お酒でよくある勘違い〜お酒は身体を冷やす飲み物?寝酒も注意!

この記事は2分で読めます

「お酒を飲むと身体が温まる」「夜お酒を飲むと熟睡できる」

これはお酒にまつわるよくある勘違いTOP2で、実際お酒は身体を冷やすし熟睡も妨げます。


なぜ多くの人はこの勘違いをしているのか、そして実際身体の中ではどんな変化が起こっているかを理解して、お酒ともっと上手に付き合えるようになりましょう。

お酒を飲むと身体が温まる?

寒い冬の夜は「お酒でも飲んで温まろうか?」
そんな声がどこからともなく聞こえてきます。

酔っぱらうと服を脱ぎたくなってしまう人も多いようですし、確かにお酒を飲むと身体が温かくなったように感じるし、顔も赤くなる人も多いので身体が温まっていると考えている人が多いと思いますが実は身体は冷えているんです。

お酒を飲むとなぜ顔が赤くなるの?

お酒によって顔面の皮膚血管が拡張するためです。

お酒を飲むとなぜ身体が温かく感じるの?

  • 顔面同様、全身の皮膚血管が拡張するので皮膚へ血流が増加します

  • 皮膚が血液で温められます

  • 皮膚にある温受容器(温かいという感覚情報を感じ取る器官)が刺激されます

  • 温かいと感じます
  • これが、お酒を飲むと温かくなると感じることの原理です。

    お酒を飲む事によって温まるのは、身体の内部ではなくごくごく表面の部分だということがポイントです。

    お酒を飲むと実は身体の深部は冷えてしまう?

    では、実際表面の温度だけが上がった場合身体の中では、どのような変化が起きているのでしょうか?

    冷たい外界と接している器官が皮膚で、全身を循環し体温の調節をしている器官が血管を流れる血液です。

    お酒を飲むと全身の皮膚血管を拡張して皮膚の血流量が増加しますので、冷たい外界と接している皮膚の血流が増加している状態になり、熱の放散量が増加して身体の深部はどんどん冷えていくという現象が起こります。

    温かく感じている本人とは反対に、実は身体はどんどん冷えているという状態が起きています

    酔っていると暑くて服を脱いでしまいますが、酔いざめにガタガタと震えるほど寒くなる理由もこれで説明できますね。

    夜お酒を飲むと熟睡できる?

    お酒は寝つきをよくする効果あり

    「夜お酒を飲むと熟睡できる」と夜の飲酒を習慣にしてる人は世界中にたくさんいます。

    確かに寝酒、寝る前の飲酒はリラックスを促し、体感では温かくなるので、心地よく眠る為には有効な場合があります。

    飲酒によって、血管が拡張して手足の表面は温かくなり、手先・足先の熱の放散も増えているので、ふとんの中がすぐに温かくなりますし、ふとんがそれ以上の放熱を防いでくれるため、身体も急激に冷えずに温かく気持ちよく入眠できます。

    しかもお酒は発酵食品なので、必須アミノ酸などを豊富に含むのでよいお酒を選べば美容効果もあります。

    お酒は睡眠の質を低下させる作用もある

    ただし深酒は厳禁!

    お酒を飲んだときの温かさとリラックス効果で寝つきはよくなっても、アルコールにはレム睡眠を阻害する作用があるので、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返す本来の睡眠リズムが乱れて睡眠の質が低下してしまう場合があります。

    実際お酒を飲んだ日はいつも通りの時間(またはそれ以上)眠っても翌日だるさが残ったり、日中眠くなる場合は、アルコールによって睡眠の質が低下しているサインですので、お酒は控えて同じようにリラックス効果の高い温かいハーブティーなどを代わりに飲んだ方がいいでしょう。

    寝酒はあくまでリラックスして寝つきを良くするためのもの。
    睡眠中に体内にアルコールがしっかり残るような量では逆効果なので注意しましょう。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事