今すぐできる改善方法

今すぐできる改善方法記事一覧

  1. 広頚筋【3D筋肉・解剖学】

    美しいデコルテ作りとスマイルを維持するために理解しておきたい【広頚筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。

  2. 肩甲骨の運動方向【3D運動学】

    背中に羽のように存在する肩甲骨の機能的な動きを3D動画で理解。腕の運動だけでなく、姿勢や呼吸などを含めた体幹運動にも関与します。正常な肩甲骨の運動の方向について3D動画を使ってわかりやすく解説します。

  3. 正しい腕立て伏せ・プッシュアップ 【3D 解剖学・運動学】

    腕立て伏せやプッシュアップと呼ばれる筋トレ運動。

  4. 清原和博選手にケガが多かった理由からわかる筋肉の正しい鍛え方

    清原選手に怪我が多かった理由は筋肉の鍛え方に問題があったからだと言われていますが、その問題とは一体なんだったのでしょうか?筋肉は鍛え方次第で見た目も運動機能もデザインできます。

  5. 骨格筋の収縮と弛緩を理解する2つのポイント

    骨格筋の収縮と弛緩により運動や姿勢保持ができますが、勘違いしやすい2つのポイントから筋肉の収縮と弛緩の定義を正しく理解しましょう。理想通りの筋肉をデザインするためにも必要な知識です。

  6. 背骨のS字カーブはなぜ必要?背骨と骨盤で評価する良い姿勢

    背骨のS字カーブはなぜ必要?重心線って何?背筋の伸びた良い姿勢とは、背骨や骨盤がどんな状態になっていることかを3D動画を使って説明します。姿勢評価は背骨と骨盤の理解から始めましょう。

  7. 正しい腹筋・ロールアップ【3D 解剖学・運動学】

    ダイエットやボディメイク目的で人気の腹筋を鍛える筋力トレーニング。鍛えるべき筋肉に正しく効果的な刺激を入れて、理想のくびれやシックスパックに。3D動画で正しい腹筋トレーニング方法を確認しましょう。

  8. 眼科医がコンタクトを止めた理由 

    最前線で働く眼科医がそれまで使っていたコンタクトレンズの使用を止めました。コンタクトレンズは医療機器なので、眼科医の処方がなければ使えません。

  9. 「手が温かい人は心も温かい」理由を医学的に解説

    「手が温かい人は心が冷たい」または「手が冷たい人は心が温かい」と言われることがありますが、医学的には「手が温かい」人は「心が温かい」確率が高いと言えます。

  10. パソコン姿勢を評価!肩こり・腰痛・首こり解消【3D解剖学・運動学】

    毎日椅子に座って長時間パソコンに向かい、肩こり・首こり・腰痛に悩んでいるあなたへ原因を正しく理解して根本解決しませんか?肩こり・首こり・腰痛の原因はあなたの姿勢肩こり・腰痛・首こりの原因はパソコンそのものではなく、パ...

  11. 正しいツイストで理想のくびれ!【3D 解剖学・運動学】

    ウェストのくびれが欲しいなら絶対にマスターしたいツイスト(上半身ねじり・体幹回旋)ターゲットとなる骨と筋肉をイメージして効果的に行いましょう!ツイスト(上半身ねじり・体幹回旋)の効果ウェストシェイプ効果も全身のストレ...

  12. 胸椎から肩こり・首こり・腰痛を解消 【3D 解剖学・運動学】

    姿勢の悪さが原因で肩こり・首こり・腰痛が生じますが、症状の出ている首回りや腰回りだけにアプローチしていませんか?肩こり・首こり・腰痛が慢性化してしまっている場合、キーになるのは胸椎です。

  13. 【筋肉の役割】インナー(コア)マッスルとアウターマッスルの違い

    効果的な筋トレで身体を思い通りにデザインするための必須知識筋肉の役割インナーマッスルとコアマッスルの違い筋肉にはインナーマッスルとアウターマッスルという二種類があり、それぞれ役割も鍛え方も異なります。

  14. 長坐位 ・正坐 ・あぐらの違い【座り方の3D解剖学】

    【座る】という動作は、日常の中でも頻回かつ長時間行う動作です。正しい姿勢を作れると、体幹強化、ストレッチ効果も期待できます。

  15. 肩こり・首こり・腰痛解消にはマッサージよりも筋トレが効果的な理由

    慢性的な肩こり・首こり・腰痛を根本的に解消したい!マッサージや整体に通い続ける時間もお金ももったいないから、効率よくセルフメンテナンスしたい!多くの現代人が悩むこの問題。

  16. 野球選手の「お尻が大きい」理由 

    プロ野球キャンプに参加して実感した【野球選手のお尻が大きい理由】を医学的に解説します。プロ野球選手を目前に改めて実感あるプロ野球球団のキャンプのお手伝いをしたことがあるのですが、その際に改めて実感したことがあります。

  17. 股関節の運動方向【3D運動学】

    股関節の正常な運動方向について3D動画でわかりやすく解説しています。構造を理解することで、X脚やO脚の予防改善にも役立ちます。

  18. 下頭斜筋【3D筋肉・解剖学】

    現代人の悩み「首凝りと目の疲れ」を解消するポイント「下頭斜筋」を3D解説!パソコンやスマホから目が離せない忙しい現代人に必須の解剖学知識。

  19. 肩甲骨【3D骨・解剖学】

    肩甲骨は、背中の上に浮いているように存在する翼上の骨。姿勢や腕の動きの評価の際に重要な指標となる肩甲骨について3D動画を使ってわかりやすく解説しています。

  20. 脛骨と腓骨(下腿の骨)【3D骨・解剖学】

    膝下から足首までを構成する下腿の骨(脛骨と腓骨)について3D動画を使ってわかりやすく解説しています。

  21. 仕事が速くミスが少ない人は早く寝る。だから、日本の生産性が世界一低い。

    日本の睡眠不足による経済損失は3兆円超!仕事が忙しかったり、資格取得のために勉強を頑張っていたり、何からの理由で一時的に睡眠を犠牲にすることは誰にもありますが....仕事の生産性を向上させるために、睡眠を犠牲にす...

  22. デジタルワーク時代にぐっすり眠る方法 「スマホ疲れ」「脳疲れ」解消法

    現代人特有の睡眠の悩み現代人の生活は、スマホやインターネットの普及で大きく変わりました。便利になる一方で、以下のような悩みを持つ人が急増しています。

  23. 結果を出すための目標設定 2つのポイント

    今年設定した目標、達成に近づいていますか?さて年末も見えてきて忙しなく活動している人も多いと思います。

  24. 「身体は間違えない」という前提で自分の生活を見直してみよう!

    今の生き方、辛くないですか?今、自分の生き方に満足していますか?自信を持って、「はい」と言えないあなた。きっと身体にも何か健康上の問題が出ているはずです。

  25. ダイエット効果を90%アップさせる脳科学に基づいた方法

    2000年以上続く間違い。我慢するダイエットはもう終わり生まれては消えていくダイエットブーム。ダイエットのために食事制限をする。運動をしようと決意する。

  26. 腸が健康の秘訣

    健康の鍵を握るのが腸!最近、腸の働きに注目が集まっています。腸と脳の働きはリンクしていて全身の健康に大きく影響するというのです。食欲の落ちやすく、冷たいものに偏りがちな夏は腸の健康状態が低下しがち。

  27. 加えるより捨てる方が健康には効果的  代謝の正しい理解

    代謝の正しい意味を知っていますか?代謝が高い方が健康で痩せやすい。多くの人はこのように考えていますが代謝の意味を正しく理解している人はほとんどいないようです。

  28. 「病気になりたい」現代人  ストレス社会の健康法

    あなたは病気になりたいですか?「病名がつくと安心する」「治りたくない 病気のままがいい」信じられないような患者さんの言葉医療現場ではよく聞かれますし、お医者さんとの会話では結構「あるある」です。

  29. コーヒーと癌とタバコの関係  正しいデータや情報の読み方

    その情報、本当に信頼できますか?世の中にはいろんな健康や医療に関する情報が突然飛び出してきては消え、テレビ番組の特集でブームになったり話題になっては消え、そんな情報がたくさんあることはあなたもよくご存知だと思...

  30. 医学の本質 数学が得意な人が受験の勝者になるのと同じ理由で医学を正しく学べば人生の勝者になれる!

    医学を学ばないことによる損失医学なんて今の生活に必要ないし。。。もしあなたが今そう思っているなら、既にとても大きな「損失」を出しています。

  31. 新人に優しくした方がいい医学的な理由

    新人にかかるストレス=治療が必要?春、4月、新しい生活を始める人が多い季節です。会社にも、学校にも、部活にも新しい人が入ります。入れ替わり、循環していくことは、身体と一緒で良いことです。

  32. 定期健診の本当の意味

    定期的に自分の身体に向き合い、いたわる時間をとっていますか?春は身体の揺らぎらすい季節であり、新生活が始まる時期でもありますが、この機会に自分の身体ともまっすぐ向き合い、いたわる時間をとりませんか?定期的にプロの目で診られることの意...

  33. 人間は地球上で最も特殊な動物?

    人間の特徴を解剖学的に見てみると....?人間は脊椎動物の中でも、二本足歩行を獲得することで文化的な活動ができるようになり、今日まで発展してきました。

  34. ダイエットと脂肪  脂肪は身体に必要ないものだと勘違いしていませんか?

    脂肪は大敵?ダイエット=身体についた余分な脂肪を減らすこと、にフォーカスして取り組んでいらっしゃる方も多いと思いますが、適量の脂肪は身体にとって必要なものです。

  35. 薬をサボったひとほど治りが早い?

    薬をサボった人ほど治りが早い?お医者さんにいくと、必ずといっていいほど処方されるが、お薬。薬が欲しくて、お医者さんにいく人も多いと思います。

  36. 薬という名の麻薬

    その薬があなたの身体を壊している可能性に気がついていますか?現代の医学は、基本的に症状に対する対処療法が主流です。

  37. 若さを保つ秘訣は筋肉 正しい筋肉の鍛え方

    筋力維持が若さと健康を保つためのキーポイントだって気がついていますか?年齢を重ねても若々しくみえると人といわゆる"年齢相応"に見える人。この違いを作るキーポイントは"筋肉”です。

  38. 将来スポーツ選手になるためにはできるだけ低年齢から始めた方がいい?

    幼少期から本格的なトレーニングを開始する際に、とても重要なこと。

  39. お酒を飲むと血行が良くなり、身体が温かくなるというのはウソ?

    おさけを飲むと身体が温まるというのはホント?寒い冬の夜、「お酒でも飲んで温まろうか?」そんな声が聞こえてきそうな季節ですね。

  40. 神経線維の種類 ~遠心性繊維と求心性繊維の違い~

    人体の連絡網「神経」の種類について説明できますか?感じることも、運動も、人間として日常を豊かに生きるためには神経の働きが不可欠ですが、その神経の種類について説明できますか?神経線維の種類、および、遠心性繊維と求心性繊維の違いについて...

  41. 神経繊維を太くする = パフォーマンスの向上

    パフォーマンスが向上するには身体の中でどのような変化が起こっているか知っていますか?同じことを他の人よりも短時間で効率よく、確実に行える人は、「パフォーマンス」の高い人ですが、パフォーマンスの高い人の身体の中では一体何が起こっているので...

  42. 「すぐ結果が出る」からダメになる

    ノーベル賞受賞教授の言葉"「役に立つ」という言葉はとても社会をダメにしていると思っています"の真意は?2016年10月、医学・生理学賞を東京工業大学の大隅良典栄誉教授がノーベル賞を受賞しましたよね。

  43. 引き算の医学 ”足す”から”引く”へ発想を変えると健康になる

    世界中で日本食にしかない健康に活かせる視点を知っていますか?私は、海外へはよく行きますし、海外のクライアントさんもいますし、外国人のお友達もたくさんいますので、彼らと接する時間の中で日本の文化の独自性や高いクオリティを実感する機会がたく...

  44. 加圧トレーニングの効果と原理 マインドフルネスやメディテーションにも通じる理論

    加圧トレーニングが芸能人に人気の理由を知っていますか?加圧トレーニングは、短時間で絶大な効果が出ると芸能人やスポーツ選手に人気ですが、加圧トレーニングの原理と効果について理論的に説明できますか?その原理として、最近注目されている...

  45. 腸内環境改善で抗うつ効果抜群!やる気アップのドーパミンと精神安定のセロトニンの関係

    腸内環境を整えることは精神安定効果もあるって知っていますか?腸内環境は健康のバロメーターのひとつです。

  46. 成功者に多く分泌されているセロトニンとドーパミン 神経伝達物質の働きについて

    神経伝達物質の働きと情動に大きく関与する神経伝達物質について人体の活動は全て、脳と神経によってコントロールされていますが、神経を伝って情報が伝達されるためには、神経伝達物質が不可欠です。

  47. 風邪をよくひく人と風邪を全くひかない人の違い

    風邪をよく引く人と引かない人の違いを知っていますか?寒い季節になってきましたね。

  48. 予防接種をしているのに、インフルエンザに毎年かかるなら…薬、タミフル、予防接種なんて必要ない!

    インフルエンザ、予防接種が必要?寒い季節がやってきました。受験シーズンでもありますね。また、多くの人は、インフルエンザの心配をする季節です。

  49. 統合失調症と脳解剖 心と身体は一緒であるという事実

    病は気から、を現代医学で説明してみる病は気からと昔から言われていますが、心と身体は密接に繋がっているということは、現代医学でも説明ができます。なぜなら、心も体も人間のあらゆる機能の司令塔は"脳"だからです。

  50. バランスを調整する身体機能

    バランスについて説明できますか?私たちの身体が円滑にスムースな動きをするためには、意識している以上に複数の器官/機能が関与しています。今回はその中のひとつ、バランス機能(をもつ器官)について詳しく説明してみます。

  51. 低体温(平熱36℃以下)は病気。体温を上げるキーポイントは筋肉

    体温を上げるとほとんどの体調不良が改善する体温というのは、健康を示すバロメーターとしてとてもわかりやすい指標です。

  52. 五感とシックスセンス 感覚派と理論派の違い

    5感(感覚機能)を鍛えると人生が豊かになる外部からの情報はすべて感覚器官を通して、脳に入ってきますので、感覚機能を研ぎ澄ませておくことは人生を豊かに生きるためにとても重要です。

  53. こころとからだの断捨離したほうがいい 持たない身体は効率がいい!

    心と身体も断捨離した方がいい「断捨離」や「片付け」を行うことで、生活が充実する、ということが言われてから、最近はミニマリスト、シェア、などという言葉も市民権を経て、「余計なものをもたない暮らし」が良い暮らしという考え方に世の中がへシフト...

  54. 確実にダイエット効果をあげる超簡単な方法

    ダイエットは頑張ることだと誤解していませんか?"ダイエット”このキーワードが、メディアや雑誌を賑わせないことはなく、常に注目を集めているキーワードですよね。

  55. 栄養学で値段で食事を選ぶと人は不健康(不幸)になる〜食事を変えると人生が変わる〜

    人は食べたもので作られるWhat you eat is what you areあなたの身体は、あなたの細胞の集合体です。そして、あなたの細胞は、あなたが食べたものから作られています。

  56. 歳をとると筋肉痛になるのが遅くなるのは嘘?

    筋肉痛が翌日以降に来るのは老化の証拠?久しぶりに運動をした時、すぐに筋肉痛になる場合と3日後くらいに筋肉痛になる場合があります。

  57. 体内年齢(つまり若さ)を決めるのは人体の70%を占める水分の質と量

    肉体年齢(若さと老化)を分けるのは、筋肉と水分の質と量肉体年齢を決めるのは、姿勢とそれを維持するための筋肉の量と質であることはこれまでの記事でも何度も書いてきていますが、もうひとつ重要な視点があります。

  58. 良い姿勢のメリット5つ〜姿勢が良くなるだけで人生は確実に変わる

    現代病を予防し、毎日を生き生きと過ごす健康の土台は姿勢にあり姿勢がよいと人生、得することだらけです。

  59. 肩こりと腰痛、国民病2トップを持つ人の特徴と背骨の正しい動き

    日本国民ほぼ全員が持つ肩こりと腰痛の原因現代人は、前屈みで長時間パソコンに向かう姿勢だったり、長時間スマートフォンを使って下を向いている姿勢であったりが多く、これが肩こりや腰痛が現代病となる大きな要因となっているのは、良く知られています...

  60. 美しい姿勢を作る骨格と筋肉の関係と役割のまとめ

    現代人の悩みを解決するポイントは骨格にあり多くの現代人が悩まされている以下のような病気は骨格を整え、正しく筋肉を鍛えて、よい姿勢を作ることによってほぼ100%解決します。

  61. 筋トレ=脳トレ 筋肉の動きも脳の働きによって決まります。

    筋トレ=脳トレ?筋肉の働きも結局、脳の働きで決まる近年「脳トレ」ブームで、オンラインゲームなどや書籍でも様々なものが発売されています。ボディメイクやダイエットを目的とした「筋トレ」もまたブームですね。

  62. キレる!裁判沙汰になる子供に100%共通すること〜脳の可能性〜

    • キレる!裁判沙汰になる子供に100%共通すること〜脳の可能性〜 はコメントを受け付けていません。

    少年非行 裁判沙汰になる子供の家庭に100%共通すること「裁判沙汰になる子供に100%共通することがある」長年裁判所で、児童の裁判に関わっている方がとても興味深いをことをおっしゃっていました。

  63. 正しい夏対策〜熱中症と冷房による冷え対策〜 

    正しい熱中症対策、夏の冷え対策はできていますか?連日猛暑が続いていますが、体調は大丈夫でしょうか?リオデジャネイロオリンピックも始まり、夏の甲子園も始まり、夏祭りや花火大会などもあり、気分的にもアツい夏をお過ごしの方も多いと思い...

  64. 疲れていなかった頃の自分を覚えていますか?

    疲れるのは年齢のせいじゃないいつも疲れている いつも肩が凝っている いつも身体の痛みに悩まされているこれって実は、医学的な観点でみるとかなり異常な状態であることをあなたは気がついていますでしょうか?大人になったら...

  65. スポーツ医学 No.5  スクワット解剖学

    下半身の筋トレの代名詞「スクワット」の動きを解剖学的&運動学的な視点で解説してみようと思います。

カテゴリー

動画も配信中!