Youtubeで3D動画を配信中!

正座・金剛座 (Diamond Pose) ヴァジラ・アーサナ( Vajrasana)【ヨガの3D解剖学】

正座・金剛座 (Diamond Pose) ヴァジラ・アーサナ( Vajrasana)【ヨガの3D解剖学】

「正座」として日本でも古くから親しまれている基本坐法のひとつ。

前もものストレッチ効果が高い反面、腰や膝に負担がかかりやすい坐法です。
解剖学的構造を理解して正しく取り入れることで、心身のリラックス・骨盤調整・姿勢改善効果などが期待できます。

期待できる効果

  • 心身のリラックス
  • 骨盤調整
  • 姿勢改善
  • 3D動画でポーズを解剖学的に理解

    ポーズの作り方

    • 両膝を曲げる。
    • 両脚の内くるぶしと親指の付け根を合わせる
    • 足の甲を床につけ、かかとの上にお尻を乗せる。
    • 背筋を伸ばし、胸を開きゆっくりと呼吸する。

    意識する筋肉

    姿勢のキーとなる筋肉

    • 多裂筋
    • 脊柱起立筋
    • 大腿四頭筋
    • 前脛骨筋

    注意ポイント!

    大腿四頭筋の短縮等で姿勢を取ることが困難な場合は補高してください。

    前脛骨筋の短縮等で姿勢を取ることが困難な場合は補高してください。

    股関節の屈曲角度が90°を越えると骨盤が後傾し腰椎前弯が減少して行きます。
    股関節の屈曲角度が115°を越えると腰椎の前弯が消失します。

    優先事項

    • 膝は股関節より下
    • 骨盤は若干前傾
    • 背骨はニュートラル

    75°位が骨盤と腰椎をニュートラルに保ちやすいため腰痛のある方などは補高するようにしてください。

    大胸筋を意識して胸を大きく開きしっかり呼吸をしましょう。

    3Dヨガカテゴリの最新記事