Youtubeで3D動画を配信中!

立位体前屈ストレッチ・ 深い前屈のポーズ (Deep Forward Fold) ウッターナーサナ (Uttanasana)【3D解剖学】

立位体前屈ストレッチ・ 深い前屈のポーズ (Deep Forward Fold) ウッターナーサナ (Uttanasana)【3D解剖学】

柔軟性を測るためのポーズやストレッチとしてもよく使われる姿勢ですが、ターゲットマッスルを意識することでより効果を高められます。

腹部への刺激も入るため婦人科系の問題の緩和する効果もあり、逆転系ポーズを行う前の練習にも役立ちます。

背骨と太ももの後ろ側が特に強く伸びるため、腰を痛めないように正しい方法をマスターしましょう。

期待できる効果

  • 血行促進効果
  • 内臓機能強化
  • 柔軟性強化
  • 疲労回復
  • 上記に伴う様々な健康、美容効果
  • 3D動画でポーズを解剖学的に理解

  • ポーズの作り方
    • 背筋を伸ばして、膝をロックしないようにして立ちます。
    • 腰から折り曲げるように上体を前に傾けていきます。
    • 頭部を床に近づけ、坐骨を上に引き上げるイメージで前屈を深めます。
  • 意識する筋肉

    気持ちよく呼吸をしながらターゲットマッスルを意識して行いましょう。

  • 姿勢のキーになる筋肉
    • 脊柱起立筋
    • 棘筋
    • 腰方形筋
    • 大臀筋
    • 大腿四頭筋
    • ハムストリングス
    • 腓腹筋
  • 注意ポイント!

    骨盤から体を折るイメージで、背筋はまっすぐ伸ばしましょう。

    腰への負担が強いと感じる場合は、膝を曲げるか痛みの感じない位置まで戻してください。

    余裕がある場合も、膝は軽く曲げるくらいのイメージでロックしないように注意しましょう。

    3Dストレッチカテゴリの最新記事