定期健診の本当の意味

この記事は2分で読めます

定期的に自分の身体に向き合い、いたわる時間をとっていますか

春は身体の揺らぎらすい季節であり、新生活が始まる時期でもありますが、この機会に自分の身体ともまっすぐ向き合い、いたわる時間をとりませんか?

定期的にプロの目で診られることの意味

私は、定期的に歯のクリニーニングを受けています。

きれいな歯は、第一印象に大きく影響しますし、一度失った歯は、二度と取り戻せませんし、人生の一番の楽しみである食は、やはり自分の歯でないと楽しめないからです。

また、統計を見ても、自分の歯がある人ほど高齢になっても元気だし痴呆などがない傾向があります。
それは、咀嚼をすると、口腔や舌で食物の感触や味をよく感じ取り、その触覚、味覚が脳を刺激するからと言われています。
また、単純に食べる楽しみがあるというのは、刺激を増やし、生活を豊かにしますよね。

そのため、歯も身体の一部としてとても大切に管理しているわけですが、やはり細かいパーツなので、自分では手が行き届かない所がありますので、3ヶ月に1度のペースでクリーニングと検診を受けています。

自分が治療を受ける立場になるというのは改めていろんな発見があるわけですが、何よりも、定期的に信頼できる人に自分の身体を客観的に確認してもらうことの大切さを改めて感じます。

自己管理の一部ですね。

予防の重要性が理解されにくい現実を変えたい

歯科の分野に関しては、身体の病気予防に比べて、予防的な視点が普及しつつありますが、それでも、特に命に関わるような問題でもないので、後回しにしてしまう人はやはり多いようです。

このサイトでは、自分の身体の仕組みを理解することで自分が自分の一番のお医者さんになれることを目的にしています。

とはいえ、やっぱり定期的には信頼できる医師やセラピストに見てもらう事ができたら、本当の意味で、完全な自己管理ができるのかな、とも思います。

客観的な視点や自分の手の届かない部分へのケアが得られること、そして自分のもう一つの目ができること。

この役割は、継続という意味ではとても大きいのかなと思います。

日本は、国民皆保険で医療費が非常に安い事もあり、あまり医療費がかからないように予防するという視点が育ちにくいのかもしれません。

が、実際に病気になってから、使う費用、労力、そして何より切ない喪失感を味わうことに比べたら、予防、そして自己管理にお金や時間を使う事はとても有効な投資になるのは間違いないし、無駄な医療費や悲しい思いをする人が一人でも少なくなることを願っています。

新たなる決意と感謝

もっとたくさんの人に興味を持ってもらえる様にもっとたくさんの人が自分で自分の身体の管理ができるように、このサイトを充実させていきたいと思いっています。

いつも応援ありがとうございます。
これからも宜しくお願い致します!

スポンサーリンク
忙しいあなたにオススメの歯科医。ホワイトニングも行っています。

質問受付

個別には返信できませんが、次回以降の内容や、FAQ作成時に反映させていただきます。
できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、率直なご質問ありがとうございます。大変励みになっています。

愛& 感謝!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク