下腿(ふくらはぎ)の筋肉を一覧にまとめました。

第二の心臓とも呼ばれる下腿(ふくらはぎ)の筋肉は、二本足動物としてのパフォーマンスを高めるために重要な役割をしています。

膝下から足首までの間に筋腹を持つ下腿(ふくらはぎ)の筋肉の解剖学構造(起始停止や作用)をイラスト図などを使ってわかりやすく説明してます。

下腿(ふくらはぎ)の筋肉

【下腿(膝下)筋肉】種類一覧まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(起始停止・作用)】

【下腿(膝下)に筋腹を持つ筋肉】を一覧にまとめました。 【下腿(膝下)筋肉】は、二本足動物としてのパフォーマンスを高めるために重要な役割をしています。 【下腿筋肉】役割と分類 【下腿】つまり、膝下にある筋肉群は、二本足動物である人間の体重を支え、運動パフォーマンスを高めるために重要な役割をしています。 【下腿の筋肉】は、主に足部(足首や足のゆび)の多様な動き(運動)に対応し、歩行、ランニング、ダンス、様々な場面での立位バランスをとるために不可欠...
下腿(ふくらはぎ)の筋肉

【長腓骨筋と短腓骨筋(下腿外側面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【長腓骨筋と短腓骨筋】は下腿外側面にある二本足歩行動物である人間固有に進化した筋肉群で、内反優位になりがちな足部関節を安定させ、不安定な場所での立位バランス保持や捻挫予防に非常に重要な役割があります。 【長腓骨筋と短腓骨筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。 【長腓骨筋と短腓骨筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【長腓骨筋】と「短腓骨筋」と共に下腿外側面の筋肉に分類される筋肉群です。 筋肉名 英語 ...
下腿(ふくらはぎ)の筋肉

【長母趾屈筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【長母趾屈筋】は、ふくらはぎの深層に筋腹を持ち、足裏を経由して母趾まで伸びている筋肉で、歩行のしなやかさやダッシュのときの蹴り出す力に作用します。 【長母趾屈筋】が弱化すると、「歩行がうまくできない」「足のアーチが崩れて扁平足や外反母趾になる」など様々な足の問題の原因になります。 【長母趾屈筋】の解剖学的構造をイラスト図解でスッキリ理解し、効果的にセルフメンテナンス(ストレッチ・マッサージ・筋トレ)をしましょう。 【長母趾屈筋】とは?どこにあるど...
下腿(ふくらはぎ)の筋肉

【後脛骨筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【後脛骨筋】は、ふくらはぎ(下腿後面)最深層にある筋肉で、足のアーチや足首の安定に作用して立位での全身バランス調整に重要な役割があります。 【後脛骨筋】 解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。 【後脛骨筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【後脛骨筋】は、「膝窩筋」「長趾屈筋」「長母趾屈筋」と共に下腿後面深層の筋肉に分類されますが、その中でも最も深層かつ中央にあります。 名称:後脛骨筋 ふりがな:こうけいこ...
下腿(ふくらはぎ)の筋肉

【長趾屈筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【長趾屈筋】は下腿後面深層の筋肉に分類され、名前の通り足趾屈曲運動を起こす筋肉で、立位バランスや歩行などの運動に重要な役割があります。 【長趾屈筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。 【長趾屈筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【長趾屈筋】は、脛骨後面から足裏(足底)を経由して足趾まで走行する長い筋肉で、「膝窩筋」「後脛骨筋」「長趾屈筋」「長母趾屈筋」と共に下腿後面深層の筋肉に分類されます。 名称:長趾屈筋 ...
下腿(ふくらはぎ)の筋肉

【膝窩筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【膝窩筋】は膝関節を安定させつつ、ロックした膝を解除(屈曲開始)に作用する筋肉で、立位保持やスムースな歩行や動作開始に重要な役割があります。 【膝窩筋】 の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。 【膝窩筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【膝窩筋】は名前の通り膝関節後面膝窩深層にある小さな筋肉で、「後脛骨筋」「長趾屈筋」「長母趾屈筋」と共に下腿後面深層の筋肉群に分類されます。 名称:膝窩筋 ふりがな:しつかきん...
下腿(ふくらはぎ)の筋肉

【足底筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【足底筋】は、「腓腹筋」とほぼ同じ走行で「腓腹筋」深層を走行する細長い筋肉です。 【足底筋】 の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。 【足底筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【足底筋】は、膝裏からふくらはぎにかけて走行する細長い筋肉で、「腓腹筋」や「ヒラメ筋」と共に下腿後面表層の筋肉群に分類されます。 【足底筋】は細長い筋肉で、7-10 cmほどの紡錘状の筋腹と下に伸びる細い腱部分で構成されていますが、構造(筋腹の厚さや...
下腿(ふくらはぎ)の筋肉

【下腿三頭筋(腓腹筋とヒラメ筋)】ふくらはぎの筋肉【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【腓腹筋とヒラメ筋】は【下腿三頭筋】と呼ばれ、「ふくらはぎ」の形を決めるアウターマッスルであり、アキレス腱になって踵に付着し、立位・歩行動作はもちろん、循環や全身の健康にも関与しています。 【下腿三頭筋】の解剖学構造についてイラスト図解でわかりやすく説明しています。 第二の心臓と呼ばれる「ふくらはぎ」の筋肉である【下腿三頭筋】を効果的に鍛えると、全身循環が改善するため、美脚はもちろん、ダイエット・美肌・冷え性や肩こりの改善など様々な健康効果が期待できます。...
下腿(ふくらはぎ)の筋肉

【長母趾伸筋(下腿前面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【長母趾伸筋】は、「前脛骨筋」「長趾伸筋」の間にある細い筋肉で、母趾と足部関節の運動調整に作用することで、歩行時に足のつま先がひっかからないようにし、スムースな歩行や重心移動に貢献しています。 【長母趾伸筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。 【長母趾伸筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【長母趾伸筋】は、「前脛骨筋」「長趾伸筋」「第三腓骨筋」と共に脛骨前面の筋肉(足関節背屈筋)に分類されます。 名称:長母趾伸...
下腿(ふくらはぎ)の筋肉

【第三腓骨筋(下腿前面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【第三腓骨筋】は下腿前外側下方にある小さな筋肉で、内反位にひっぱられやすい足首のバランスを調整し捻挫予防や立位動作安定に貢献している筋肉です。 【第三腓骨筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。 【第三腓骨筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【第三腓骨筋】は下腿外側下部にある筋肉で、「前脛骨筋」「長趾伸筋」「長母趾伸筋」と共に、主に足関節背屈に作用する下腿前面の筋群に分類されます。 名称:第三腓骨筋 ふりが...
下腿(ふくらはぎ)の筋肉

【長趾伸筋(下腿前面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【長趾伸筋】は、下腿(スネ部分)前側にある筋肉のひとつで、足部と足趾に作用して、歩行時などに足のつま先が床にひっかからないように調整してくれています。 スムースな歩行や立位動作に重要な役割を果たす 【長趾伸筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。 【長趾伸筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【長趾伸筋】は下腿前面にある羽状の筋肉で、「前脛骨筋」「第三腓骨筋」「長母趾伸筋」と共に下腿前面に筋腹を持つ足首伸筋群に分類されます。 ...
下腿(ふくらはぎ)の筋肉

【前脛骨筋(下腿前面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【前脛骨筋】は、下腿前面(スネ部分)外側から母趾骨へ走行して、主に足首や足部の運動に作用します。 【前脛骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。 【前脛骨筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【前脛骨筋】は下腿前面(スネ部分)にある紡錘状の筋肉です。 「第三腓骨筋」「長趾伸筋」「長母趾伸筋」と共に、下腿前面筋(伸筋群)として分類されます。 名称:前脛骨筋 ふりがな:ぜんけいこつきん 英語名...
タイトルとURLをコピーしました