【手も心も温かい人になる方法】

    「手が温かい」人は高確率で「心が温かい」理由を医学で説明!「手が温かい人は心が冷たい」や「手が冷たい人は心が温かい」など手の温度(物理的な体温)と心の温度(マインドや態度)の関係を使った表現が使われることがあります。

  9. 【生理学】と【解剖学】の違い:正常な身体の仕組みや構造を学ぼう!

    人体の構造を知る【生理学】と【解剖学】と正常との違いから病気を読み解く「病理学」の定義や違いについて整理します。

  10. 「野球選手のお尻が大きい理由」から学ぶ正しい筋肉の鍛え方 

    プロ野球キャンプに参加して実感した【野球選手のお尻が大きい理由】を医学的に解説します。あるプロ野球球団のキャンプのお手伝いをしたことがあるのですが、その際に改めて実感したことがあります。

おすすめカテゴリー記事