チャイルド・ポーズ(バラ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

3Dヨガ
スポンサー

チャイルド・ポーズ(バラ・アーサナ)は、普段重力に抗して作用している脊柱起立筋群を緩めてストレッチすることで、腰部の柔軟性を高めることができる代表的なリラックスポーズ。

立位や座位のポーズからスムースに移行できるので、ヨガポーズの間のお休みのポーズ、呼吸を整えるためのポーズとしてもよく使います。

手の位置は自由なので、リラックスできる場所に置いてください。

ポーズの名称

  • チャイルド・ポーズ(Child Pose)
  • バラ・アーサナ (Balasana)

期待できる効果

  • 背面の緊張緩和
  • 腰痛改善

3D動画でポーズを解剖学的に理解

ポーズの作り方

  • 正座で座る
  • 息を吐きながら股関節から上体を前に倒し床に頭をつける
  • 手は、体側、前方など好きな位置に置く
  • 額を床に預けて頸部まで完全にリラックします

意識する筋肉

気持ちよく呼吸をしながらターゲットマッスルを意識して行いましょう。

  • 大臀筋
  • 脊柱起立筋群
  • 腰方形筋
  • 大腿四頭筋
  • 前脛骨筋

注意ポイントと軽減方法!

腰椎の可動性の低下、腰部の筋肉に短縮などがある場合は、前屈して胸を太ももに預けることが困難になります。

胸椎の屈曲で代償しないように枕などを使って高さを出して、腰椎から背骨全体が気持ちよくストレッチできるように調整しましょう。

タイトルとURLをコピーしました